モテる、モテない

【女性視点のモテる男性】真の意味でモテる男性の身のこなしと、モテるための基本精神と作法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


恋愛においてデートは、お互いの距離を縮める重要なステップです。しかし、デートには単に場を提供するだけでなく、魅力を発揮し、相手の心を掴むテクニックが求められます。初対面から三回目以降まで、駆け引きや心理戦が繰り広げられる中で、心を開いて相手との絆を深めていくことが大切です。デートの締めくくりもまた、次の展開に影響を与える重要なポイントとなります。そこで、デートにおける駆け引きのエッセンスと、楽しさを両立させたアプローチが求められます。



目次

モテの基本姿勢5つ – 鉄板のモテ道への道案内


モテのテクニックに入る前に、まずはモテる人の心の在り方を考えてみましょう。ルールを知らずに麻雀のテーブルに座るようなものです。ただ言われるがままに行動するのは不安であり、それに面白みも感じません。モテも同じです。ですが、心の中でイメージを持っておけば、未知のモテ街道を冒険するのは少し楽になります。全てのことにおいて、心構えが大切です。

「心のあり方」と聞いて、「思いやりのある精神を持ちましょう」とか「土台を築きましょう」というようなことを想像される方もいるでしょう。しかし、ご安心ください。そういったことは他のモテ本に十分に書かれています。私が同じことを繰り返して言っても、あなたは「当たり前のことを言ってるだけでしょ?」と思うでしょう。そして、「優しいし、真面目に生きているのになぜモテないんだろう?」という人も多いはずです。

「元々いい人であれ」と言われても、それだけでは駄目です。この本では、人の心理を分析し、魅力的な「ワザ」を身につけることに重点を置いています。私が語る「モテる人の心の在り方」とは、相手を引きつけるための「テッパン・モテ道」のイメージです。この道を進むしかありません!自分がどのような姿でその道を歩むかをイメージすることは、成長の加速に繋がるでしょう。

このネーミングの通り、手堅さを追求するため、心理を攻略することにはワル知恵を働かせているような気がするかもしれません。しかし、そうではありません。あなたは本当にそういう男性になっていくのです。誤解が生じないように注意してください。

それでは、鉄板のモテ道へご案内しましょう。



時代を見抜くモテ道


モテ道は一つではありません。何本ものモテ道があり、それぞれの時代に適したものが存在します。時代の流れや人々の好みによって、モテる条件も変わってきます。心理学的にも、今日の実験結果が明日も同じ結果を生む保証はありません。人の心は変わりやすいものです。科学の中でも、心理学のように実証が難しい分野があります。

モテにも時代性があります。カオやカネ、デートコースなど、モテる条件は基本的に変わっていませんが、時代の流れを理解していないと、古くさいモテ道に取り残されてしまいます。私たちはハイクオリティーなモテを目指さなければなりません。

今、モテを目指しているあなたは幸運です。テッパンのモテ道が明確になっている時代です。ただし、時代が変わればモテ道も変わります。だからこそ、時代のトレンドや人々の心に注目することが重要です。

成功するための本は、共通して「人として何が大切か」を考えさせるテーマを持っています。そして、最近の傾向として、カタルシスと安心感を基調にした成功法と、効率を重視したものがあります。成功を目指す人々は、カタルシスと安心感から生まれる欲望に従いつつ、他の方法を求めています。これらの特徴を押さえることが重要です。



ワニとネズミと私: 魅力ある人間を演出する客観視の重要性


人間は欲望を抑えるのが難しいものです。でも、それは我々の脳が三つの異なる段階を持っているから。ポール・D・マクリーンの仮説によれば、我々の脳はワニの脳(反射脳)、ネズミの脳(情動脳)、そしてヒトの脳(理性脳)から成っています。これらの脳はそれぞれ異なる感覚、記憶、見方を持ち、上位の脳が下位の脳を制御するのではなく、共存しています。

人間は理性の脳によって本能をコントロールしようとし、それが「宗教」や他の文化として取り入れられたと言われています。しかし、現代の自己啓発本は自分自身に向き合いすぎており、客観的な立場を取ることを怠っているように感じます。だけど、ワニやネズミとの共存を認識すれば、自分を指揮する立場に立てるでしょう。

人間は限りがある枠組みの中で生きており、魅力のある人間も、そうでない人間も、本質的には大差ありません。重要なのは、その資質をどのように演出するかです。常に監督の視点を持ち、自己と向き合いすぎないようにすることが、魅力的な人間を作り上げる鍵です。そして、そのバランス感覚がテッパン・モテ道への第一歩です。

ですから、ワニとネズミと一緒に、自分を客観的に見つめてみましょう。そうすれば、テッパン・モテ道への理解も深まります。やり方次第では、この道から外れることもありますが、自己を指揮する能力があれば、再び正しい方向へ進むことができるでしょう。では、ワニとネズミに挨拶をして、次に進みましょう。



寒さからの脱却: モテる男の〝ゆとり〟の本質


モテる男になるためのアドバイスが出る前に、男性が持つ〝ゆとり〟についての認識の重要性を強調します。他のモテ記事とは異なり、「内面を磨け」というアドバイスを与えず、むしろ外見や態度の見せ方が重要であることを指摘します。例えば、待ち合わせで扉を間違えて開けようとする男性の行動を挙げ、外見や行動が重要であることを示唆します。

次に、女性が出会いの場で男性を評価するプロセスについて説明します。顔やスタイルが重要な要素であることを指摘し、女性がほとんどの場合、ビジュアルに影響されることを述べます。さらに、初対面の男性に対して女性は、外見だけでなく態度や行動も重視し、第二関門までの評価基準が存在することを明らかにします。

その後、男性の〝ゆとり〟が出会いの場で重要な役割を果たすことを述べます。しかし、〝ゆとり〟を誤解している男性が多く、その結果、一見良さそうな男性でも「一寸先ボツ男」として女性に見限られることがあると指摘します。そして、〝一寸先ボツ男〟の特徴や女性の評価基準について説明します。


ゆとりのある男性の魅力:レディ・ファーストの心構え


合コンの場を例に取り、男性の〝逆ガッツかない現象〟について見ていきましょう。

仕事に忙殺され、遅れて登場するA氏。彼は自分の忙しさを強調し、自己主張をする。しかし、これではむしろ不自然な印象を与えてしまいます。

その一方で、ゆとりのある男性は自然なサービス精神を持ち、自己主張を抑えることで場の雰囲気を明るくし、女性たちに好印象を与えます。

レディ・ファーストの心構えが大切で、これを心がけることで、相手に自分のゆとりを感じさせることができます。これは本能的なものであり、ゆとりある男性との出会いを期待する女性たちにとっては重要なポイントです。

具体的な行動として、挨拶やお礼の言葉、ドアの開け方、座席の選び方など、細かな心遣いが求められます。これらの行動が、相手に対する思いやりや配慮を示し、ゆとりのある男性像を演出します。

要するに、ゆとりのある男性は、自分のことよりも相手のことを優先し、心地よい空気を作り出すことができるのです。レディ・ファーストの精神を忘れずに、自然体で振る舞いましょう。



心を開く前に、与えることを考えよう:サービス精神の重要性


「格好づけ」が見えてしまうと、相手の気持ちを理解できないことが明らかです。この現象は、自己中心的であり、結果的にモテない原因となります。モテない理由は、自分にあると考えられます。

自分と向き合いすぎると、相手の気持ちが見えなくなることがあります。その理由を考える際に、まず「物」の視点から見てみることが重要です。人間関係も、何かを得る相手でなければ関わる必要はありません。つまり、人は与えられることを求めます。

モテるというのは、何かしら「必要とされる」人間であることを意味します。したがって、人から何かを得ようとする前に、自分が何を与えられるのかを考えることが大切です。

現代社会では、与えることが重視されています。情報化社会の進展により、人々の目は肥え、怪しい行動はすぐに見破られます。そのため、サービス精神がますます重要視されています。



ケチな心には愛なし:サービス精神の重要性


サービスを考える際、ケチな態度は避けたいものですね。ケチな人々には、不快感がつきまとうものです。私の経験から、ケチな客の記憶は消えません。その一例をお話ししましょう。

私が以前勤めていたクラブでは、裕福な男性客が現れることがありました。彼らは有名人や富裕層の友人で、特に気前が悪かったですね。彼らの行動は、店のスタッフや料理人に大きな負担をかけます。彼らは深夜にやってきては、時間を気にせず飲み、料理を要求し、会計は割引を求めます。その結果、スタッフは遅くまで働かされ、辛い思いをしました。

彼らの行動は、ケチ根性の極みでした。彼らは時間や労力を奪い、楽しむことだけを考えていました。このような態度は、他のスタッフにも大きな影響を与えました。彼らは長時間働かされ、心身ともに疲弊していきました。

このようなケチな態度は、欲望の限りを尽くす結果として現れます。豊かな社会であっても、心の豊かさが失われていくように感じます。昔の日本の人々は、物質的な貧しさの中でも、共に豊かさを築きました。それに対して、現代の人々はどんどん欲望を増やし、ケチな行動をとりがちです。

しかし、そのような態度に飽き飽きしている人々もいます。彼らは心の豊かさを求め、他者との共感を大切にしています。このような考え方は、私たちの生活を豊かにしてくれます。

私たちは、与えることの大切さを理解し、ケチな態度を避けるべきです。他者に喜びや幸せを与えることが、自身も幸せを感じる秘訣です。豊かな心を持ち、サービスの精神を大切にしましょう。


見た目から学ぶモテ術:コンビニ vs デパート


モテるって、生まれ持った才能だと思いますか? そう考える人もいますが、私はそうではないと思います。女ったらしは、女性を追いかけ回すのは才能ではなく、工夫の結果だと思うのです。

そんなことを考えていたある日、私は東急本店で買い物をしながら、気づきました。東急本店は地元に近く、便利なのですが、伊勢丹には敵わない品揃えです。でも、伊勢丹は遠くて混雑しているので、なかなか行けません。結局、東急本店で暇つぶしをしているだけで、伊勢丹には行かない、ということに気づきました。

そして、私が本当によく行く場所は、コンビニエンスストアです。一日に何回も行きます。そこで支払いをしたり、雑誌を読んだり、お菓子を試食したりします。コンビニは24時間営業で、便利なサービスが揃っています。

なぜコンビニが魅力的なのでしょうか? 安いわけではありませんが、24時間営業や充実したサービスがあります。それに、高級店やレストランと同じくらいのこだわりが感じられます。成功者と同じように、コンビニも努力とサービス精神によって成り立っています。

モテるためには、見た目も重要です。人は最初に外見で判断します。日本では美しい外見や清潔感が重視されます。見た目が整っていれば、相手に良い印象を与え、信頼されます。

成功者は、見た目やカリスマ性で魅力を感じさせます。自信や努力がカリスマ性を生み出します。見た目や印象は重要ですが、それだけでなく内面も大切です。

モテるためには、見た目や印象を大切にすることが重要です。これらを意識することで、相手に良い印象を与えることができます。



スーツの魔法:福田元首相と安倍元首相のスタイル戦略


友人の女性二人とのランチで、福田康夫元首相のスーツについて話題が及びました。

私が伝えたところによれば、福田さんは紳士服のAOKIでスーツを作っているという話でした。しかし、友人たちは驚き、「AOKIって、スーツを一着買うと、ズボンが二枚付いてくるって本当?」と疑問を抱きました。彼女たちは、一国の総理大臣がスーツをちゃんと体に合わせることを期待していました。

一般の女性たちにとって、AOKIのイメージは一着でズボンが二枚付いてくるという便利さに集約されています。そのため、街中や居酒屋でAOKIのスーツを着た男性を見かけることは珍しくありません。しかし、中には見た目が優れていると感じる男性もいます。彼らはスーツが体にフィットしており、肩や胸板が引き締まって見えます。このような男性は、見た目からも精悍さや自信を感じさせます。

スーツのサイズが合わない男性は、時に無責任なイメージを与えることがあります。首相を務めた福田康夫さんや安倍晋三さんもその一例で、彼らのスーツが大きすぎることは、一般の男性たちに対して厳しい状況を示唆しています。実際、スーツは個人の印象を大きく左右する重要な要素であり、ジャストフィットのスーツは自信や魅力を引き出します。

最後に、スーツを購入する際にはこだわりを持ち、自分に合ったサイズを選ぶことが重要です。紳士服のAOKIや他の専門店でしっかりと採寸し、自分に最適なスーツを見つけましょう。



髪は男の命! キレイな髪で魅力をアピールせよ


男性にとっても髪は重要です。美容院(床屋)に行けないと言い訳している人は要注意です。取引先や社内の会議で甘く見られるかもしれません。髪を放置すると、企画やプレゼンも印象を損ないます。

髪型はキムタク風に憧れる人もいますが、似せすぎると違和感が生じます。ヘアスタイルは自分に合ったものを選びましょう。

特に、広告代理店などの職業では、ファッションセンスが重視されます。オーバースタイリングは避けて、清潔感を意識しましょう。

飲食店で働く人は、清潔感が求められます。派手な髪型よりも清潔感が重要です。

髪の色は自然なものを選び、定期的に美容室でカットすることが大切です。艶やかな黒髪や手入れの行き届いた髪は好印象を与えます。

髪型はキャリアや年齢に合ったものを選びましょう。キー局の男性アナウンサーを参考にすると良いでしょう。

髪は自己表現の重要な要素です。月に一度は美容室や床屋に行って、髪を整えることを心がけましょう。



女性を振り向かせるための一寸先ボツ男の細部チェックリスト


自分には関係ないと思っている方も多いかもしれませんが、女性が一気に心を閉ざしてしまうポイントが実は身近に潜んでいます。そのため、自分にも当てはまるかどうかを確認しながら、以下の重要なポイントをチェックしてみましょう。

フマキラー男


吐息に気をつけましょう。口から出る息がフマキラーのようになると、周囲から嫌悪されることがあります。口臭対策は重要ですが、長時間の飲食やデンタルケアも大切です。

すね毛男


足元のすね毛にも注意が必要です。足を組んで座るときに、肌が見える状態になることがありますが、これは女性にとって不快な光景です。長めの靴下を履くか、足を組まないように心がけましょう。

くすんだ靴男


靴にも気を使いましょう。靴は外見の印象に大きな影響を与えます。高価な靴を選ぶことも重要ですが、定期的な手入れも欠かせません。靴のへたりは、あなたの印象を下げる要因になります。

ショルダーバッグ男


ショルダーバッグは大人の男性にはあまり似合わないアイテムです。肩への負担や見た目の影響も考慮して、可能な限り使わないようにしましょう。手持ちのバッグを選ぶことで、よりスマートな印象を与えることができます。

肘つき男


食事中に肘をつくのはマナー違反です。しっかりとした姿勢を保つことで、品のある印象を与えることができます。

欠伸男


欠伸は退屈や緊張の象徴とされ、他人に不快感を与えることがあります。特に公の場では控えめにしましょう。

字くらいまともに書け


自分の文字は自己表現の一つです。清潔な字は清潔な印象を与えます。日常的にペン習字を行い、自信を持って文字を書けるようにしましょう。

肌をキレイに


健康的な肌は健康的な生活を象徴します。肌のトラブルは女性に不快感を与えるだけでなく、健康状態のバロメーターともなります。定期的なスキンケアを行い、清潔な肌を保ちましょう。

以上の方法を実践することで、女性にモテる魅力的な男性に近づくことができます。



個性を際立たせる一生モノの傘選び術


日常の小物で個性を出すテクニックをお伝えしましょう。それは、傘に関する話です。急な雨に備えてビニール傘を持ち歩く男性は、その傘によってどうしてもくすんで見えます。男性たちが気づかないうちに、その点に異変を感じる女性も多いでしょう。

靴に対する注意が高まっている中、傘にはまだまだ注意が必要です。傘は、人の姿勢や品格をよく表します。だいたいの人は、「濡れなきゃいい」の考えで安物を買いがちですが、それではいけません。そんな安物の傘を持っている男性は、私(ほぼ全ての女性)が嫌うタイプです。

逆に、ちゃんとした傘を持っている男性は、ちゃんとした人だと思われるのです。女性は洋服に合わせて傘の色を変えることもありますが、男性は一本を長く愛用すべきです。そうすることで、愛着が湧きますし、大切にします。愛着があると、逸品となり、馴染んだ雰囲気を醸し出します。そのため、品のある男性はちゃんとした傘を持っていることが重要です。

そこで、女性が「この男性はちゃんとしているわ!」と思う傘ブランドをご紹介します。まずは、皇室御用達の前原光榮商店です。手入れの行き届いた洗練されたデザインの傘は、女性の目に留まることでしょう。次に、英国紳士のたしなみとされるフォックスアンブレラズがあります。そのシャープなデザインは、女性にとっても魅力的です。これらのブランドは、品のある男性が持っているものです。他のブランドよりも女性が気づきやすいのです。

このように、傘を選ぶ際は、日本製の前原と英国製のフォックスから選ぶのがおすすめです。また、身の回りの小物にもこだわりを持ちましょう。ボールペンや名刺入れ、手帳なども人物を表す重要なアイテムです。一生モノの傘を持つことを鉄則としましょう。



自信と魅力を引き出す姿勢の秘訣


日本では、姿勢の悪い男性が多いですね。その原因の一つは、スーツが体にフィットしていないことです。これが原因で、猫背や肩の落ちる感じ、力の入っていない腕などが生まれます。しかし、これは損なことです。スーツのせいで自信がなさそうな印象を与えてしまうと、ビジネスチャンスも逃してしまうかもしれません。

姿勢が悪いと、女性からも魅力が半減してしまいます。姿勢は生活習慣の表れなので、姿勢が悪い人はあまり注目されないと思われがちです。ですから、自信を持って、堂々とした姿勢を心がけることが大切です。姿勢を正すことで、結果は後からついてくるものです。

また、机やテーブルの上に肘をつくことも避けましょう。これは背中が丸くなり、脱力した姿勢になってしまいます。背筋を伸ばし、肩甲骨を寄せることを意識し、お腹に力を入れることで、姿勢をよくすることができます。慣れてしまえば、姿勢を正すことは辛くありません。むしろ、気持ちが引き締まり、肩こりも軽減されます。

一流のビジネスマンの多くは、姿勢が良いです。これは自信の表れであり、魅力的な印象を与えます。姿勢を正せば、アナタもそのようなイイ男になることができます。どちらが先かは問題ではありません。大事なのは、姿勢を正して自信と魅力を引き出すことです。



魅力を引き出す術:ビジュアルとムードの整え方


「見た目だけじゃない、本物の魅力を引き出すための第2章」を読んでいかがでしたでしょうか。もしかしたら、最初は「形から入るのは違うんじゃない?」と感じた方もいるかもしれませんね。

しかし、実際に神の視点で物事を正確に判断できる人はそう多くありません。大半の人は上辺だけで判断されたり、軽く見過ごされたりします。「本当は素晴らしい人なのに」と後から気付かれることもありますが、期待するだけでは十分ではありません。

例えば、八百屋さんで選んだりんごがどれも似ていて、実際に自分が選んだものかどうか疑問に思うことがあります。自分が特別な存在であることを示すために、自分だけが分かる印をつけることが重要です。そのような人々の目にも異なる存在として映るでしょう。

しかし、それがインチキだと思う人は、自分自身を反省する必要があります。美味しさは食べてみなければわからないし、もしかしたら自分の味が合っていないのかもしれません。だからこそ、世の中を甘く見すぎず、目を離さず、自分を過小評価しないようにしましょう。

「本物はいつかわかる」と言いますが、それまでの時間を無駄にする必要はありません。自分の魅力を見せることが大切です。アナタがどこにいるか、周りの人々にわかりやすく示すことは、もはやサービスの一環です。

アナタの外見は格段に向上しました。それによって、アナタの影響力も高まったのです。ビジュアルとムードは、人々の認識に大きな影響を与えます。

次は、ムードを醸す能力について学んでいきましょう。これは意図的であっても、騙すことではなく進歩です。次回も、楽しみにしていてくださいね。



挨拶の魔法:コミュニケーション力の源泉


朝の挨拶一つで、人との関係が大きく変わることを知っていますか?社会で生きる以上、人との接点は避けられません。だからこそ、挨拶は大切なんです。第1章では、人は常に何かを得ようとする生き物で、良好な関係を築くためには与えることが大切だとお話しました。挨拶もその基本であり、コミュニケーションの礎なのです。

自宅から外出するときも、会社で同僚や上司に会うときも、挨拶は欠かせません。しかし、ただ言葉を発するだけではなく、相手に対する思いやりや配慮が必要です。それが挨拶の本質なのです。例えば、低いテンションで挨拶されたら、自分がハイテンションで返すことで相手の心を引き上げ、良い気分にさせることができます。

挨拶は、まるで果物や花のようです。活きの良さがなければ、誰も手に取りません。朝の挨拶一つで、相手に良い印象を与え、関係性を良好なものに導くことができます。一方で、始まりが悪いと、それが基本となり、嫌われる人間として認識されてしまうこともあります。

挨拶のテンションは、コミュニケーション力を左右する要素です。失礼な挨拶は、マナー違反だけでなく、人との関係を築く上で大きな障害となります。だからこそ、挨拶を大切にし、心からの思いやりを込めて行うことが重要なのです。



コミュニケーションの駆け引き:受信者としての賢い対処法


アナタが受信者となる場面でも、コミュニケーションは重要です。感じの悪いテンションを受け取ることもあるでしょうが、それに巻き込まれてはストレスが溜まるばかりです。たとえば、タクシーの運転手が無愛想だと、気分が悪くなりますよね。しかし、相手を変えることは難しい。そこで、積極的な挨拶でパワーを発揮し、ポジティブな方向に引っ張ってみましょう。

しかし、それでも反応がない場合、相手に怒りをぶつけるのはよくありません。代わりに、客観的に事態を見つめ、「不幸なんだな」と思うことが大切です。そうすれば、怒りの感情が鎮まり、冷静に対処できます。感じ悪い相手に巻き込まれて、自分もそのレベルに引きずり込まれるのは避けたいものです。

もちろん、与えることができる人同士が出会った場合、コミュニケーションはスムーズに進みます。しかし、相手のレベルが低い場合、空回りしても無駄です。その時こそ、客観的に状況を把握し、「与える」ことを続けることの重要性を認識しましょう。

成功者は、サービス精神を持ち、与えることで周囲から慕われます。ビジネスでも同じです。お金やモテることも大切ですが、それを追い求めるのではなく、サービス精神を大切にし、コミュニケーションを深めていくことが、真の成功への道です。



キヨスクが教える社交術の秘密


「俺はシャイなんだ」という方も多いですよね。私もその一人です。日頃は一人で黙々と過ごすことが多く、人との接触を避けることもありました。人見知りの人が突然社交的になることは簡単ではありません。社交術の本にはたくさんのテクニックが書かれていますが、それを実践する勇気が出てこないものです。

新たな人に対して褒め言葉を送ることも難しいです。声がつまってしまったり、言葉が詰まってしまったりします。男性も同様です。好きな女性に声をかけようとしても、緊張してしまいます。このような緊張状態では、本で学んだ社交術を実践することは難しいでしょう。

しかし、問いかけのみ方式を用いたキヨスク・トークは効果的です。これは、相手に答えを求めるのではなく、あるテーマについて自己完結させる言葉です。相手の心に穏やかなテンションを作り出し、自然な会話を促します。

キヨスク・トークをマスターするためには、コツがあります。まずは、自然な空気を作り出すことが大切です。相手に答えを求めることなく、自分の言葉で空気をつくり、相手に柔軟に反応してもらうことがポイントです。

この方法を使えば、初対面の人ともすぐに打ち解けることができます。さらに、キヨスク・トークは裏表のない、自然な人柄を演出します。それは、どんな場所でも同じです。社交術を学びたいと思うなら、キヨスクのおばちゃんと話すことから始めてみてください。

社交術を身につけることは、人生の可能性を広げる一歩です。成功やモテに必要なのは、持って生まれた才能や運ではなく、自らの努力です。だからこそ、キヨスク・トークをマスターして、人とのつながりを大切にしましょう。



即レス、即行動で魅力をアピール


まずは、以下の会話例を見てみましょう。

【パターンA】 あなた:(女性Aに向かって)「来週、食事でもどう?」 A:「え、食事ですか。うーん、いいですよ」←ちゅうちょを示す あなた:(何だコイツ、もったいぶってるな)or (あんまり気ノリしてないな。じゃあ、やめといたほうが無難なのかなぁ。盛り下がるなぁ) A:(即答しては安っぽく見られそうなので、ちょっとタメてみた! それでもこなきゃオトコじゃないしぃ~)←あしらっておきながら、期待している

【パターンB】 あなた:(女性Bに向かって)「来週、食事でもどう?」 B:「え、食事ですか。嬉しい♪ ぜひお願いします」←即レスしている。 あなた:「(うわぁ、彼女ノリ気だ、嬉しい!)あ、そう じゃあ何食べに行こうか。ってゆーか、いつにする?」 B:「確か、来週何日か遅くまで仕事が入ってた気がするので、予定のほうは明日確認してみますね。ところで、最近お気に入りのお店とかあったりしますか」←はじめの即レスを感じ良く振り出しに戻しつつ、会話はそのまま展開させていっている。

このような会話例から、受け身な反応と積極的な反応の違いがわかります。一般的に、受け身な態度をとる人も多いですが、積極的な態度をとることで、相手にポジティブな印象を与えることができます。

受け身の反応を示す人は、自分の立場や女性としてのイメージを高めようとしているか、あるいは何らかの戦略を持っていることが考えられます。一方、積極的な態度を示す人は、相手との関係を良好に保ち、コミュニケーションを円滑に進めることを重視しています。

特に、コミュニケーションの初期段階では、積極的な態度を示すことが重要です。ただし、相手の反応を尊重し、適切なタイミングで行動することも大切です。即レス、即行動で相手の気持ちのテンションを上げ、良い関係を築いていきましょう。

そして、相手に対してギブの姿勢を示すことも重要です。一方的にアクションを起こすだけでなく、相手の気持ちや状況を考慮し、適切な対応を心がけましょう。

つまり、受け身な態度ではなく、積極的な姿勢でコミュニケーションを行うことが成功への近道です。自分の気持ちを素直に表現し、相手との関係を築いていくことで、より良い人間関係が築けるでしょう。



上司のいじりをチャンスに変えよう


コミュニケーションが苦手な相手に対処する方法を取り上げましたが、まだまだ完璧とは言えません。

もう一つ考えるべきなのは、上司などからやたらと攻撃的な言動を受ける場合です。相手がアナタの行く手を阻もうとしているように感じるとき、どうすればいいでしょうか?怒ってしまうと相手の思うツボです。そこで、積極的に対処することが必要です。

基本的に、嫌な相手も悪いお手本として扱う点では前述の鉄則⑯と同じです。しかし、ここでは相手が障害となって攻撃してくるため、その攻撃に楽しみを見出すようなMな精神を養うことをお勧めします。

具体例を見てみましょう。仕事後、上司の遠藤氏に誘われ、居酒屋でお酒を飲むことになったアナタ。

遠藤:「しかし、お前は本当に仕事ができないな。正直、バカだよな、お前」 アナタ:「えっ! なぜそう思うんですか?」←怒ると相手の思うツボです。むしろ同調してしまった方が良いです。
遠藤:「顔だよ、顔。顔を見れば一目瞭然さ」←相手の攻撃に対処しつつ、会話を続ける。 アナタ:「へぇっ! 田村さんってやっぱり凄い人ですね。(笑)そんなこと他の人に言われないですよ。私は実はすぐに忘れちゃうんですよ。(笑)トイレに行って戻ってきたら、もう田村さんのところに戻るのを忘れそうです(笑)。田村さん、私を見捨て
遠藤:「……。(あれ? なんか変な感じになってきたな。イジメたつもりだったのに、変な方向に流れてきた。もう帰りたい)or(こいつ本当にバカなんだな。でもこんなに懐いてくれるなら、少しは可愛いかも)」←相手の攻撃を受け入れず、会話を切り上げることもできます。

これによって、嫌な相手が急に良い相手に変わることもよくあります。露骨に攻撃する人は浅はかな場合が多く、陰陽の振り幅も浅いです。そんな相手に楽しみを見出し、攻撃に対処することは、人間トライアスロンとしての成長に繋がります。

そして、嫌な相手との付き合い方を通じて、自信をつけ、前向きな姿勢を持つことができます。嫌な相手に出くわしたら、その場を楽しむような気持ちで臨み、意外な展開が待っていることを期待しましょう。

さらに余談ですが、銀座のホステスの売れっ子達は、意外にもドM率が高いです。彼女たちは、嫌なお客との付き合い方を通じて、笑顔でお酒を楽しむ術を身につけています。このように、嫌な相手との付き合い方を学ぶことは、人間関係を円滑にする上で役立つことがあります。

まとめると、嫌な相手に出くわしたら、Mな精神で臨みましょう。



心からの感謝を伝える魔法:スターバックスの御礼が教えること


ビジネスやマナーの書籍には、「感謝の言葉は大切だ」「必ず御礼を言おう」という教えがよく載っていますね。当たり前のことだけど、つい忘れがちなんですよね。人に何かしてもらったら、まず「ありがとう」と言うのが礼儀ですよね。こんな感覚を持っている方も多いでしょう。私もその一人です。

社交やモテの本を読むと、当たり前のことが書かれていて、「知ってるし」「やってる人はやってるし」「言ってくれない人もいるけど、ムダな付き合い省けるし」と思ってしまいます。でも、やる人はやるし、やらない人はやらない。それが現実です。

でも、御礼の言葉は例外です。相手が「ありがとう」と言われたら、いい気分になるのは誰でもわかりますね。その簡単な一言は、面倒くさいものでもクソなものでもありません。実際、言わない人の大半は、言いそびれなんです。

ちょっぴりシャイな人や、考え事をしている最中に一瞬のタイミングを逃してしまう人もいます。でも、それが御礼の一言だからといって、「ま、いいっか」と軽く考えて放置すると、水面下で大きな差が生まれます。

「感謝の心が大事」「言うようにしましょう」といったニュアンスの本では甘いですね。ハッキリ言って、「ありがとう」の言葉なくして、世の中は渡れません。

たとえば、スターバックスやマクドナルド、居酒屋、レストラン、デパートなどで「ありがとうございました」という言葉が消えたらどうなるでしょうか?かなりの大ブーイングが起きるでしょう。逆に、代金を払わずに品物を持っていったらサツ(警察)行きですね。

人間同士の付き合いで言葉にしない場合もありますが、心の中では同じことが起こっています。だからこそ、言葉と表情は必ず連動していなければなりません。

御礼の言葉は確実に響かせなければ意味がありません。相手が、「うわぁっ!」と面食らうくらいの勢いが必要です。

私が思うに、マクドナルドはマニュアル的すぎ、ドトールやコンビニではマニュアルが徹底されていなさすぎる。それに比べて、スターバックスでは清々しく、マニュアル感の薄い御礼が返ってきます。

キヨスクでの社交のウォーミングアップの後に、スターバックスに寄ってコーヒーを注文してみましょう。スタッフに「ありがとうございました」と言われたら、こちらからも「ありがとう」と返しましょう。

練習は効果的です。ヨン様(ペ・ヨンジュン)にでもなったつもりのスマイルで言ってみましょう。スタッフが面食らうようになったら、成功です。こんな感じの空気が流れたら、気が合うかもしれませんね。

それくらいの引力で、「ありがとう」を練習しましょう。小さな喜びが増えると、常に人懐っこいオーラを発するようになります。毎日のテンションが変わる一言だと思いますので、ベストを尽くしてくださいませ。



男性魅力の微調整:イイ男路線を外さないための機微表現


男性の魅力を保つための微調整が必要ですね。皆さん、今のままで大丈夫かな?とちょっと心配になります。自分が他の人たちと同じようなスタイルをしていると、少し不安に感じることもあるかもしれませんね。

でも、それは当然のことです。周りには平凡な男性ばかりなので、皆さんみたいな個性的な人は、逆に魅力的なんです。見た目に気を使っていれば、きっと素晴らしい雰囲気を持っていると思います。自信を持ってください。

ただ、少しスパイスが必要ですね。相手に「この人、何か違うな~」と思わせる要素が欲しいです。なぜなら、皆さんがそう感じることが増えてきたからです。すると、相手は「もっと知りたいな」と思うでしょう。でも、硬くならないように注意してくださいね。

「曖昧」という言葉が出てきますが、今回はポジティブな意味で使います。相手の考え方に合わせて、自分がイイ男だと思われるような空気を作り出す手法です。

相手が自分の言葉や行動に自分なりの解釈をしてくれると、微調整が楽になりますね。失敗のリスクも低くなります。でも、たくさん喋る必要はありません。ほんのわずかな言葉で十分です。相手の想像力を働かせることが大切です。

「機微のわかる男」を目指しましょう。これは、いい人とイイ男を分ける重要な要素です。

では、使える「機微セリフ」をご紹介しましょう。

ケース1では、自然体でリラックスした印象を与えるセリフがあります。柔軟で力みのない態度を示します。

ケース2では、相手に緊張感を与え、本題に入る時にギャップを作り出します。相手はあなたが上品で器の大きな男性だと感じるでしょう。

これらの言葉は些細なものですが、物事の微妙なニュアンスを理解していないと出てこないフレーズです。これらの瞬間で、相手はあなたが素晴らしい男性だと確信するでしょう。しかし、これらの言葉を連発しすぎると、逆効果になりますので注意が必要です。微調整が鍵です。



魅力あるホメ術:相手の心に一人歩きさせる、効果的なホメの秘訣


人は誰しもホメられるのが好きです。特に女性は、「キレイだね」「可愛いね」といった言葉を何度聞いても嬉しく感じるもの。そして、アナタがこれまでの歩みで培ってきた魅力がホメられると、相手にとっても特別な瞬間になります。

しかし、世の中にはホメられてもあまり喜びを感じない人もいます。そんな人たちには、自らホメることに対する警戒心が芽生えています。さらに、最近では「ホメて伸ばす」という特集やホメ術の本が増えており、単なるホメだけではなく具体的なホメが求められるようになっています。

そこで、相手をホメる際には、ただのお世辞ではなく、熱意を込めて伝えることが大切です。具体的な場面で、女性をホメる方法を紹介します。

たとえば、懇親会や飲み会で、意中の女性A子を褒め称えようとする場面。アナタが「A子ちゃんってすごくモテるでしょう?」と聞くと、周りの同僚がそれを補強します。しかし、アナタはホメを控えめにして、A子の個性的な魅力を引き出します。その結果、A子は「なんとなく、いいんだよね」と感じ、アナタのホメに惹かれるのです。

女性は、よく「なんとなく、いいんだよね」という表現を使います。これは、相手に対する深い愛情を表す言葉。そのため、アナタがホメることで相手の心に深い感動を与え、信頼を築くことができます。

ホメる際には、相手の警戒心を解きほぐす工夫が必要です。そして、少しの言葉で相手の心を掴むことができれば、ホメの効果は絶大です。

また、名刺交換や日常のコミュニケーションでホメる方法もあります。例えば、「前々からお会いしたいと思ってたんです。素晴らしい方だと、いろんな方からお噂を伺っていたもので!」という言葉は、相手に大きな印象を与えます。

繊細なホメの技術を身につけることで、人間関係が円滑になり、相手の心に深い感動を与えることができます。



魅力ある会話術:感じのいい男になるための秘訣


そうですね、まずは皆さん、「感じのいい男」になるために、心が入っているかどうかを考えてみましょう。例えば、「キヨスクのオバチャン」に対して無言を貫くよりも、初々しさやピュアな感じを大切にした方が、本物の魅力が生まれます。社交の秘訣は練習だけではなく、常に新鮮な気持ちで、誰にでも同じように接することが大切です。そうすることで、人間関係が豊かになり、新たな情報やチャンスが舞い込んできます。

感じのいい人には多くの人が惹かれます。自然なコミュニケーションがもたらす相乗効果で、仲間との協力や新たな可能性が広がります。しかし、感じが悪いと壁ができてしまい、チャンスを逃してしまうこともあります。ですから、外交術を磨き、危機管理能力も高めることが重要です。

さて、今回のテーマは、「刺さる会話ができる男の秘密」です。社交上手な人は、相手に興味を持ち、賢く会話を展開します。記憶力がある人もいますが、努力次第で誰でも同じようにスキルを身につけられます。相手の興味や好みを知ることは、コミュニケーションの鍵です。ホステス時代の経験から、私もその重要性を痛感しました。

例えば、相手の好みや趣味を覚えておけば、会話のネタに困りません。それだけで相手との距離が縮まり、気持ちが盛り上がります。女性に対しても、露骨に訊ねることで気持ちが伝わりやすくなります。親しくなれば、恋愛ネタも交えながら、さらに親密な関係を築くことができるでしょう。

要するに、相手に興味を持ち、積極的にコミュニケーションをとることが大切です。それが「感じのいい男」になる秘訣です。



聞き上手な決断力:魅力的な男性の秘訣


相手のことを理解する姿勢が、魅力的な男性にとって大切です。自分の意見を押し付けるのではなく、相手の話に耳を傾けることで、誤解や衝突を避けることができます。人は自分のことに関心がありますから、相手を話題の中心に置くことで喜ばれます。自分の意見を述べる前に、相手の意見をじっくり聞いてください。そうすることで、情報を深く理解し、より良い結論を導き出すことができます。ただし、意見を述べる際には堂々と構え、急いで結論を出すことは避けましょう。議論する場合は、適切なタイミングを見極めてから行いましょう。

情報収集に関しても同様です。相手のことを知りたいという気持ちを持ち、じっくりと情報を集めることが大切です。自分の目で情報を確かめ、リスクヘッジを行うことが重要です。恋愛においてもビジネスにおいても、情報収集は成功の鍵です。



魅力的なデートアプローチ:女性を魅了する秘訣


デートの誘い方についてですが、今こそ女性を積極的にディナーや外出に誘ってみましょう。女性は誘われることで喜びますし、あなたがそのような男性であることを認識してもらえるでしょう。ただし、これまでの経験があなたの魅力を高めてきたからこそ、今の段階でこのアプローチが成功するのです。

時には、自分がエセ・テッパン男になってしまう可能性もあります。周囲の評判やウケを気にし、つい自分を偽ってしまうこともありますが、それは本物の魅力ではありません。真の魅力は謙虚さに宿ります。だからこそ、誘った際には相手に感謝の気持ちを表明することが重要です。

また、女性の魅力についてもお話ししましたが、男性も同じです。遊び心や魅力がない男性は、魅力が感じられません。色気を持つことは重要であり、それは相手に対する思いやりや魅力が表れるものです。

色気を身につけるためには、相手に対する思いやりや欲望を表現することが重要です。そして、その思いやりや欲望は、自分自身のオーラに影響を与えます。色気を失わないように、女性との関わりを持ち続けることが大切です。

このようなアプローチは、追い風となります。魅力的な女性に向かって積極的に行動することで、成功への一歩を踏み出しましょう。理屈を理解したなら、実践あるのみです!



デートの駆け引き:相手の心を揺さぶる魔法


デートが三回目を過ぎると、女性は将来について具体的に考え始めます。特に、エッチまでの展望について熟考することがあります。そんな時、紳士的な態度で「三回目まではエッチ禁止」という掟を破ってしまう男性は、女性の心を大きく揺さぶります。

女性は、掟が守られると自分を縛ることに疑問を抱き始めます。掟を破ることで自由を感じ、心が解放されるのです。ただし、あまりにも早くカラダを求めると、魅力が失われる可能性があるので注意が必要です。

デート後、十時半に帰ることを提案することで、相手の自尊心を逆手に取ります。女性は驚きますが、同時に気になる存在として認識されるでしょう。このような心理戦は、自分の感情に素直になる女性にとって良い影響を与えます。

男性が女性を引きつけるためには、自らの魅力を最大限に発揮する必要があります。魅力的な男性が選ばれるためには、女性が自発的に行動するきっかけを与えることが重要です。そして、この駆け引きは、真の恋愛の始まりを予感させるものなのです。

デートの終わり方やタイミングには気を配りましょう。十時半に帰ることで、相手に自由な気持ちを与える一方で、過度なアプローチを避けることができます。デートの駆け引きをマスターすることで、魅力的な男性としての地位を築くことができるでしょう。



まとめ


このブログ記事では、デートにおける駆け引きの重要性について詳しく考察してきました。デートでは、相手の心理を読み取りながら適切な行動を取ることがポイントです。まずは、初デートから女性を積極的に誘い、自分の魅力をアピールすることが大切です。また、三回目以降のデートでは、相手の自尊心を逆手にとり、魅力的な男性としての立ち振る舞いが求められます。

さらに、デートの終わり方も重要です。十分に盛り上がったところで帰ることで、相手に自由な気持ちを与え、余裕を持って次回のデートに期待させることができます。ただし、適切なタイミングで帰ることがポイントであり、あまり早すぎると相手に不安を与えてしまう可能性もあります。

デートにおける駆け引きは、お互いの関係を深めるための重要なステップです。相手の心理や感情に敏感になりながら、自分の魅力を最大限に引き出すことが大切です。そして、紳士的な態度や思いやりのある行動が、相手に好印象を与えるポイントです。

最後に、デートの目的は楽しむことです。駆け引きをすることで関係が深まる一方で、お互いに楽しい時間を過ごすことが最も大切です。デートを通じてお互いのことをより深く理解し、素晴らしい関係を築いていくことが目指すべきゴールです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*