マッチングアプリ、婚活アプリ

【東京で婚活】マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」の口コミと評判!恋活アプリを東京で利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


マッチングアプリでの出会いは今や一般的になっている。

マッチングアプリの中でも「Pairs(ペアーズ)」は、圧倒的な知名度と会員数を誇り、マッチングアプリの代名詞と言っても過言ではない存在だ。

数あるマッチングアプリの中で、「Pairs(ペアーズ)」を東京都で利用した人々のリアルな口コミを惜しみなく公開しよう。

巨大な人口規模を誇る東京で、「Pairs(ペアーズ)」を上手く活用し、素敵な出会いに繋げてほしい。

目次

「Pairs(ペアーズ)」の利用者年齢層と会員層の特徴


20代 30代 40代 50代 60代
年齢層
出会いの真剣度
カジュアルな出会い ★ ★ ☆ ☆ ☆ 真剣な出会い


「Pairs(ペアーズ)」の会員層は、20代から50代までは幅広いですが、20歳から35歳の会員がメインです。

そのため30代後半以降の方は、「マリッシュ-marrish-」マッチ・ドットコム “>などのアプリがおススメです。

「Pairs(ペアーズ)」の知名度はマッチングアプリの代名詞と言えるほど高く、累計会員数1,500万人(2021年6月時点)と圧倒的な会員数を誇ります。

「Pairs(ペアーズ)」からの出会いで結婚したカップルも多く聞きますが、どちらかというとカジュアルな出会いに適しています。

その圧倒的な知名度と信頼感から、マッチングアプリは「Pairs(ペアーズ)」から始めた人がとても多いです。

気軽に異性と知り合って、彼女や彼氏をつくりたいといったカジュアルな出会いに最適といえるでしょう。

一方で結婚前提の真剣な婚活を目指す方は、以下のアプリの利用を検討すべきです。
・「Omiai」:20代~40代の結婚前提の真剣な出会いに最適
・「ブライダルネット」:大手結婚相談所グループのIBJが運営する真剣婚活のためのアプリ
・「ゼクシィ縁結び」:「ゼクシィ」ブランドの信頼感が抜群で、20代~40代の方にオススメ


目的や出会いたい異性の年齢層に応じてアプリを使い分けることで、充実した出会いや婚活が出来ることでしょう。



「Pairs(ペアーズ)」のオススメのポイント



■国内最大級の規模と実績がある恋愛・婚活マッチングサービス
・累計登録者数1,500万人以上(2021年6月時点)
・Pairsで交際・結婚した人 累計50万人以上(2021年3月時点)
・毎日約5,000人が登録
・結婚された夫婦・交際に至ったカップルの実績多数

■真剣にお付き合いする恋人・結婚相手を探している会員が多数
・20~30代の真面目にパートナーを探している男女が多数登録
・真剣にお付き合いする恋人を探しているや結婚相手を探している人も多い

■理想のお相手を探しやすい環境と機能がある
・真剣な会員が多いからプロフィール情報が豊富
・豊富なプロフィール情報をに加え、検索機能が充実しているので理想のお相手を探しやすい
・10万以上のコミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる

■安心・安全に利用するための仕組みが揃っている
・実名は表示されません
・お互いがFacebookに登録している場合は、Facebookの友達には出会いません。
※登録後にFacebook上で友達になった方は、Pairs内の「更新」機能で非表示にすることができます。
・Facebookに投稿されないから安心して利用可能



「Pairs(ペアーズ)」の利用料金


女性の利用料金は基本的に無料です。

男性はお相手を検索してマッチングするまでは無料で使えますが、お相手とメッセージのやり取りをできるのは有料会員限定です。

1カ月3カ月6カ月12カ月
有料会員(男性会員限定) 3,700円/月~ 3,300円/月~ 2,300円/月~ 1,650円/月~
プレミアムオプション(男性会員限定) 2,980円/月~ 3,600円/月~ 2,400円/月~ 1,733円/月~
レディースオプション(女性会員限定) 1,950円/月~ 1,600円/月~ 1,300円/月~ 983円/月~
プライベートモード 2,560円/月~ 2,300円/月~ 1,833円/月~ 1,617円/月~
※決済方法やプランにより価格が異なる場合がございます
※表示価格は全て消費税込みの料金となります。




2022年に東京都でPairs(ペアーズ)を利用★★恋活アプリで彼氏・彼女をつくる!


出会いの宝庫のマッチングアプリでもヤリモクを避けていい出会いをできるかは自分次第

      
性別女性
利用地域東京都大田区
年齢29歳
利用時期2018~2022年頃(25~32歳の時)
利用者年齢層20代、30代、40代

女性


単純に、彼氏が欲しかったのでPairs(ペアーズ)利用しました。

ずっと4年間使っていたわけではなく、恋人ができたら退会して、別れたらまた利用して…のようなかんじで何度か使っています。

同僚がこのマッチングアプリで婚約者を見つけて今は子どもと三人で暮らしているので、自分もそうなれたらいいなという思いで最初は始めたのです。

いろんなマッチングアプリがあるので、選ぶのは大変でした。

他のアプリではヤリ目の人が多い印象。

ペアーズは比較的真面目な人が多い印象です。

コロナ禍になってからより一層出会いの場がなくなり、また利用するようになります。

正直自分の年齢的にも昔とはちがうので、ちょっと気が合うな~で前はすぐに会ったりしていたのが、なかなかしぶるようになりました。

どんどん自分の容姿に自信がなくなってきたからだと思います。当時選り好みしないでスパッと決めていればよかったのになと今となってはおもいます。

なので、勢いも大事でしょう。

数年間マッチングアプリを利用していて、今はあってる人はいないのですが昔は10人マッチしたら2人と会って~というような感じです。


プロフィールのコツとしては、自撮りに加えて他撮りの写真も載せるようにしていました。

そうすることによって、あまりにも盛れてる写真だと実際に会ったときに違和感を持たれてしまうと思ったので。あと体型についても正直に書いてました。あってから幻滅されたくないので。。。(笑)

最初は優しくて電話とかしてもすごく好印象だったのに、実際会ったらヤリ目で、断ったらブロックされることなど多々ありました。それで男性不信になりかけたこともあります。

「ヤリ目の人って最低だよね」と向こうが言っていたのにも関わらず、会って数時間後に「やっぱシたくなってきちゃった・・・」と言われた時はドン引きしました。

この人とは長く付き合えそう・・・って思った人は、「彼女はいらないんだよね~」と言われたり。

結局自分の見る目がなかっただけなのですが、友人や同僚は同じマッチングアプリで結婚までしているので・・・・(笑)





2021年に東京都でPairs(ペアーズ)を利用★★恋活アプリで彼氏・彼女をつくる!


出会うことへの手軽さと、手軽な故の軽率さの狭間で、マッチングアプリを有効活用

      
性別女性
利用地域東京都八王子市
年齢22歳
利用時期2021~2022年頃(21~22歳の時)
利用者年齢層20代

女性


もともと職場の後輩がマッチングアプリを使用していて、おすすめさせれたのがきっかけでした。

職場はアパレル関係だった事もあり、周りは女の子だけ。

職場と家の往復をするだけの毎日で出会いという出会いも特にないことから、「それならマッチングアプリを頼ってもいいのかな。」と思ったのです。

ですが「アプリで知り合うのはどうなのかな。」と思っていたのも事実でした。

顔はわかってもどんな人なのかわからない。

そんなものに入会して、「何か危険な目にあったらどうしよう。」と思わなかったわけではありません。

でもそこは後輩の子が背中を押してくれました。

永年やっていたからか、こういう人には気をつけたほうがいい。こういう人はいいと思う等、細かく教えてくれて、まるで先生のようでした。

そのおかげで安心してアプリを落とすことが出来ましたし、積極的にやりとりをすることが出来たのです。

その点に関しては私にマッチングアプリをおすすめしてくれた後輩の子に感謝です。

私はPairs(ペアーズ)」以外にもいくつかマッチングアプリを利用してきました。

まず思ったのは、出会いの気軽さです。

私個人としては出会いという出会いが全くなかったので、この点に関してはとても良かったです。

いいと思った人に簡単にアピールできて、マッチングすればやりとり開始。

こんなにも簡単に日々の中に出会いは落ちていないので、「マッチングアプリはそこがいいな」と思います。

ですがその手軽さがアプリの難点でもあると思います。

簡単だからこそ、やりとりをあまり重ねず会おうとする男性が多い印象でした。

ですが女性は無料、男性は入会費がかかる事を考えれば、すぐに会いたいとなるのは当然かなとも思います。

それでもマッチングアプリで相手のことをあまり知らないからこそ、女性はやりとりを重ねたいし、もっと相手のことを知りたいと思うはずです。

なのでそこの価値観が合う人に出会えればマッチングアプリも楽しかったのでしょう。


たくさんの方が入会しているマッチングアプリだからこそ出会いはたくさんあって、たくさんの人と知り合えのがマッチングアプリの1番の良さです。

だからこそ大好きになれる人と出会える確率は低いというのが一番な難しいところでしょう。





マッチング後にメッセージを重ねて、いかにデートまで漕ぎつけるかが「Pairs(ペアーズ)」攻略のカギ

      
性別女性
利用地域東京都杉並区
年齢32歳
利用時期2021~2022年頃(31~32歳の時)
利用者年齢層20代、30代

女性


合コンを主催してくれていた友人たちが結婚してしまい、コロナの影響で婚活パーティーに行きづらいなど、出会いの機会が減ってしまっていた。

またマッチングアプリでの出会いが一般的になり始めており、身の回りでも婚活アプリを使って恋人ができた人や結婚までしたカップルが増えていたのだ。

マッチングアプリへの抵抗感や危険性が薄れてもいた。

友人を誘い婚活パーティーや相席居酒屋に行きづらいご時世なので、マッチングアプリを使って一人で婚活を進めるしかないと思ったのだ。

知人の中で一番マッチング率が高く、サービスの知名度も高かったので、Pairs(ペアーズ)を利用することに決めた。

年齢層が若すぎるアプリや、カジュアルすぎる恋活目的のアプリよりも、幅広い年代のユーザーがいて婚活に前向きな30~40代が多いアプリが良かったのだ。

東カレデートなどハイクラス層とのマッチングアプリも気になったが、意識高い系が多そうで怖かったので無難なPairs(ペアーズ)を選んだ。

Pairs(ペアーズ)はユーザーが多く、ネットでの口コミや感想記事も多かったので、比較検討がしやすいだろう。

Pairs(ペアーズ)良かったところは、ユーザー数が多くてマッチングしやすかった点だ。

特に東京、首都圏はユーザーが多く、毎日のように新規会員が増える。

20~30代はもちろん、40代までターゲットを広げられる女性であれば、マッチングの可能性はとても高いだろう。

趣味のコミュニティやプロフィール機能が充実しており、マッチング後のメッセージのやり取りの際に、会話を盛り上げることができた。

また30代以上はプロフィールをしっかり書き込んでいる男性が多く、マッチングの前にどんな人物か分かるので良かった。


一方でユーザー数が多い反面、婚活に消極的な人や、やりとりが途切れるユーザーが多い印象だ。

昨日にいいねをくれた男性が、翌日に退会していたことすらあった。

ユーザーの入れ替わりが激しいので、アプリ上でマッチングした後に、いかにメッセージを繋げて実際のデートまでたどり着くかが鍵となる。

プロフィールをよく書くことは大切だが、盛りすぎず自然な自分を出さないと、マッチング後のやり取りで困る。





転職で上京、コロナ禍の寂しさから、Pairs(ペアーズ)で出会いを模索

      
性別女性
利用地域東京都昭島市
年齢28歳
利用時期2021年頃(28歳の時)
利用者年齢層

女性


2021年に入ってから、転職をしました。

転職先の会社が東京にしか本社や他のオフィスを持たないため、地元の関西から東京へと上京して来くることになったのです。

しかし、コロナ禍で気軽にお酒を飲んだり、出会いの場に出向く、友達に友達を紹介してもらう、といったことが難しいため、新しい友達作りや新しいコミュニティへの参加が難しく、友人が増えないことに不安を覚えました。

また新しい職場環境や移住環境に適応しきれないなかで、寂しさを感じることが多くなっています。

そうしたことがきっかけで、東京で身近に頼りになる彼氏を作りたいと思い、マッチングアプリを使いはじめることにしたのです。

マッチングアプリをはじめようとする中で、今やマッチングアプリもたくさんの種類があるため、どのアプリにするか悩んだのですが、ラフなものより恋活・婚活アプリが良いと考えていました。


いろいろなアプリをネットの口コミを元に比較と検討をしてるときに、地元の男性の友人がpairsで彼女ができたと話していたのを思い出して、pairsを使用することにしたのです。

pairsの良かったところはなんといっても業界最大手というだけあり、登録者数が多いことです。

pairsを使っていた時期、他のアプリも2つ並行して使用し、計3つのアプリで恋人探しをしていたのですが、どのアプリよりもマッチングからメッセージのやり取り、そして会うまでがスムーズにできたように感じました。

また、実際に会った時に写真や人物像にイメージの乖離が少なかった気がします。

それに加えて、他のアプリと比較した時に、どんなものが好きなのかといった趣味嗜好も、参加グループから確認できたので、どんなグループに参加しているのかを確認することによって、大体今メッセージしている人がどのような性格なのか、趣味なのかを想像し、理解しやすかったです。

とにかく登録者数が多いし、年齢層も幅広いため、私のように年齢を絞ってというより、自分と相性の良さそうな人を探したい人には、大勢の方々を吟味できるというのがおすすめです。





ビデオデートで、実際に会う前にお互いの相性を確認することができる

      
性別男性
利用地域東京都西東京市
年齢20歳
利用時期2021~2022年頃(19~20歳の時)
利用者年齢層(肌感覚)20代、30代

男性


私がマッチングアプリを利用したのは、コロナ禍で大学がオンライン授業となり出会いの場がなった頃です。

人との関わりが薄くなったことで、彼女を真剣に作りたいと思いマッチングアプリに登録します。

部活動の先輩がこのマッチングアプリを利用して彼女を作っていたという経験談を聞いて、自分も彼女が欲しいと思うようになり「Pairs(ペアーズ)」を利用したのです。

「Pairs(ペアーズ)」以外のマッチングアプリでは、彼女を作る目的ではなく、遊ぶのが目的の人や、友達づくりをする人が多い印象でした。

それに比べて「Pairs(ペアーズ)」では実際に彼氏彼女を作ることに対して真剣な人が多いという印象を持ちました。

また「Pairs(ペアーズ)」には、ビデオデートの機能があります。

他のアプリにおいては、課金をするとマッチングしやすくなったり、相手へのアピール数が増やせると言うのが一般的でしょう。

「Pairs(ペアーズ)」においては課金をするとメッセージのやり取りができるだけでなく、ビデオデートと言う機能が使えるのです。

ビデオデートによって、会う前に自分と相性が良いのかを確認する機会を設けることができます。

また「Pairs(ペアーズ)」では、他のアプリと比較して真剣に出会いを探している人が多いです。

女性は大学生から30代後半まで幅広い年齢層の人が登録している印象で、実際に私がマッチングした人は大学生の人などが多かったです。

実際にデートまで行けたのは2人だけでしたが、結果的には一人の大学生の方と交際することができました。

男性側は課金をしなければメッセージを読むことができないと言うシステムのため、男性側にはかなり負担であるでしょう。

女性側は無料で使えるため参入難易度が低く、男性からのアプローチに対して、気軽に返している人が多い印象です。


私が一番困難だったのは、メッセージをお互いに続けることでした。

デートに行くまでにメッセージのやり取りを行いますが、一度に何人もの女性と会話を続けるのはかなり難しく、途中から会話に返信が来なくなることもあります。

しかしプロフィール欄や趣味の欄があるため、他のアプリと比較すると会話もスムーズに進むでしょう。





勇気を振り絞って利用した「Pairs(ペアーズ)」で女性との接し方を学ぶと同時に、彼女までできた

      
性別男性
利用地域東京都西東京市
年齢22歳
利用時期2021~2022年頃(21~22歳の時)
利用者年齢層(肌感覚)20代

男性


当時、私は彼女がいません。

しかし周りには恋人がいる人が多くいました。

恋愛経験があまり多くの私にとっては憧れもあったのです。

しかし出会いの場が中々なく、どうしようと考えた結果、マッチングアプリに登録してみようと考えます。

初めての事だったので、不安要素が多かったですが勇気を出してダウンロードしたのです。

その結果、女性との話し方だったり接し方を学ぶことができた上に恋人を作ることができました。

それまで様々な困難や失敗がありましたが、それも含めて良い経験でったのではないかと改めて思うことができたのです。

その後周りの人から色んな話を聞いていると、マッチングアプリを使っている人が意外と多く共感することも沢山ありました。

今の時代出会い方は人それぞれなので、抵抗はあるかもしれませんが恋人が欲しいと思っている人はインストールしてみて損はないでしょう。

私は顔に自信がなく第一印象が良くなかったですが、最初にアプリ上で会話できる仕組みはとてもいいです。

「Pairs(ペアーズ)」の操作性は、マニュアルがあり始めて使う人でもわかりやすく、スムーズに扱うことができました。

マッチングアプリ率に関しては、体感的に80%くらいはあったと思います。

高いマッチング率を実現できた理由としては、話す相手の詳細を見てから決められる事です。

共通の趣味があったり、将来についてタイプについてなど細かな情報が記載されていたので、私自身も相手を選びやすかったです。

私が使っていた「Pairs(ペアーズ)」は真剣に恋人を探している人が7割ほどいて、その理由もあってか比較的真剣に向き合ってくれました。

マッチンぐした人と実際に会えたか確率は、50%くらいだったと感じます。

話してみて相性が合わないなーと思ったり連絡が取れなくなった人がいましたが、マッチングアプリは男性の使用率が多いので仕方ないでしょう。


利用者層の特徴としては遊びたい人・真剣に相手を探していると分かれていました。

特に専門学校や女子大など異性がいない学校という環境がある人が利用していた印象があります。





マッチングアプリで女性との接し方を学びコミュニケーション能力が向上

      
性別男性
利用地域東京都立川市
年齢22歳
利用時期2021~2022年頃(21~22歳の時)
利用者年齢層(肌感覚)20代

男性


私は大学2年生の時にマッチングアプリを利用しました。その理由は単純に恋人が欲しかったからです。

当時は理系の大学に通っていましたが、女性があまりおらず出会いがありません。

しかし周りの友人には恋人を作っていた人が多くいました。

どこで出会ったのかと聞いたところ、マッチングアプリで出会ったと言っていたのです。

私もパートナーが欲しくマッチングアプリを利用してみることにします。

マッチングアプリは良いイメージがあまりなく不安要素も多くありました。

それでも自ら行動しなしとパートナーを見つけることが出来ないと思ったので勇気を出して、マッチングアプリを使用することにしたのです。

当時同じ悩みを抱えている友人が他にもいたため、同じタイミングで始めお互い近況を話し合いながら利用することで、お互いのモチベーション維持にも繋がり、意欲を高める事も同時に行っていました。

約半年間「Pairs(ペアーズ)」を使っていましたが様々な事が体験でき良い経験になります。

私はマッチングアプリを約半年間続けましたが色んなことを学びました。

1つ目は女性との接し方です。今までお付き合いの経験がなかったわけではありませんが、それでも未熟であることをマッチングアプリを通じて感じました。

異性との接し方はパートナーを見つけるために必須条件であったので、その部分が成長できたのかと改めて感じるすることが出来たのです。

2つ目はコミュニケーション能力の向上です。

色んな異性とコミュニケーションを取ると、どんな相手なのか?どういう話をしたいのか読み取れる様になります。


相手が何を求めているのか。その次にはどんなことをしたらいいのかが少しわかった気がします。

「Pairs(ペアーズ)」の操作性は申し分なくとても使いやすかったです。

しかしごく稀にメッセージが送信できなくなる場面がありました。

私自身のマッチングアプリ率は約6割くらいの感覚でした。

マッチングアプリは男性の方が利用者が多く、その部分は仕方がないでしょう。

実際マッチングアプリした異性と半分以上、出会うことが出来、パートナーを作ることも出来ました。

現在も仲良くやっています。





検索機能の充実度合いとシンプルで分かりやすい操作性で、1カ月に20人とマッチング

      
性別男性
利用地域東京都
年齢30歳
利用時期2021年頃(29歳の時)
利用者年齢層(肌感覚)20代、30代

男性


私は30歳の男性ですが、29歳の時に恋人がおりませんでした。

自分の友人関係や職場の人が結婚をしたりする機会が増えていく中で、自分に恋人がいないということに、少し焦りを感じていたのです。

出会いを求めようとして、職場の人に女性を紹介してもらうこともありましたが、自分の好みではなく、破談となってしまいます。

また一度に多くの人と出会う機会として街コンへの参加も試みてみましたが、自分の真剣度に対して女性側の真剣度が若干少ないように感じたのです。

食事ができるタイプのものでしたが、おそらく男性は高い費用を払い、女性側は安価で参加できることから安くご飯を食べられるので、それが目的だったのでしょう。

結局いい出会いが見つからなかったので、ほかの選択肢は無いかと考えマッチングアプリを開始することにしました。

「Pairs(ペアーズ)」を選択した理由は会員数が非常に多かったことで出会いやすいと思ったからです。

「Pairs(ペアーズ)」を実際に利用して、まず操作性については非常にシンプルでわかりやすいと感じました。

検索条件もいろいろな条件を調べることが出来るのも魅力的で、特に距離検索が出来るのも他のマッチングアプリではあまりない魅力でしょう。

実際都道府県で絞るよりも沿線沿いの方とマッチング出来るなど利便性の良さを感じたのです。

マッチング数は1ヶ月で20人くらいの方とマッチングすることができました。

その中でメッセージは全員にお返ししましたが、メッセージが返ってきたのはだいたい3割くらいという感覚でした。


その中でメッセージが継続して出来たのは5名くらいでそのうちの2名と会うことが出来たのです。

会った際は食事に行くなどしてお相手のことを更に知っていくという流れでした。

結果としてはお付き合いに至ることは出来ませんでしたが、利用はして良かったと感じでおります。

利用者は女性側も含めて非常に真面目な方が多いという印象です。

今は一度やめてしまっているのですが、再度また出会いを求める時は「Pairs(ペアーズ)」をしたいと思います。





昔から女の気配のない兄がマッチングアプリで美女と結婚したことに触発される

      
性別男性
利用地域東京都中野区
年齢31歳
利用時期2021年頃(31歳の時)
利用者年齢層(肌感覚)20代、30代
男性


30代になり周囲の友人も結婚することが多くなりました。

「そろそろ結婚を考えなきゃなあ」と思ったが私には恋人はいません。

出会いの場に誘ってくれる友人もどんどん結婚していく中で焦りを感じていたのです。

自ら足を運んで出会いのあるところに赴こうとしていた矢先に、新型コロナウイルスの流行。

ただでさえ少なくなっていた飲み会は出来なくなり、テレワークで会社の人間とも会えない生活をしている時に、兄の結婚の話を聞きます。

特段仲のよい関係ではなかったので、特に結婚について話すこともせず、いざ兄の結婚式へ。

久しぶりに会ったからだろうか、兄と楽しく話していく中で結婚の話に。

どんな経緯で出会った方なのか聞いたところ、某マッチングアプリでした。

昔から女の気配のない兄らしいです。

私はそれまでアプリには抵抗がありました。

どんな人が来るのかわからない。サクラが多い。

そんな固定観念がありましたが、兄のお相手を見てびっくり。とても美人で上品な方でした。

こんな方とマッチングアプリで出会えるのは奇跡じゃなかろうかくらいな方です。

兄は何てラッキーなのだろうかと思い結婚式を後にした数日後、マッチングアプリを自分も使ってみようと思い利用を決断します。

マッチングアプリでは、普段出会えそうにない方を見ることができます。

自分の友人関係や行動範囲ではきっと出会えない方を閲覧することができました。

そういった方のプロフィールを見て、こんな趣味あるんだとか意外と共通なことあるんだと驚きながら楽しく拝見でき、自分の女性に対するストライクゾーンが広がります。

さらにPairs(ペアーズ)は、本人証明をしているか一目でわかるUIでした。

何名かの女性とやり取りする中で実際にお会いする約束が増えてくるでしょう。

ただし、前日に急にメッセージができなくなることや当日ドタキャンする方も中にはいます。

そんな中でちゃんと誠意を持ってやり取りしてくれるお相手を判断するには本人証明の有無でした。

本人証明がある方は確実にドタキャンや急にブロックする方はいません。


一方で女性が無料であることは不満を感じます。

無料であるが故に適当にアプリを利用している方が中にはいるなと感じました。

男性女性の両方が有料のアプリはありますが、それは少し婚活よりです。

恋活アプリであれば、婚活アプリよりは下げてでも有料にした方がちゃんとアプリを利用して悲しい思いをする男性も少なくなるのでしょう。

ただし、男性は絶対に有料にすべきです。




デジタル恋愛の迷走:結婚相談所からの転機、マッチングアプリの冒険

      
性別男性
利用地域東京都中野区
年齢33歳
利用時期2021年頃(32歳の時)
利用者年齢層(肌感覚)20代、30代
男性


コロナ禍で、利用していた結婚相談所が潰れてしまい、他に出会う機会が無くなりマッチングアプリを始めることにしました。

結婚相談所では3人の方と出会いデートもしましたが、なかなか自分に合う相手が見つけられずにいたのです。デートではカフェ、動物園、江ノ島などに行きましたが、途中で相手からの連絡が途絶えた事もあり実際にお付き合いする事は叶いません。

今でも良い思い出という気持ちがありますが、いつまでも引きずる訳にはいかないので、思い切ってマッチングアプリに登録。

正直、マッチングアプリは結婚相談所に比べて非効率的だと思っています。女の子のリストを見てイイねボタンをポチポチと1日に何度も押さなければなりません。

相手からのイイねが来る事もあまりありませんし、積極的では無く恋に奥手な自分にはマッチングアプリは合っていないのでは無いかと思っています。

友人の中には実際にマッチングアプリから結婚まで至ったケースもあり、自分にそこまでの力があるか不安です。

良い結婚相談所がコロナ前のように営業再開すれば、再度利用したいです。ペアーズの操作性は特に問題無く、女の子も豊富ですし、毎日違う女の子のリストの中から探すため、自分にとっては新鮮です。

ただ自分が上手くアピール出来ているかは不安です。自分は顔には自信が無いですが、これまで撮った写真の中で、自分が良く見える写真、笑顔の写真を選び、マッチングアプリのプロフィール画像にしました。

こちらからイイねボタンを押していいものか最初は迷っていた部分もありますが、コレは是非会いたい相手に対しては自分からイイねボタンを押しました。

これまで10人ほどとマッチングしましたが、実際にメッセージらしいやり取りをしたのは3人です。ようやくマッチング出来た相手ですが、メッセージが続か無いという事が何度もあり、マッチングしてからのアプローチの仕方に迷っています。

当たり障りのないやり取りから始めるように友人からもアドバイスを受けたのですが、これまでに思うような結果が出ていません。

早く実際に会うところまでに至りたいという気持ちはあるのですが、奥手ということもあり、現在も試行錯誤しております。




「Pairs(ペアーズ)」に登録し、一夜で大量の『いいね』が来たことに放心状態で嬉しさが込み上げる

      
性別女性
利用地域東京都
年齢40歳
利用時期2021年頃(39歳の時)
利用者年齢層30代、40代、50代
女性


当時大きな失恋をし、年齢的なこともありなかなか立ち直れずにいました。

そんな時、久しぶりに会った友人からマッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」を強く勧められます。

もともと私自身はマッチングアプリには懐疑的で、拒否感が強かったため、能動的に利用する意思はありませんでした。

これから先も絶対にやることはないだろうと決めつけていたのです。

しかしどうにもこうにも前を向けない日々の中で、「たとえわずかでも、必ず気晴らしになるから!」という友人の力強い言葉に背中を押され、初めて少し興味を持ちます。

もしかしたら何か変わるかもしれない、変われるかもしれないと思ったのです。

そしてそのまま勢いで、半ば強制的に登録を完了させました。

百聞は一見に如かず。イメージだけで否定し続けるのではなく、話のタネに一度ぐらいは「Pairs(ペアーズ)」をやってみてもいいかなと思えたのです。

自分でも驚く、いや、私を知る人であればきっと誰もが驚くであろう決断でしょう。

本来、そんな大げさなことでないことは重々承知しています。

こうして、私のマッチングアプリ珍道中が始まりました。

せっかくやるならとわりと真剣に考え、「Pairs(ペアーズ)」のプロフィールを完成させます。

その作業は自ずと自分と向き合う作業となり、思っていたほど苦痛ではなく、むしろ良きタスクとなりました。

それでも自分に自信のない私は、「登録したところで、どうせ誰からもいいねなんて来ないだろう…」と、悲観的に考えていたのです。

ところが。

一夜明けてアプリを開いてみると…驚くほど多くのいいねが来てるではありませんか。

あまりのことに一瞬わけがわからなくなり、放心状態になります。

無論、『いいね』は気軽に押すものであり、深い意味などないことはよく理解しています。

それでもプロフィールの文章なり私の写真を見て、なんとなくいいなと(少なくとも嫌ではない)思ってくれた人がいることが嬉しいのです。

しかも、一人ではなく、大勢。

これは当時の私にとっては本当に有り難かった…大きな大きな、心の救いとなります。

「あと一度ぐらい、また恋ができるかもしれない」そういう希望を持てたのです。

何人かの人に実際にお会いしました。


中には複数回デートを重ねた人もいます。

でも、最終的にはどなたともうまくいきません。

それはひとえに私自身の覚悟が足りなかったからでしょう。

マッチングアプリに登録している人の目的は様々ですが、私がお会いした方々は皆、結婚を真剣に考えていらっしゃいます。

心のリハビリで登録した私にとってその先へと進むにはもっと勇気と覚悟が必要でした。

いずれにしても、多くの学びがある体験です。





2020年に東京都で「Pairs(ペアーズ)」を利用★★恋活アプリで彼氏・彼女をつくる!


友人が「Pairs(ペアーズ)」で知り合った彼氏が、思いのほか真面目な人だったことが決め手になった

      
性別女性
利用地域東京都世田谷区
年齢25歳
利用時期2020年頃(23歳の時)
利用者年齢層20代、30代
女性


きっかけは友達に誘われたからです。

マッチングアプリといえば、今は少しずつ若い世代には馴染み始めているかと思いますが、心のどこがで近寄り難いものと思っていました。

しかし仲の良い友人がマッチングアプリを始めて、そこで色んな人と出会い、お付き合いまで発展した人もいたのです。

相手の方ともお会いしたこともあり、思っていたより普通の人で少し驚きました。

真面目な人で、ただ出会いがなくてマッチングアプリやっている人もいるんだなぁと思い、その友人の紹介で「Pairs(ペアーズ)」をはじめることになります。

当時学生時代からながく付き合っていた人と別れたタイミングでもありました。

よく社会人になると出会いがなくなると聞いていましたが、事実仕事も忙しく、平日は終わるのが遅くて基本仕事のみです。

休みの日も平日できない家事や生活の買い物だけして家で過ごすような生活だったので、このままだと本当に仕事だけして20代が終わってしまうのではないかと思い「Pairs(ペアーズ)」で再起を誓います。

「Pairs(ペアーズ)」の操作性については、最初っから友人に教わりながらできたので、特に困りませんでしたが、自分1人でやった場合は少し手間取ったでしょう。

基本的にはライクの押し方、ライクせずに次を見るにはどうすればいいのか、スーパーライクとはなにかというのがあまりわからず、戸惑いました。

だいたい最初にチュートリアルのようなものが出てくると思いますが、なにも知らない一番最初にでてきても正直よくわからないし、ちゃんと見ません。

マッチング数に関しては具体的な数字はあまり覚えてないですが、10件前後だったと思います。

私自身複数名の方と同時にやりとりをするのが苦手なので、多くて2~3人ずつの方とやりとりをしていました。


実際に会ったのはひとりです。

「Pairs(ペアーズ)」の利用者層の特徴は、年齢は恐らく20代で絞っていたと思うので全体の傾向はあまり理解していません。

年齢以外のところでいうと、他のマッチングアプリはやったことないですが、友達のをみたり評判を聞いたりしている限り、他のマッチングアプリと比較すると真面目な人が多い印象でした。





結婚ラッシュに焦り「Pairs(ペアーズ)」と「with(ウィズ)」を併用するも、最終的に「Pairs(ペアーズ)」で彼氏を見つける

      
性別女性
利用地域東京都江戸川区
年齢25歳
利用時期2020年頃(23歳の時)
利用者年齢層(肌感覚)20代、30代
男性


彼氏がいた頃もありましたが、6年くらい彼氏がいなくて、新社会人になると同期はみんな彼氏がいました。

今まで友達と遊ぶことが大好きだったので、「彼氏がいなくても楽しいや」と思っていたのです。

それでも同期の彼氏の話を聞いたり、街に出かけるとカップルがデートをしているのを目に入るようになります。

それと同時にインスタグラムやツイッターには友達のデート写真や、結婚報告と、、、いわゆる結婚ラッシュになってきていました。

それを見て流石に「彼氏いないとやばいかな?」と思ったのがきっかけです。

また両親も少し心配だったようで、「彼氏はいないの?いい人はいないの?」と聞いてくるようになりました。

でも同じ職場の人とは付き合いたくないし、上京してきたばかりで全然知り合いもいなく、人との交流もなかったので、彼女を探してる人がいるマッチングアプリを利用したのです。

利用するまではマッチングアプリに偏見を持っておりました。

アプリは危ない。アプリをしている人は飢えている。などのような感覚があったのです。

「Pairs(ペアーズ)」と「with(ウィズ)」を利用していましたが、どちらも操作は簡単でやりやすかったです。

「Pairs(ペアーズ)」では、みんなちゃんと彼氏彼女を求めている人が多いなと感じました。

ウィズでも同じ感じでしたが、どちらかというと「Pairs(ペアーズ)」より若い子達が利用している様です。

なので、もしかしたら本当は彼女を探していない人もいたかもしれません。。。

ペアーズとウィズのどちらともマッチすることが多々有り、メッセージも何人かの人とやり取りをしていました。

しかし二つ利用していると、どんどんメッセージが溜まってきて、返すのが面倒になってきたので、いい感じの人がいた「Pairs(ペアーズ)」だけ利用する様になります。


その間も「with(ウィズ)」のアカウントは一応消していません。

「Pairs(ペアーズ)」では2人の人に会いました。

1人目の人はずっとメッセージしていて、「いいな。」と思っていたので、ご飯に誘われた時は嬉しかったです。

実際に会うと写真と雰囲気が違うし、身長も盛ってたなとわかるくらいでした。

その他にも印象と違いすぎて、その一回限りのご飯で、会ったりメッセージのやり取りをやめます。

そんなこともあり、詐欺ばっかりかもしれないと思っていたので、2人目の人に会うのはめんどくさかったです。

それでも渋々会ったら、かっこいいわけではないのに安心する人で、「この人は大丈夫」という印象が強く、初めて会ったその日に付き合いました。

現在も交際は続いており、そろそろ婚約します。




仕事以外の出会いが皆無の中、在宅ワークが追い打ち。出会いを求めてマッチングアプリに挑戦

      
性別男性
利用地域東京都足立区
年齢29歳
利用時期2020年頃(28歳の時)
利用者年齢層(肌感覚)20代
男性


東京に引っ越してきて3ヶ月が経ったころ、生活にも慣れてきたが会社は完全テレワーク化。

平日は外に出る機会がほとんどなく、休日も1人で過ごすか、知り合いと会うぐらいで新しい出会いがない状況。

また年齢的にも、もうすぐ30であることから自分で動かないと出会いがないと危機感を持った。

東京は他の県よりも出会える確率が高いのではないかと思いマッチングアプリを始めたのです。

実際に出会えるアプリを使ったことは今までなかったので少し不安でしたが、迷うのも面倒くさくなり早速利用をはじめました。

ペアーズは認知度が高く、無料登録時比較的年齢層が若く感じたことから選択。

また男性だけではなく女性も費用がかかることから、あまりサクラがいないのではないかとも思いました。

知り合い以外の人で、仕事以外でのやり取りは久々だったので、少し面倒に感じましたが、費用を払っていることから、途中でもったいないと思い継続。

実際に何日かやり取りが続くと少しずつやる気も出てきて、ペアーズを見る回数も増加しました。

ペアーズは、デザインみやすく、利用しやすかったです。

また直感的に自分の好みと違う人を取捨選択できて、出会いたい人を選びやすいのも魅力でした。

さらに比較的変な人が少なかったと思います。

10人に1人ぐらいは別のラインや、カカオトークに誘導して、よくわからないURLを送ってきましたが、他のサイトのクチコミを見ているともっと多いイメージがあったので、良かったです。

コミュニティからの趣味、価値観など内面についてもわかりやすく、連絡を取る時話のきっかけ作りを行いやすかった印象。

実際に私自身がキャンプが好きだったことから、アウトドアに興味がある人を見つけるのに使って良かったと思います。

連絡をする前に相手の情報をある程度把握できることは時間短縮に繋がります。

また相性がいい人を表示してくれて、数字化されているのもわかりやすいです。

人を見つけるのに時間をかけるのは面倒だと思っていたことや、数字で表してくれることで、いい意味で自信に繋げることができ、積極的に連絡を取ることができました。




リーゾナブルで、有益な機能をもつ「Pairs(ペアーズ)」で効果的に婚活

     
性別男性
年齢30歳
利用地域東京都
利用時期2020年頃(29歳の時)
利用者年齢層
男性


28歳と時に付き合っていた彼女と別れたことをきっかけに、今後の自分の人生を漠然と考えました。

まず初めに考えたのが「結婚」についてです。

私自身の性格上、交際してからすぐに結婚までにつながらないことから、すぐにでも結婚前提でお付き合いできる女性を見つけなればならないことに気づきました。

しかし、仕事以外で女性と関わる機会が少なく、別の手段でつながる手段がないと思い、マッチングアプリに出会ったのです。

マッチングアプリはwebやSNSの広告でよく目にしてはおりましたが、出会い系アプリというジャンルは詐欺被害が多いイメージでこれまで使用したいと思いませんでした。

しかし、友人が使用しており、アプリでの出会いがきっかけで交際ができた経験談を聞き、少し興味が湧きました。

その後自分でもwebで調べてみたのですが、マッチングアプリでよくある「サクラ」や「なりすまし」なども、セキュリティー対策や厳しい審査設定で全くないということが判明。

そのため、マッチングアプリ「Pairs」を利用することを決断したのです。


「Pairs」の「コミュニティ機能」は良かったと思います。

こちらは同じ趣味・価値観を持った相手を探すことの出来る機能なのですが、趣味やライフスタイルなど豊富なカテゴリーからコミュニティーを探すことができます。

交際相手を選ぶ際に、内面を知る手段として「趣味・価値観」は非常に大事ですので、「コミュニティ機能」でざっくりと自分に合う方を選ぶことができるのは魅力的です。

また「使用料金の安さ」も魅力です。

他の国内大手の恋活・婚活アプリと比較したところ、月額料金で一番リーズナブルでした。

また、無料会員としてでも使用できる点もよいと思います。

実際に使用してみてから、本腰をいれて使用する場合でも、他のアプリよりも、料金も安い点は非常に良い点だと感じました。

さらに「登録ユーザーの年齢層の若さ」も特筆すべき点です。

こちらに関しては、ほかのアプリとの比較をしておりませんが、「Pairs」は20代の会員が多いと伺いました。

実際に使用していても、若い方が多い印象でした。

私個人のお話ではありますが、年下の女性が対象ではあったため、利用ユーザーが「20代」の層が多い点は、大きなポイントでした。

知名度も高く、使用料金と機能面も費用対効果がある「Pairs」は総合的にとても満足しております。





30が近づき出会いもなく焦っていた時に、友達の勧めもあり藁にもすがる想いでペアーズに参戦

      
性別女性
利用地域東京都世田谷区、文京区
年齢31歳
利用時期2020~2021年頃(29~30歳の時)
利用者年齢層(肌感覚)20代、30代
女性


30歳までに結婚したいと思っていたのに、良い条件の人に巡り会えず焦っていました。

周りもどんどん結婚したり彼氏がいたりしたのに、自分は良い人に出会えなくて困っていたのです。

その時友達がペアーズで彼氏が出来たと言っていたので、やってみようと思いました。

年齢も30に近づくにつれ、合コンも減ってきて会社と家の往復で出会いもなく、藁にもすがる思いでマッチングアプリを始めようと考えたのです。

当時は出会い系のイメージが強く抵抗もありました。

それでも友達に実際のアプリの画面を見せてもらったところ、割と普通の人たちが登録していて、会ってみたい!って思えるような人も何人かいたのです。

なので、思い切ってマッチングアプリを使ってみようと思いました。

Facebookでも広告が良く出てきて、更に登録者が1番多いということも、ペアーズを利用し始めた理由でもあります。

会社の人とかにバレるのではないかと心配だったのですが、Facebook上での知人は、アプリ上で出てこないというのも、決め手の一つでした。

プロフィールは本気度が高い人とマッチできるように出来るだけきちんと書くようにします。

ただ焦っている感は伝わらないように、まじめにやってる感を出していました。

実際に、結婚前提でお付き合いできる方を探しています。と言う一文を入れていました。

いいねは毎日たくさん貰えていましたが、その中から良いなと思う人はほんの一握りでした。

ただペアーズは価値観のコミュニティがあり、相手の価値観ががわかるようになっているので、相手との相性が、プロフィールやメッセージだけじゃなく理解できるのでそこはとても良かったです。

自分自身も、いち指標にしてもらうために価値観のコミュニティはいくつもはいっていました。


コミュニティに入っていると、その人との相性率も出してもらえらのでそれも一つの指標になります。

ヤリモクは何人か居ました。結婚しているのを隠していた人もいました。見抜くのはなかなか難しいでしょう。

独身証明をした人だけが使えるといいなとは思いましたが、手軽さがなくなるので、なかなか難しいかなとは思っています。




「Pairs(ペアーズ)」で出会えたのは「キラキラ女子」ではない、おしとやかな女性で話も弾む

     
性別男性
年齢32歳
利用地域東京都新宿区
利用時期2020~2022年頃(30~32歳の時)
利用者年齢層30代
男性


自分としてはあまりマッチングアプリを使うことは気が進まなかったが、友人の勧めで始めたのだ。

またYouTubeの広告などでよく見るので、大手なのか?と思ったもののある程度信頼して「Pairs(ペアーズ)」に登録した。

パートナーはいてもいなくてもよかったが、「いればいいかな」というくらいの気持ちだ。

友人に「毛むくじゃらのおじさんとかが待ってたらどうすればいいの?」と相談したところ、「そもそもそういう人はマッチングアプリを使わないから大丈夫。」と言われて、「なるほど。」と思った。

その友人はマッチングアプリで3人付き合ったということだった。

付き合えても、別れたりあんまり合わない人だったら面倒くさそうである。

だが自分も年齢も年齢になってきたので、パートナーがいてもいいのだろうなと思い始めた。

少しずつだが前向きになってきて、結果として「Pairs(ペアーズ)」に登録するに至ったのだ。

iPhoneでアプリをダウンロードして登録する過程がかなり緊張した記憶がある。

「Pairs(ペアーズ)」操作性はいいと思う。

写真が大きく、相手のプロフィールも見やすい。

相手の条件も年齢、趣味、身長他、細かく設定できるので自分に合いそうな人を見つけ出すことはできる。

自分はお酒とたばこが苦手なので、そのような部分も相手のプロフィールに表示されるのは結構画期的な印象だった。

自分の趣味がニッチなものが多いので、コミュニティ機能で、たとえば「プログレッシブロック・ヘヴィメタル・ハードロックファン」のコミュニティを探すのが楽しかった。

このような細かい価値観を合わせられる機能はいいなと感じる。

マッチングできた人数は計2人。2人とも実際にお会いすることができた。

2人ともアラサーくらいの年齢だった。インドア派で音楽、読書などを好む方だ。

マッチングアプリを利用するのはいわゆる「キラキラ女子」かと思っていたので、こんな大人しい方も利用するだなという印象を持った。

お2人とも、たくさん趣味の話がすることができてよかった。

音楽、文芸、映画などの話をするのは楽しく、恋人としてお付き合いすることにはならなかったが、いい友人として今でも交流がある。






仕事と家の往復で人恋寂しく不安になった時、「Pairs(ペアーズ)」で複数の異性と関係をもつ

     
性別男性
年齢36歳
利用地域東京都豊島区
利用時期2020~2021年頃(35~36歳の時)
利用者年齢層20代、30代、40代
男性


当時は仕事と家の往復、もしくは在宅ワークの時は仕事してごはん食べて映画でも見て寝るみたいな毎日。

特に理由はないのに妙に人恋しくなったり、不安になったりする時期だった。

それまでマッチングアプリは使ったことがなかったが、いろいろと口コミを見比べて、友人からも聞いたことのある「Pairs(ペアーズ)」を使い始めたのだ。

使い始めて知らない女の子が自分に興味を持ってくれたり、ちょっとかわいいなと思う子とコミュニケーションをとれるのがとても楽しくて興奮を覚えてハマってしまう。

アプリ上で知り合った子と初めて会うときはかなり緊張した。

それまでかなり連絡を取り合っていて「会って話してみたいね」と向こうも言ってくれたのだ。

わかりやすいところで待ち合わせして、ちょっとお酒を飲んでそのあとカラオケに行って、結局体の関係になった。

その子とは長続きしなかったが、アプリ上でまた何人か連絡を取り合う子が出来て、遊び相手探しと割り切って使うようになったのだ。

初めてのマッチングアプリの利用だったので、慣れるまではどうやってコミュニケーションをとったらうまくいくのか悩む日々。

自分のプロフィールはどうしたら受けがいいのかも分からなかった。

結局特に飾ることもせず、きちんと敬語を使って挨拶から始めればたいていちゃんと連絡はとれと悟った。

マッチングアプリは普通に感覚で操作できる感じで、自分が暇なときにちょっといいなと思う子を探したり、連絡をとりあったりするのは簡単だ。

始めのうちは一人仲良く連絡を取る子が出来たら他の子を探したりすることはしなかった。

初めて実際に会って遊ぶ関係に発展したあとは、遊び相手探しだと割り切って、暇な時間は二人目、三人目と探すようになる。

1年ほどしか使わなかったが、5人くらい実際に会うことが出来た。


実際に会う約束をしたのは7人だったが、うち2人はアプリ上で見ていた見た目と明らかにシルエットが違う感じで、そこまでの嘘はひどいなと感じ帰ってしまう。

利用者層全体についてはよく分からないが、自分は20代、30代の人としか会っていない。

連絡をとったのは40代もいた。20代から40代が多いにのだろう。





「内面が光る、文字の出会い」: ペアーズ初体験の驚き

     
性別男性
年齢49歳
利用地域東京都中央区
利用時期2020年頃(47歳の時)
利用者年齢層30代、40代
男性


女性と楽しくデートなど気軽にしたいと思っていたが、現実的には難しいのであきらめていた。

会社の同僚からマッチングアプリで彼女が出来たとの話しを聞き興味が湧いたのだ。

しかしながら実際には悪いことに繋がるのではないかと思いなかなか実行することはなかった。

ある日、暇で暇でどうしようもない時があり、アプリをインストールして見ることだけやってみようと思いインストールしてみたのだ。

自分の情報はほとんど入れずに女性のプロフィールだけ見て、顔写真を見てそれだけでそれなりに面白く思い暇な時に見ていたところ、女性から気になるとの連絡があり、ドキドキした記憶がある。

ほとんどプロフィールを入れず顔写真も無いのに、何が気になるのかいささか疑問ではあったが気分は悪くはなかった。

結局はそのまま、特にマッチングもせずにやる気も出なくなり、そのままになってしまったが暇ができたら再びやってみたいと思う。しかし、顔を出すのは抵抗があるのでどうしたものかと思っている。

私が利用したのはペアーズというアプリは、初めてにもかかわらず簡単に操作することができた。

顔を出すことに抵抗があったので、始めは女性のプロフィールや顔をみるだけの利用としていたのだ。

自分のプロフィールもほとんど入れずにいた。

そのうちに女性から気になるが届き、プロフィールも顔写真も無い相手の何が気になるのかまったく持って分かりませんが、悪い気持ちはしませんでした。

見ていると、積極的な女性が多い感じがしましたので、自分も本気でやればマッチングする可能性は高いのかなと感じたのだ。

あまり容姿は関係して無いのかなとも思いました。きれいでかわいい人でも、文章の言葉使いで人間的に魅力があまり感じられ無い方々も多々いて、この辺はなかなか面白いところである。

やはり自分の容姿はあまり気にせずに、内面がきれいな方々は文章にも現れていて会って話しがしたいと思える。

しかしながらアピールできる内容は限られた事になるので、本当の人柄は会ってからでないとわからないのがまた面白い。





2019年に東京都で「Pairs(ペアーズ)」を利用★★恋活アプリで彼氏・彼女をつくる!


操作しやすく性格や趣味で相手とマッチングできる「Pairs(ペアーズ)」での経験は新鮮で楽しかった

     
性別女性
年齢26歳
利用地域東京都
利用時期2019~2020年頃(23~24歳の時)
利用者年齢層30代

女性


友人と飲み会を行った際に、友人が「Pairs(ペアーズ)」を使用していることを聞いた。

男性は有料だが、女性は無料であることを聞いてかなり利用のハードルが低いと感じたのだ。

実際友人はマッチングアプリで出会った人と何回も食事に行っており、お互いに出会い目的で会っているので、合わないと感じれば次に行きやすいと言っていた。

婚活サイトは結婚目的で出会わなければいけないこと、料金がかかること、仲介人がいることなどからかなり利用のハードルが高い。

年齢的にも結婚を意識しているわけではないので、マッチングアプリを利用しようと考えた。

学生から社会人になっていた時期でもあるので、学生時代から付き合っている者同士での結婚の話を聞きはじめたりしていたので正直焦る気持ちがあったのだ。

また社会人になってから会社での平均年齢が高いせいもあり、出会いがないことを感じていた。

あくまでも会社の人はビジネスにおける関係だと思っていたので、年齢が高くても恋愛対象にはならない。

「Pairs(ペアーズ)」はとても利用しやすかった。


簡単に記入しても女性側はイイネがつきやすく、すぐに会話まで持っていくことができた。

操作性も問題なく、SNSを使用している時と相違なく利用することができた。

ただやりとりを続けることが元々苦手であったため、会話が続くとかなりめんどくさくなってしまうのが難点だ。

加えて知り合いを見つけてしまうことが多かった。

自分と同じ経歴を入力すると高校・大学時代の知り合いをすぐに見つけてしまう。

相手より先に見つけてブロックして自分が見つからないようにするのもめんどくさかった。

最終的に5人の人とマッチングし、実際に3人の人と会う事にした。

ただ文字で会話する印象と実際に会って会話する印象が異なっていたので、その3人とは一度きりで終わってしまう。

会話を重ねるめんどくささが勝ってしまったので、その後の利用はせずにアプリは削除した。

「Pairs(ペアーズ)」は利用者層もかなり良く、SNSを通じて会う人というよりは、友人の紹介で会う人に近い感覚がある。

性格や趣味で人を選ぶとこができたので新しい経験をできて楽しかった。





マッチングアプリでの出会いを積極的に公言できる時代

     
性別女性
年齢28歳
利用地域東京都
利用時期2019年頃(26歳の時)
利用者年齢層

女性


私の職場は女性が多く、仕事での出会いはほとんどありません。

2年ほど前ちょうどお付き合いしていた方とお別れをし、しばらくおひとりさま時間を楽しんだ後、出会いのきっかけが欲しくなりました。

けれども合コンのような場は以前から大の苦手であり、「頑張って合コンに臨まなければ、このままなかなか出会いのチャンスはないのだろうか」と悩んでいたところ、上記のマッチングアプリに出会ったのです。

ちょうどその頃、マッチングアプリがきっかけでお付き合い・結婚をする知人も増えてきて、友人から経験談を聞く機会が増えたことでマッチングアプリへの敷居が低く感じられるようになったことも、アプリを始めたきっかけのひとつです。

結婚式でも出会いのきっかけとして「アプリ」と堂々と挙げられているのを見たり、ワイドショーの特集などでもマッチングアプリが紹介されているのを目にする機会が増えたのも、この頃かと思います。

はじめのうちは、「知らない人といきなり会って、怖い思いをしないだろうか」など不安な心境もありました。

それでも、初めて会う時は日中のカフェで会う、何時~何時まで、などあらかじめ時間を決めて会う、等工夫をしてみたり、少しづつ人を見極められる目を養うことを意識したことで、怖い目にあうことは一切ありませんでした。

まず、合コンは行ってみないとどんな人が来るのか、顔も性格も全くわからないことが多いかと思いますが、マッチングアプリではあらかじめ写真やプロフィールで人となりを把握することができ、お互いが多少なりとも興味を持った状態で会うことができる点が大きなメリットだと感じます。

また、プロフィールで事前に職業や趣味、休日の過ごし方なども知ることができ、当日初めて会っても話題に困ることがありません。

私はいつも、当日までにお相手のプロフィールを読み込み、聞いてみたいことを考えてからデートに臨みます。

年収や当日のお金の支払いについても、プロフィールに記入欄があるので、初対面の相手には直接聞きづらいことについても揉めることもありませんし、価値観もここである程度わかることができるのも有り難い点です。

「pairs」では、オンライン通話機能もあり、まだまだご時世的に積極的に外に出歩くことが出来ませんが、このオンライン通話機能を使えば、「まずはオンライン上で話してみませんか?」という提案ができます。

オンライン通話機能で、自宅にいながら婚活・恋活できる点も、これからの時代にフィットしているなと感じます。






Pairs(ペアーズ)の趣味ごとに入れるコミュニティで、同じ趣味の人と出会う

     
性別女性
年齢24歳
利用地域東京都
利用時期2019~2020年頃(21~22歳の時)
利用者年齢層30代

女性


最初に友人がPairs(ペアーズ)に登録しているのを聞きます。

その時恋人もおらず大学最後の年ということもあり、遊びたいというか遊べる相手ほしさがあったのです。

友人との話のタネになればと思いPairs(ペアーズ)に登録しました。

ただあまり軽い感じのアプリだとあんまりいい話を聞かないのもあり、もう少しちゃんとした恋人探しをしている人が多そうなPairs(ペアーズ)に登録したのです。

正直登録前はマッチングアプリに対して多少偏見もありました。

友人が先に登録して使用していたことと、女性側だったので利用料も基本的にほぼ無いということで利用してみようと考えたのです。

登録して色々な方のプロフィールを見ていると、思ったより年齢層も系統もバラけています。

登録していた都市が東京ということもあり、自分が思っているよりマッチングアプリの利用者って多いんだなというのを感じました。

最初に感じた怖さとか、民度が低そうみたいな偏見はかなり早い段階で解消されます。

あとは最初に述べた通り友人との話のタネにもなったし、特に騙されたりすることもなかったので利用してみてよかったです。

Pairs(ペアーズ)では趣味ごとに入れるサークルというかコミュニティみたいなシステムがあります。

自分と同じ趣味を持った相手を探しやすいというのが個人的には好きなところでした。

結局Pairs(ペアーズ)へは、短期間だけの登録でした。

こちらがガッツリ恋人探しをしていなかったため、実際に会ったのは一人だけです。

その人は同じゲームが好きということでマッチングします。

趣味嗜好が近い相手を探しやすいのは本当に良い点でしょう。


ただメッセージのやりとりなど女性側は基本的に無料ですが、男性側は色々と料金がかかるようです。

こちらとしては話が弾んだらLINEを交換して、そこでもまた会いたくなったら約束をとりつけるといった流れが良かったのです。

結構マッチングしてすぐ連絡先を聞いてきたり会おうと言われたり、個人情報を聞き出そうとされることが多かったです。

そこはちょっと仕方ないとはいえ、合わないなと感じます。

年齢的にちょっと上すぎる方(私の時は80代)からのいいねには、さすがに困ります。

合わなすぎる方とはせめて年齢でフィルターをかけて表示されないようにする機能があればいいです。





女性は無料で使え、マッチングした人とメッセージを重ねてから会うことが安心に繋がった

     
性別女性
年齢31歳
利用地域東京都練馬区
利用時期2019~2020年頃(28~29歳の時)
利用者年齢層20代、30代

女性


周囲がどんどん結婚していく中、そろそろ自身も結婚したいと思い婚活を開始したのだ。

以前は友達の紹介やコンパなどで出会う事が多かったが、コロナの影響もあり複数人で集まる機会は減り、出会いの機会も減少した。

何人かの知り合いがマッチングアプリを利用し、恋人ができたり結婚したという情報を聞き、自身も使用してみたいと感じた。

数あるマッチングアプリの中でペアーズを選択したのは、最も知名度が高く利用者数が多かったからだ。

また友人も使用しており、使用してみようかなと思えた。

女性は無料プランで十分出会いがあり、メッセージも回数制限がないのがメリットだろう。

初めはマッチングアプリに自身の写真を載せることに抵抗があったり、見ず知らずの人と会うことに恐怖もあった。

それでもメッセージを通し、十分やり取りしてから会えるため安心に繋がったのだ。

年収や身長、趣味などを絞って検索できるため、より手軽に自分の好みの男性を見つける事ができ、画期的である。

操作性や機能に関しては、他のマッチングアプリを使用していないため比較はできませんが、初心者でも特に問題なく使用できた。

プロフィールは何を記載すれば良いのか迷ったが、テンプレートがあった事や、オススメ女性のプロフィールを数人分見る事ができた事で記載しやすい。

毎日継続してログインすると、無料でイイねの回数が増えるのでお得だろう。

イイね数が増える分、マッチングの増加にも繋がったのだ。

日によってオススメ?男性に無料でイイねができる点もよかった。

マッチングした人とは、メッセージを重ねる事で実際にも会えた。

イイねの多い男性は、マッチングしてもあまりメッセージが続かなかったり、マッチングしてもメッセージが来ないこともあり少し寂しく感じた。

利用者層の特徴としては、男性は有料である事から真剣に婚活をされている方も多いのではないかという印象。

ご縁がなく1度しかお会いしなかった方もいますが、ヤリモクという風に感じた男性はいなかった。





若い女性に対する競争率は高いものの、マッチングさえすれば実際に出会うことは難しくない

     
性別男性
年齢38歳
利用地域東京都新宿区
利用時期2019~2020年頃(35~36歳の時)
利用者年齢層20代、30代、40代

男性


仕事が忙しく異性との出会いもあまりなくなっていて、最後にお付き合いをしてからかなりの年数が経っていました。

しかし忙しい仕事の中でも人恋しい気持ちは募っていき、こんなときに一緒に楽しく過ごしてくれる彼女がいてくれたらなあと思い、思い切って「Pairs(ペアーズ)」に登録したのです。

マッチングアプリは複数検討しましたが、詳細なプロフィールを設定することでより自分に合った人が探せるのではと期待し、「Pairs(ペアーズ)」を選びます。

料金については各サービスともあまり大きな違いはなく、どこもそれなりの月額課金があったのでこの点は結構迷いました。

長い期間のプランにすれば安くなりますが、そんなに長い間マッチングアプリで活動を続けたいとは思いませんでした。

むしろ早くパートナーを見つけて一緒に退会したいと考え、そのための期間を考えたときに、3ヶ月という期間が妥当だと判断し、3カ月コースを選択します。

想像はしていたものの、やはり女性ユーザーに圧倒的に有利な市場であることを実感しました。

各社とも女性ユーザーの獲得のために会員登録料を無料にしたりするなど、さまざまな施策が講じられているようです。

それでもマッチングアプリの世界では、女性ユーザーに対して男性ユーザーは大幅に余ってしまっているというのが現状でしょう。

特に若い女性ユーザーには幅広い男性ユーザーからのアプローチがあるため、相当な競争率になっているようです。

こちらから『いいね』をしてもマッチングできるのは数十人に一人くらいの割合でした。

おそらく女性ユーザーであれば放っておいても、どんどん『いいね』がくるような状態になっていたことが想像できます。

ただマッチングさえしてしまえばその後はそれなりに会話が盛り上がることも多く、実際に会うところまでいけた方もいました。

残念ながらお付き合いをするには至りませんでしたが、「Pairs(ペアーズ)」はきちんと会えるアプリです。

プロフィールもきちんとした方が多かったので、サクラがいるという感じは全くしません。

「Pairs(ペアーズ)」自体はとても使いやすく、検索条件なども詳細に指定できるので好みのタイプが探しやすかったです。

利用者層としては真面目な方が多く、真剣な交際を望んでいる層が中心であるように思います。






2018年に東京都で「Pairs(ペアーズ)」を利用★★恋活アプリで彼氏・彼女をつくる!


LINEのようにコミュニケーションのできるPairs(ペアーズ)は、合コンより効率的に出会える

     
性別女性
年齢32歳
利用地域東京都練馬区/td>
利用時期2018年頃(28歳の時)
利用者年齢層

女性


周りの友達が結婚をしていて、焦ってペアーズに入会しました。

当時会社員として働いていたため新しい出会いなどが無く、何か出会いが欲しいと思い焦っていたのです。

その時別の友達から、「Pairs(ペアーズ)」で彼氏ができたという話を聞き、自分も登録してみようと前向きになります。

「Pairs(ペアーズ)」に登録してみると、毎日いろんな人のプロフィールを確認することができ、世の中にはいろいろな人がいるんだなと思い、自分にも彼氏ができるかと思いわくわくしました。

連絡を取り合うというところまではできたのですが、なかなか会って話をするというところは勇気が出ずにいます。

そのため、「Pairs(ペアーズ)」を用いて彼氏はできません。

合コンにも参加をしていたのですが、なかなかコミュニケーションがうまく取れず、一緒に行く友達がかわいい子が多かったためうまくいきませんでした。

それでもペアーズでは、一対一で何人ともやり取りができるので合コンよりも効率的に出会えます。

初めの一歩(相手の人と会うこと)ができるなら、とてもいいツールだな~と思いました。

結局友達に紹介してもらい、彼氏ができます。

「Pairs(ペアーズ)」では短期間で多くの方とコミュニケーションが取れるのが魅力です。

自分が気に入った人意外とはやり取りをやめてもいいので、気楽にいろんな方とチャットができます。

「Pairs(ペアーズ)」は当時CMなどもやっていて、周りの子もやっている子も多く広く認知されているなという印象です。

そのため出会える人の幅も人数もおおいので、その点はとてもいいなと思いました。

毎日見ていても新しい人に合えるので、かなり多くの人が利用しているのでしょう。

また相手とのやり取りは、チャットのように気軽にできたのもよかった点です。

ラインのように気軽に実施できます。

メールだと返信するのが億劫になってくるのですが、ラインのようにチャットの形でしたので、やり取りも素早く簡単に実施できました。

自分の連絡先を教えることなくアプリ上でやり取りを実施できたので安心感もあります。






多くの会員数を有する「Pairs(ペアーズ)」なら、多くの『いいね』が来るのでマッチングに困らない

     
性別女性
年齢33歳
利用地域東京都目黒区/td>
利用時期2018年頃(29歳の時)
利用者年齢層20代、30代、40代

女性


もともと結婚願望はあったものの、仕事や趣味の旅行に夢中になっているうちにあっという間に29歳になりました。

婚活市場では20代であることは貴重なアドバンテージだと思い、ギリギリとはいえ20代のうちに婚活をした方が良いだろうと考えたのです。

まずは街コンや婚活パーティーに参加しましたが、いずれもピンとくる人には出会えません。

こういった対面型のサービスでは出会える人数に限りがあり時間や手間もとられるため、オンラインでのサービスに切り替えることにします。

結婚相談所も考えましたが、やはり費用が高額なことがネックでした。

また結婚相談所というと利用者の年齢層が高かったり、交際経験が少なくモテない人が利用するものというイメージがありました。

そこで、まずは無料で利用することができて同年代の利用者が多いマッチングアプリを試してみることにしたのです。

マッチングアプリは沢山の種類がありますが、一番有名なものがサービスが良く利用者も多いのではないかと思い「Pairs(ペアーズ)」を利用することにします。

やはり「Pairs(ペアーズ)」は利用者数が多いところが魅力です。

私が都心部に住んでいたこともあり、希望条件を細かく指定して検索しても多くの男性がヒットしました。

男性からの「いいね」もたくさんいただけます。

「Pairs(ペアーズ)」利用期間は1か月程度でしたが、その間に1000以上はいいねがきたのです。

居住地域や希望条件にもよるかもしれませんが、「理想の人がいない」「マッチングできない」などといった事態には陥りにくいでしょう。

一方で手軽に利用できる分、真剣でない人や業者のような人も散見されたことです。

マッチング後のメッセージが明らかにやる気がない人、よくわからないサイトへ誘導しようとしてくる人など色々な人がいました。

また初対面でホテルや自宅へ誘ってくる人もいます。


もちろん真剣な出会いを求めて利用している人もたくさんいると思うので、会う前のメッセージ段階での見極めが重要です。





結婚願望がなく軽いノリで始めたものの、想像以上に真剣にパートナーを探している利用者が多かった

     
性別男性
年齢32歳
利用地域東京都世田谷区松原
利用時期2018~2019年頃(28~29歳の時)
利用者年齢層20代、30代

男性


会社でもそれなりに周りの目を意識する必要のある立場に進んでいたため、職場で相手を探すことにリスクを感じていた。

また異性以外でも仕事と関係の無い場所での人間関係が欲しく、マッチングアプリを利用するに至ったのだ。

個人的にあまり結婚を考えていなかったため、マッチングアプリのある意味での軽さが利用の後押しになったのだろう。

自身は参加したことはないが、お見合いパーティーや婚活に来る女性は、即結婚をゴールにしているように感じられ、費用的にも重たいこともありマッチングアプリの方を選択した。

転職活動に似た心境で、自分が恋愛における市場でいまどの程度の価値があるのか?ということを確認したかったという気持ちも、当時を振り返ってみるとあっただろう。

マッチングアプリで会える方がどのような女性で、どういったタイプなのか?ということを単純に確認してみたかったという興味本位の部分もあった。

当時「Pairs(ペアーズ)」の広告でもよく見かけたのも後押しになった。

結婚の意思があるか?という具体的なプロフィールでの指定があったので、個人的には気軽に女性とマッチングすることが出来た。

年齢的に同年代のアラサー同士でマッチングすることが多かったため、相手方の女性は結婚を考えているような方が多かっただろう。

他のマッチングアプリも同様なのかもしれないが、「Pairs(ペアーズ)」では思った以上に真剣にパートナー探しをされている方が多い印象を受けた。


出会い系サイトの延長という感覚で始めたため、ネット上に自分の顔写真を晒すことに抵抗感があり、顔を隠して登録していた。

無料会員中は認証が通らず、有料会員になったら認証が通るようになり、現金なものだなーと思ったことを覚えている。

12ヶ月プランなど一括で先払いするほど、月あたりの料金が安くなるシステムになっていた。

但しそれを払っているのは男性側だけで、女性は無料との話を会った相手から聞き、個人的にその手のアンフェアさが好きになれなかったため退会した。

その状況で、初デートは男性に出して欲しい!といったプロフィール指定していたりする人と、性別関係なく付き合っていく気がしないと思いませんか?





2017年に東京都で「Pairs(ペアーズ)」を利用★★恋活アプリで彼氏・彼女をつくる!


「Pairs(ペアーズ)」で初対面の女性とやり取りやデートを繰り返すうちに、知らぬ間に人見知りを克服

     
性別男性
年齢47歳
利用地域東京都世田谷区松原
利用時期2017年頃(42歳の時)
利用者年齢層30代、40代

男性


友人と食事をしているときに「Pairs(ペアーズ)」で色々な人と会っていることや、効率良く気の合う人ができることから「Pairs(ペアーズ)」を進められたのだ。

人間関係の構築が苦手で10年ほど彼女と呼ばれる女性がいなかったが、これも何かの縁と「Pairs(ペアーズ)」に登録した。

初めて連絡をとりデートをすることになったが、初対面の人と会話することが苦手でどうしたものかと悩んだりしていた。

初めて見ると思いのほか、色々な女性に声をかけていただき食事に行ったり、水族館に出かけたり、映画を見に行ったりと緊張する暇もなくすることで、何やら人見知りが治ってしまった。

会った女性は皆、常識があり優しく聡明な方達でした。

同時に3人の方と連絡をとりながら遊ぶ約束をしたり、電話をしたり楽しくコミュニケーションをとっていると自分がモテているような錯覚を覚えることもあったのだ。

その時感じたのは積極的にコミュニケーションを取れば何かしらの反応はあるし、自分の気の合う人にも会うことができるのだといいうこと。


「Pairs(ペアーズ)」に入会し、いわゆるマッチングアプリというものに初めて触れてみたのだ。

操作は簡単で気になった人のプロフィールに飛ぶことで足跡を残すことができ、その女性のプロフィールを確認することができる。

マッチングの割合はかなり高かったと思います。

当然相手が興味を持たなければ会えないが、一応のコミュニケーションはあり、無視されることはありません。

マッチングした女性(こちらからマッチングと、相手からからマッチング)とは6人ほど会うことができました。

マッチングしてからすっぽかされることはありません。

そのことは運が良かったでしょう。

利用者の層は30代~40代が多かった印象だ。

これは自分が最初にどの年齢の人と会いたいか登録するもので、その年齢が反映された利用者層である。

「Pairs(ペアーズ)」をやってみて思ったのは、初対面の人と会話することが苦手でどうしたものかと悩んだりしていたが積極的にコミュニケーションを取れば何かしらの反応はあるし、自分の気の合う人にも会うことができるのだということでした。





2016年に東京都で「Pairs(ペアーズ)」を利用★★恋活アプリで彼氏・彼女をつくる!


普段出会えないような層の異性と、無料で出会えるのがマッチングアプリの魅力

     
性別女性
年齢35歳
利用地域東京都中野区/td>
利用時期2016~2017年頃(29~30歳の時)
利用者年齢層20代、30代、40代

女性


30歳までに結婚と出産をしたいと焦っていました。

しかし1年間付き合った彼氏に結婚は自分の事情でしないとフラれ、合コンに参加したりしたものの良い出会いに恵まれません。

合コンを主宰していた友達がどんどん結婚していったことにより、ツテも出会いの場もなくなり始めてしまったのです。

とりあえず出会いを求めてマッチングアプリをやってみようと決断しました。

どのアプリが良いかはわからなかったので、ネット検索かなにかで出てきて「Pairs(ペアーズ)」に登録した気がします。

体験談できちんと結婚した人もいたし、友達の知り合いもペアーズで付き合って結婚したと聞いたことがあったので「Pairs(ペアーズ)」に決めたのです。

「Pairs(ペアーズ)」は女性の場合無料で出来るというところが決め手でした。

ちょっと始めてみたいけどお金を払ってまでやることなのかという判断がそのときは出来なかったので、とりあえずでできたのは良かったです。

特に無料だからといって不自由を感じたことはなく、有料会員になったらこんな特典があるというのも見ましたが、なろうという考えもないまま終わりました。

「Pairs(ペアーズ)」で絶対に出逢わないような人たちに出会えたという点は良かったです。

合コンや前に流行った街コンなどだと限られた人しかいませんが、マッチングアプリだと色々な年代、地域、職種の人がいるのでこんな人たちが出会いを求めているのだなと思いました。

「Pairs(ペアーズ)」は婚活、恋活マッチングアプリとは言うものの、本当にその目的で登録しているわけではなさそうな人もいるのが実態です。


ヤり目だったのではないかという人にも出会いましたし、プロフィールにたばこは吸わないと書いてあったから会ってご飯に行ったら電子たばこを吸うという若干のプロフィール詐欺みたいなこともありました。

結局アドバイザーのような人がいるわけではなく、自分の主観でプロフィールを書くので若干齟齬がある可能性があるのでしょう。

女性が無料ということで女性側も本気じゃないような人たちがいそうな気がします。

本当に結婚がしたくて出会いを求めるなら、ある程度両方がお金を出す本気度があって書類などの提出がしっかりあるサービスを受けたほうがいいなと個人的には思います。





2015年に東京都で「Pairs(ペアーズ)」を利用★★恋活アプリで彼氏・彼女をつくる!


生活スタイルがマッチする女性と簡単に知り合うことができ、合わなければドライに別れることもできる

     
性別男性
年齢37歳
利用地域東京都/td>
利用時期2015~2017年頃(20~32歳の時)
利用者年齢層20代、30代

男性


なかなか出会いもなく、友人や知人からの紹介よりもカジュアルで出会えるなと思い行動しました。

「Pairs(ペアーズ)」はスマホで簡単にやり取りができ、多くの方とマッチングできるので楽しむことができます。

「Pairs(ペアーズ)」を登録者が多かったという点で利用しようと決めました。

特に大阪から上京したばかりでしたので、知り合いの知人なども少なく休みの日も暇をしていることが多かったのです。

興味半分と期待半分という感じでした。

特に趣味もなく趣味などでの出会いは期待できなかったため、少しでも出会いを求めたのです。

周りからマッチングアプリを利用している人の話も聞くようになっていました。

一昔前は悪いイメージもあった出会い系のアプリ。

それでもサイトも綺麗で見やすく、テレビのCMなんかも今ではやっており、近しい知人はインスタグラムから出会い付き合い結婚した方もいるそうで、SNSや出会いアプリの抵抗は少なくなっていたのです。

マッチングアプリにつぃする抵抗はありましたが、長らく出会いもなかったのでダメもとで「Pairs(ペアーズ)」をスタートします。

出会えた数は10名、お付き合いした数は3名で、嫌いな方も多くいらっしゃりました。

同時にサービス業でシフト制の私と同じような環境の方との出会いが簡単にできたのです。

アパレルのスタッフの方は女性のみで構成された職場の方が多く、出会いの場を探している方が多いイメージでした。

お付き合いした方もアパレルの方が2名と美容師の方が1名です。

年齢は同世代の方とのマッチングとなり、食事をしてお付き合いという通常の流れでした。

面識も少ないからか合わないなと感じ、すぐに連絡しなくなることに私は抵抗がなかったです。

実際に会って、写真と大きく違ったというパターンは2回ありました。

別れる際は、周りの知人などもいないことからあっさりと別れるパターンもあり、うまくいかなくなるとすぐに別れることも多いのではと感じます。

「Pairs(ペアーズ)」の操作は簡単で、毎日どのような方がいるか楽しみで、不便を感じたことはなかったです。


今は長くお付き合いしている人がいるので、「Pairs(ペアーズ)」の利用はないですが、抵抗はなくなったのでまた利用をしても良いのでしょう。





あわせて読みたい

・リアルな口コミでオススメ結婚相談所を徹底比較!結婚相談所の真のメリット
・ネット婚活最前線!!オンライン結婚相談所でリーズナブルに合理的に婚活しよう
・【東京都で婚活】マッチングアプリ「タップル(tapple)」の口コミと評判!婚活アプリを使って東京で出会う
・【東京都で婚活】マッチングアプリ「with(ウィズ)」の口コミと評判!婚活アプリ「with」を利用し東京で出会う
・【東京で婚活】マッチングアプリ「Tinder」の口コミと評判!「ティンダー」を利用し東京都で出会う
・【東京で婚活】マッチングアプリ「Omiai」の口コミと評判!婚活アプリ「Omiai」を東京で利用
・マッチングアプリ「with(ウィズ)」の口コミと評判!「with」での出会いで彼氏や彼女をつくる
・マッチングアプリ「Tinder」の口コミと評判!「Tinder」での出会いで彼氏や彼女をつくる
・マッチングアプリ「Omiai」の口コミと評判!「Omiai」での出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・マッチングアプリ「タップル(tapple)」の口コミと評判!「タップル」で彼氏や彼女をつくる
・マッチングアプリ「ゼクシィ縁結び」の口コミと評判!婚活アプリの出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・マッチングアプリ「マッチドットコム」の口コミと評判!婚活アプリの出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・マッチングアプリ「youbride(ユーブライド)」の口コミと評判!「youbride(ユーブライド)」での出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・マッチングアプリ「マリッシュ-marrish-」の口コミと評判!「マリッシュ-marrish-」での出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・マッチングアプリ「Yahoo!パートナー」の口コミと評判!「ヤフーパートナー」での出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・婚活アプリ「ブライダルネット」の口コミと評判!「ブライダルネット」での出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・リアルな口コミで検証!婚活パーティーの出会いで彼氏(彼女)をつくる方法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*