Uncategorized

彼氏や彼女へのプレゼントの真実!プレゼントは想いを伝えるメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


誕生日やクリスマスなどの記念日に必需品とも言えるのがプレゼントだ。

プレゼントに無頓着な人もいるが、特に女性はプレゼントに対して敏感である。

安価でちょっとしたものでも、喜んでくれたり、ずっと大切にしてくれる人も多い。

大切な人から大切な記念日に貰うプレゼントに対して、経済合理性では説明のつかない思いを抱くのがプレゼントの魔力なのだ。

それでもセンスの悪いプレゼントは相手を幻滅させたり、相場観を見誤ったプレゼントは相手に心理的負担を与えることもある。

特に恋人間のプレゼントは諸刃の剣だ。

プレゼントは、相手の金銭感覚や人間性を鑑みて、自らの思いを伝えるメッセージである。

同時に、お互いの距離を縮める最高のコミュニケーションツールでもあるのだ。



彼女へのプレゼント


彼女の誕生日、自分の思いを感じ取り、いつまでも大切にしてほしい

性別男性
年齢39歳
時期30歳の頃

男性


彼女の誕生日の時、買った物ではなく、もっと心がこもったプレゼントをしたいなと考えて、真心を込めた手紙をプレゼントしました。

彼女の心に私の想いを感じ取ってほしいからです。

物を買ってただ渡してしまうと、私の彼女に対するその想いが省かれるために、私にとっても彼女にとってもよくないと想い、物(商品)は渡してはいません。

手紙よりも、相手に対する愛が表れていないような感じもします。

だから私は、商品を買うよりも、むしろプレゼントには手紙や手作りのものがベストな選択ではないかなと考えているのです。

時間をたっぷりとかけて、相手の事を想い、相手の喜ぶ姿を想像して、相手にプレゼントした後も、大切に読んだり使ったりしてもらい。

そこから喜びを感じてもらったり、私自身も感じたいのです。

手紙は彼女の心にもずっとその印象が強く残るはずです。

後から読み返すのも、新鮮な気持ちがよみがえってくるでしょう。

手紙を送ったのは私が30歳の時です。

プレゼントを渡した時の相手方の反応は、嬉しさが顔全体に溢れていました。

プレゼントを渡したのはディナーを食べ終えた後です。

その時は私自身がいつ手紙を彼女に渡そうか、ちょっとソワソワしていたので、彼女は私の挙動が気になっていたようでした。

だから、プレゼントを渡す時にもっと堂々としていればよかったと反省しています。

次は自身をもってプレゼントを渡したいです。

そして次にプレゼントを渡す機会があったら、手紙と手作りのもの(セーターとか、マフラーとか、手袋とか)を渡します。

私が大切な人にプレゼントを渡す理由は、私の想いが伝わるからです。

彼女の事を考えて、ベストなものを選択して、彼女の心に私の想いを感じ取ってほしいのです。

お金を渡してしまうと、その想いが省かれるために、私にとっても彼女にとってもよくないと想い、渡してはいません。

愛が表れていないような感じもします。

だから、私は、商品を買うよりも、むしろプレゼントには手作りのものがベストな選択ではないかなと考えています。

相手の事を想い喜ぶ姿を想像して、相手にプレゼントした後も、大切に使ってもらっている喜びを感じたいのです。





競馬で当てた賞金で、彼女への初めてのクリスマスプレゼントは、ブランドの財布

性別男性
年齢43歳
プレゼント時期34歳の頃

男性


付き合い始めて3年目のクリスマス

その当時、お金がなかった私は付き合ってから一度もプレゼントを渡してませんでした。

彼女は本当にできた彼女でして、私の経済事情を知り「いらないから」と言ってくれており、私も毎年それに甘えていたのです。

クリスマス前に会社の同僚があまりにしつこく競馬の予想に自信があるので「絶対買わないと後悔する」と、何度断ってもしつこく煽ってきます。

あまりのしつこさに嫌気がさし、渋々購入することにした馬券がまさかの的中。

なけなしの800円が6万円以上になり、思わぬ臨時収入となって喜んだのですが、これは彼女にプレゼントする為に当たったのではという思いがこみ上げてきます。

彼女とのちょっとしたケンカの罪滅ぼしになればというのもあり、プレゼントの購入を決意したのです。

だが、何をあげたら喜ぶかあまり経験がないので悩みに悩んだ末、彼女のボロボロになっていた財布を目にします。

財布は人から貰った物を使うと金運アップと聞いてたので、これだと思い購入することにしたのです。

送ったのは5万円程のブランド品のピンクの財布。

渡す前にあえて「今年もプレゼントをあげれなくてごめん」みたいな感じを装っておいてサプライズで渡しました。

彼女も相当びっくりしてましたが、すぐに笑顔でありがとうと言ってくれたので、ホッとします。

中身を見てとても喜んでくれたのですが、「お金大丈夫なの」とそっちの心配が凄くて、甲斐性ない自分が情けなく、少し惨め気持ちになったのです。


そしてその財布は1年ほどで壊れましたw

ブランド品ってだけで間違いないと思ってましたが、今後は機能性や品質を調べてから買うようにします。

それが最初で最後のプレゼントですw

私は正直に言ってプレゼントに物を送るよりも、現金のほうが良いと思う派です。

それでも、その時の気持ちを思い出すとお金を渡せばありがとうで終わり、あまり喜ばれないというかサプライズ感がない気がします。

物を渡したほうがサプライズ感が出て喜ばれるような気がして、物を見るたびに長い間感謝されるし、自分もドヤれるのではないかという気持ちです。

そして結果的に壊れるまでの間、買い物をして財布を出すのを見るたびに自分を褒めたい気持ちになり渡して良かったと思っています。

今ではそんな新鮮な気持ちは薄れて、実用性を優先してお互いに欲しい物をリクエストするのが定番となりましたよw





大好きな彼女の誕生日にクマの人形をプレゼント

性別男性
年齢32歳
プレゼント時期15歳の頃

男性


私が中学3年生の15歳頃、別のクラスにいた好きな彼女の誕生日の時に、熊の人形をプレゼントしました。

当時学校では、人形をプレゼントするのがひそかに流行っていたので、それに便乗する感じでプレゼントしたのです。

私も熊が好きでしたが、彼女も熊が好きで、熊のアクセサリーや熊のキーホルダーをよく持ち歩いていたのを知っていました。

なので私は、プレゼントするなら熊関連にしようと決めていたのです。

ちなみに親以外だと、その頃の私がプレゼントしたことあるのは、彼女がはじめてでした。

その時の心境は、まだ年齢的にも若くプレゼントを彼女に渡すのはすごく恥ずかしくて、なかなか勇気のいる行動でした。

中学校卒業間近だったこともあり、卒業してしまったら、次いつ会えるかわからない状況だったので、これを機会にプレゼントしたいと思ったのです。

プレゼントを渡した時の彼女の反応は、『まさか君にプレゼントもらえるとは思っていなかったよ!』と、すごく喜んでくれました。

ただ、プレゼントの渡し方について、当時の私は気恥ずかしさもありましたが、シンプルに『プレゼントあげる』と言っただけでした。

なので、プレゼント渡した時に、もう少し自分自信の気持ちを彼女に伝えればよかったのかなと思い後悔しています。

またプレゼント選択についても、後から知ったのですが、彼女が既に同じものを持っていたのを知りました。

なので、その時の私は何か他のプレゼントでもよかったのではないかと思い後悔です。

私が、親や彼女などの大切な人にプレゼントを渡す一番の理由は、言葉だけではなく、感謝の気持ちをプレゼントしたいからです。

確かに、プレゼント代金と同じ額の金額を渡しても財産価値は一緒なのかもしれません。

しかし、ただ現金だけを渡すよりも、相手のために何をプレゼントするか考え、購入し、プレゼントするというこの行動が何よりも大事なことなのです。





寒がりな彼女のための誕生日プレゼントは「ひざ掛け」

性別男性
年齢19歳
プレゼント時期15歳の頃

男性


私は彼女の誕生日にひざ掛けをプレゼントしました。

なぜそのプレゼントを選んだのか、理由はいくつかあります。一つ目は、彼女の誕生日が冬だったということ。二つ目は、彼女が寒いのが苦手だったということ。三つ目は、そのひざ掛けのデザインが彼女にとても似合うと思ったからです。

彼女とは、付き合って半年。

彼女の誕生日は12月でとても寒い季節でした。

彼女は寒いのが苦手で、とくに授業中など脚がとても冷えて寒いと悩んでいたのです。

私は、彼女の悩みを解決してあげたいと思い、その年の彼女の誕生日に何か温かくなるものをプレゼントしようと思いました。

そこで私は、彼女に何をプレゼントするか考え色々とお店を回ります。

最初は、マフラーや手袋などがいいかと思いましたが、彼女は脚が冷えるのが悩みといっていたので、何か脚を温められるものはないかと探していた時に見つけたものがひざ掛けでした。

一番最初に見つけたひざ掛けはあまり高価なものではありませんでしたが、生地がよくそのひざ掛けのデザインが彼女によく似合うと思いプレゼントすることに決定。

その後、彼女はそのひざ掛けを使ってくれて、とても似合っており、彼女もとても温かいと言って喜んでくれたので嬉しかったです。


プレゼントを渡したとき、彼女はすごく喜んでいました。

プレゼントはきれいに包装し、学校に着いたときに渡しました。

包装したひざ掛けは結構大きかったので、まず学校までもっていくのが大変です。

大きいものをプレゼントするときは、学校ではなく個人的に家などで渡したほうがいいでしょう。

また、きれいに包装していたので、彼女がプレゼントを開封したときに包装していた紙でたくさんゴミが出ました。

きれいに包装することも大事だと思いますが、なるべくゴミを出さないためにも包装は最小限にしたほうがいいでしょう。

私が大切な人にプレゼントを渡す理由は、その人との思い出になるからです。

確かにプレゼントの代金と同じ額の金銭を渡しても財産価値は同じかもしれませんが、プレゼントという形で渡すことで、渡した側も渡された側もとても深い思い出になると考えます。

お金を渡すと、渡された側はそのお金を好きなことや物に使えるので幸せかもしれません。

しかし、お金を渡した側の思い出には強く残らないでしょう。

プレゼントという形にすることで、プレゼントを渡す側も、渡す人のことを考えてプレゼントを選ぶので、そのプレゼントを喜んでくれると渡す側もすごくうれしい気持ちになり、強く思い出に残ります。

つまり、プレゼントはその人との思い出を形に残すということなのです。





彼氏へのプレゼント


わざわざ遠出して買いに行った高価なマフラーをプレゼントし、彼を恐縮させてしまう

性別女性
年齢43歳
プレゼント時期26歳の頃

女性


私が25歳の頃、27歳の彼氏の誕生日に渡したプレゼントがポールスミスのマフラーです。

彼の誕生日は真冬なので、温かくて身につけられる物をと思って選びました。

彼がその当時使っていたマフラーは普段着に合わせて購入したカジュアルなマフラー。

それは鮮やかな色で彼にとても似合う素敵なものでしたが、通勤時のスーツ姿に合わせるには少しラフな印象がありました。

そこで普段着の時に使うマフラーとは別に、仕事の場面で使える大人っぽいマフラーを贈ろうと考えたのです。

20代なので老けた印象にならない程度の若々しさもありつつ、程よく落ち着いた雰囲気のマフラーを探そうとデパートの紳士服売り場を巡りました。

その時に目にとまったのが、焦げ茶を基調にして水色のラインが上品に入った肌触りの良いマフラーです。

柔らかくて厚みが少ないマフラーでしたのでスーツに良く合いました。

また、彼の手袋がレザーの焦げ茶色だったのでコーディネートとしてもバッチリです。


プレゼントを渡した時の彼の反応は大喜びでした。

翌日から早速、贈ったマフラーを通勤時に使用してくれたのです。

しかし、彼はとても恐縮してしまってもいました。

なぜなら私たちが住んでいたのはかなりの田舎で、デパートまで行くのにはかなりのお金と時間がかかるからです。

私は彼のことが大好きでしたのでかなりの交通費をかけて休日を使ってプレゼントを購入しに出かけたことも楽しかったのですが、受け取った彼にとっては申し訳ないという気持ちになったようです。

また、私にプレゼントを選ぶ場合にもそうしなければならないというプレッシャーになってしまったのかもしれません。

わざわざ遠方にプレゼントを選びに行ったと思わせないために、友人と遊びに行ったついでという風に嘘を付け加えて渡せばもっと良かったかなと反省しました。

プレゼントの品を身につけたり使用したりする時、それをくれた人のことを多少なりとも意識するでしょう。

お金を渡されて自分で購入した場合よりも、品物で渡された方がそれを使った時により強く相手が意識されます。

だからこそ大切な人、特に恋人や配偶者には本人が希望している物をリサーチしたうえで、お金ではなく品物で渡したいです。

形式的に贈り物を渡す相手の場合や、私個人を意識してもらう必要がない親族、または欲しいものを本音で伝えられないであろう相手には、金券などを贈って好きなものを選んでもらう方がよいのかもしれません。





彼氏の誕生日に少し高めの「おしゃれなシャンプーと歯磨き粉」をプレゼント

性別女性
年齢22歳
プレゼント時期20歳の頃

女性


2020年の3月ごろ、彼氏の誕生日に少し高めの「おしゃれなシャンプーと歯磨き粉」をプレゼントしました。

その当時は彼と付き合って一週間ほどしか経っておらず、好みもわかりません。

「何が欲しい?」と聞いても、「付き合ったばかりだからいらないよ。」と言われてしまい、どうしたらいいのか悩んでいたのです。

付き合って一週間で高価すぎるものを渡して、「重い」「申し訳ない」と思われるのも嫌だし、何もあげないのも嫌でした。

そのため、消耗品かつ自分のために買うのは「ちょっと贅沢かな?」くらいの値段のもので探したのです。

彼は、美容やおしゃれに敏感な方だったので、Instagram等で調べて「おしゃれなシャンプーと歯磨き粉」をプレゼントしました。

結果、彼は喜んでくれ、愛用してくれたのです。

また、当日は彼が好きな焼肉に行き、ご馳走しました。

付き合ってからあまり月日が経っていないカップルの方は、食事や消耗品等をプレゼントすることがお勧めです。


プレゼントを渡すと彼は喜んでくれるでしょう。

ただ、シャンプーと歯磨き粉というすごく実用的なものだったので、そこまで大喜びとかではなかったです。

でも、付き合いたての自分達にとっては丁度いいプレゼントであったと思います。

反省点を挙げるならば、もう少し良いタイミングで渡せば良かったです。

恥ずかしくて会った瞬間にサラッと渡してしまったので、今思えば変なタイミングでした。

食事の前とか後に渡せば良かったなと思います。

ただ、それ以外に他に反省していることや後悔していることはありません。

私が大切な人にプレゼントを渡す理由は、日頃の感謝の気持ちを表すためです。

現金でも財産価値は同じですが、プレゼントを渡すということは、大切な人のことを思ってプレゼントを何にするか考え、自分が選び、購入し、渡し方まで考えるという過程があります。

その過程にこそ、相手への気持ちが表れるものですし、私自身もプレゼントを貰った時、その物自体よりもその過程に嬉しくなります。

プレゼントで大切な人に思いが伝わるのは、物理的な物ではなくその過程があるからこそです。





あわせて読みたい

・リアルな口コミでオススメ結婚相談所を徹底比較!結婚相談所の真のメリット
・ネット婚活最前線!!オンライン結婚相談所でリーズナブルに合理的に婚活しよう
・リアルな口コミで検証!マッチングアプリの出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・恋に年齢は関係ない!再婚・バツイチ・晩婚の方向けのオススメマッチングアプリ★婚活アプリでもう一度ときめく
・今でも、忘れられない恋人。だから私は、彼氏(彼女)のことが忘れられない
・リアルな口コミで検証!婚活パーティーの出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・私不倫しちゃいました。リアルな体験談で見る浮気の罠とリスク
・【理想のプロポーズ】女性が経験したプロポーズ体験談。一生忘れないプロポーズの思い出
・【理想のプロポーズ】男性が経験したプロポーズ体験談。一生忘れないプロポーズの思い出
・指輪?花束?プロポーズのプレゼントは何がいい?一生忘れないプロポーズの思い出に
・恋人との喧嘩で破局の危機、喧嘩するほど仲がいいってホント?
・オススメデートスポットで決める!最適なデートプラン!
・再婚カップルの本音、再婚で再び訪れるときめき
・徹底検証!好きな人への「告白」のリアル。「告白ってホントに必要ですか?」
・辛くて、せつない「片思い」の、甘ずっばい想い出
・出来ちゃった婚の真実、リアルな体験談でわかる授かり婚(デキ婚)の真相
・なぜあなたは「結婚したいんですか?」生涯独身社会の恐怖と「いつかは結婚したい」症候群
・「フォトウエディング」で、ナシ婚でも憧れの花嫁になれる
・結婚記念日なにするの?結婚記念日の祝い方が夫婦仲を決める
・胸キュン!憧れのお姫様抱っこでトキメイタ時
・「モテる」に潜む驚愕の真実!モテる男とモテる女の特徴を徹底解明!誰もが持つ【モテたい】願望!
・遠距離恋愛ってどうなの?遠距離恋愛のリアルと秘訣!遠距離でも上手くいくカップルとダメになっるカップルの特徴を徹底解明
・【残酷な真実】イケメンだから許される!イケメンだから得をする!イケメン限定で手にできる特権的な地位
・【すべて暴露】「雰囲気イケメン」になる方法!!顔はイケメンじゃないのになぜかカッコよく見える「雰囲気イケメン」の真相に迫る
・【年の差カップル】年上彼氏、年下彼女の実態に迫る。年上の男性は好きですか?
・【失望!幻滅!】なぜか「残念なイケメン」の生態。イケメンなのにどこか残念な人の共通点
・【恋愛と駆け引き】押してダメなら引いてみろ!モテたいなら恋の駆け引き上手になろう
・出会いがない!あなたが婚活を始めたきっかけと、実際に利用したサービス
・あなたはどんな職業の異性と結婚したいですか?モテる職業とその理由を徹底調査
・【モテ期到来】もう一度「モテ期」が来たら、どんなモテ生活を楽しみたいですか?
・結婚ラッシュはいつ来るの?感動に焦りや辛さが入り混じる「結婚ラッシュ」の実態
・「一目惚れ」から始まる恋の予感。一目惚れから彼氏や彼女をつくりたい人は必見
・「女たらし」とモテる男の決定的な違い!「女たらし」に嫉妬し苛立つ男性と、「女たらし」に幻滅する女性
・【納得の理由】なぜあの人は結婚できないの?結婚したいのに「結婚できない女」と「結婚できない男」の特徴
・【愛する2人別れる2人】彼女と別れたいと思った瞬間、彼氏と別れたいと思った瞬間
・【納得】異性からのLINEを「既読スルー(既読無視)」「未読無視(未読スルー)」する心理
・【うなじフェチ必見】女性の「うなじ」はお好きですか?理想のうなじと、魅力的なうなじの見せ方
・カップルの出会いのキッカケ★馴れ初めの嘘とホント!彼氏や彼女、配偶者の馴れ初めは実は…
・聖なる夜のクリスマスデート★皆さんには忘れららないクリスマスイブの思い出はありますか?!
・【意外に悩む】デートの食事はコース料理にすべきか?アラカルトにすべきか?
・脈ありサインを見逃すな!男と女の「脈ありサイン」の特徴と「脈ありサイン」を出すのコツ
・バレンタインデートの思い出!チョコレートは誰に渡す?バレンタインチョコに秘められた真の思い


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

3 × 2 =