恋愛心理・恋愛テクニック

【胸キュンキュン】「お姫様抱っこ」されたい!憧れのお姫様抱っこの男性心理と女性心理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


人知れず密かな憧れを抱く女性も多いのが「お姫様抱っこ」

面と向かって彼氏や旦那にお願いするのも気が引けるし、ここぞというときにサプライズ的にされる「お姫様抱っこ」だからこそトキメクものです。

いくら女性の憧れだと言えども、不用意に乱発されたり、好意のない異性から不必要にされると不快感や恐怖心も伴うため注意が必要。

それでも、他人がお姫様抱っこされているのを見ると羨望の眼差しを向けてしまうから不思議なものです。



目次

「お姫様抱っこ」をする男性の心理


女性をカッコよく「お姫様抱っこ」する機会はなかなかない男性も多いでしょう。

「お姫様抱っこ」に憧れて計画的に実行する男性もいるでしょうが、例え彼女や奥さんでも計画的にやろうとしても中々できないものです。

「お姫様抱っこ」したことのある男性には、彼女とじゃれ合う中で自然に持ち上げてしまったり、何かのトラブルで咄嗟にやったという男性が多い印象です。

急にお姫様抱っこしたくなって、彼女に提案して許可をえたという男性もいます。

中には、彼女からオネダリされたり、日常的にお姫様抱っこをしているカップルもいるようです。

男性の心理としては、「お姫様抱っこ」そのものに憧れていたり、進んでやりたがっている人は多くないようです。

積極的にやりたいものではなくても、特に気のなる女性を「お姫様抱っこ」した時の高揚感はいつまでも覚えている人が多い印象。

それでも小柄な女性であっても、「お姫様抱っこ」するにはそれなりの筋力と体格がないと危険です。

やってみると分かりますが、貧弱な肉体だとマトモニ持ち上げることも困難で、間違っても落として女性にケガをさせると取り返しがつきません。

しかし、女性を軽々持ち上げてくれる逞しい姿は女性からしても頼もしく見えるでしょう。

嫌がる相手を無理やり持ち上げるのはよろしくありませんが、機会があったら「お姫様抱っこ」してみるとお互いにドキドキしちゃうかもしれません。



彼氏からの「お姫様抱っこ」でズッキュン


隙を見せれば彼氏からお姫様抱っこされて、内心嬉しい気持ちで一杯

性別女性
年齢22歳

女性


彼氏がちょくちょく私をお姫様抱っこをしてきます。

時間は不定期で、気が向いた時なのか気まぐれなのか、突然持ち上げられるのです。

最初に持ち上げられたのは相手の家で二人でゴロゴロしていた時。

いつも通り彼氏と話していたら、たまたま筋力の話になりました。

私は相手ほど筋力がなく、重いものを持ち上げられません。

なので「○○君は力持ちで凄いね」と褒めていた時に、相手が調子に乗っていきなり私を持ち上げてのがきっかけです。

それからお姫様抱っこで持ち上げられることが多くありました。

相手の家にお邪魔した時に私が玄関で靴を脱いでいる最中に持ち上げられたり、

私が洗い物をしている時、リビングでゴロゴロしている時など

相手の気が向いたら家のどこでもお姫様抱っこをしてきます。

また、寝起きに持ち上げられる時もあります。

その時は寝起きなので抵抗する気力もありませんでした。

もうされるがままの相手に身を任せ寝ぼけながらお姫様抱っこで持ち上げられています。

お姫様抱っこされた時の心境ですが、最初は驚きました。


何をされるんだろうと困惑している間に気づいたら、お姫様抱っこで持ち上げられていたので普段の彼氏からは想像が出来ず、驚きました。

その後私は焦っていました。

相手に力持ちだねと褒めていた流れで持ち上げられたので、流石に相手が力持ちでも私を持ち上げるなんて無茶しちゃいけないと思い、必死に降ろしてくれと焦りまくっていたのです。

あと単純に恥ずかしかったです。

私は今年22歳になったのですが、当然もう子供ではありません。

なのにひょいとお姫様抱っこで持ち上げられてとても恥ずかしかったです。

ああ、私もう22歳なのにこんな事されてる、、、子供じゃないのに、、、と。

多分その時の私の顔はあまりの恥ずかしさで赤くなっていたと思います。

お姫様抱っこされている間、いろんな感情で私はパニックでしたが、それらと同時に嬉しさもありました。

少なからず相手との距離が近くなっている、ふざけられるくらい仲良くなれていると実感できました。





筋トレ自慢の彼氏から軽々お姫様抱っこをされ、マンガのような世界へ入り込む

性別女性
年齢23歳

女性


去年の夏頃、休日に彼氏の家で過ごしていました。

彼氏は筋トレをしているのですが、「最近、筋肉が付いてきたよ」と言ってきて腕の筋肉を見せてきたのです。

私は「凄いね」と言い、誉めてます。

その後も、ソファで世間話をしてくつろいでいました。

くつろいでいる時に突然、彼氏に「多分お姫様抱っこ出来ると思う。してみても良い?」と言われます。

唐突だったので驚き、「何でいきなり笑」と笑ってしまいました。

「良いけど、〇〇kg(自分の体重)だけど大丈夫?怖いから絶対落とさないでね(笑)」と言い、お姫様抱っこをしてもらうことにします。

彼氏との身長差は20センチくらいです。

お姫様抱っこをしてもらった時、「重くない?腕平気?」と声をかけると、彼氏は「全然平気!軽いね?!」と言い、楽しそうな様子でした。

お姫様抱っこが出来た事が嬉しいと言っていました。家の中を少し歩いて、下ろしてもらいます。

彼氏から「筋トレにもなるし、またお姫様抱っこさせて」と言われたのです。

「お姫様抱っこをさせて」と言われた時、漫画の様な出来事が本当にあるんだなと思いました。

自分がその様な状況になるとは思いもしませんでした。(笑)

「お姫様抱っこ」をされた時の心境は、本当に出来るんだ!という感動が大きかったです。

彼氏との身長差が20センチあったので、目線が高くなって面白いなと思いました。

最初はドキドキしましたが、いざされてみると思ったよりも緊張はしなかったです。

彼氏もお姫様抱っこを初めてしたとの事で、お姫様抱っこが出来た感動が大きかった事が伝わってきたからなのかもしれません。

またお姫様抱っこはされたいです。


ただ、自分から、「お姫様抱っこして欲しい」と言うのは恥ずかしいので、中々この様な機会は訪れないのかもしれません。





彼氏からのお姫様抱っこは、意外にキュンキュンすることもなく、あっさり終わる

性別女性
年齢26歳

女性


今から6年ほど前で学生の頃、私は一人暮らしをしており、ロフト付きのアパートに住んでいました。

普段からロフトで寝ていて、ある朝起きてトイレに行こうとした際、寝ぼけていたのかロフトの階段を踏み外し、まあまあな高さから滑り落ちてしまいます。

その時片方の太ももを強打し、痛さのあまり動けなくなってしまったのです。

朝ごはんやお弁当を作ったりと、やることはあるのですが痛すぎて動けないし、湿布なども家にありません。

当時付き合っていた彼がいて、彼も近くに住んでいたので連絡をし、来てくれることになりました。

玄関を開けて入ってきた瞬間、動けない私を見て彼は大爆笑。

普段から私をおちょくるような彼で、普段通りのやり取りをしていました。

するとふっと私の前にしゃがんだので、打ったところを見せようとしたとき、私をいわゆるお姫様抱っこで抱え、ソファまで連れて行ってくれたのです。

そのあと湿布を貼り、家事もほとんどやってくれました。

これが人生初のお姫様抱っこでした。

お姫様抱っこをされたその時は、恥ずかしさと、痛さと、自分の体重の心配しか頭になかったです。

お姫様抱っこされたのはいいものの絶対重いよなとか、体重重いのがばれたとか、そんなことしか考える余裕はありません。

痛いのもあって、あまり「あ、これが噂のお姫様抱っこか!!」とはなりませんでしたし、きゅんきゅんしたり、というのもなかったです。

「意外とあっさり経験しちゃったな。」という感じでした。


後から思い返してみれば、マンガのようなシチュエーションだったのではとも思います。

普段そんな事をしないような彼でしたし、マンガやアニメのような出来事も私たちの間にはほとんどなかったので、思い出した時の方がキュンキュンです。

されたときに意外と力あるんだなとか、ちゃんと男の人なんだなっていうのを感じました。

またされたいかというと、私は自分の身体の重さの方が気になってしまうし、意外とされる側もきつい体勢だというのが分かったのでもうされなくていいかなと思ってます。





急に彼氏にお姫様抱っこされるものの、恐怖心と不安だけが脳裏に焼き付く

性別女性
年齢29歳

女性


成人した時くらいですかね、彼氏の家で布団の上で寛いでいたときに彼氏にお姫様抱っこされました。

わたしが日常的に体育座りの姿勢でいることが多く、携帯をいじっている時に急にお姫様抱っこをされます。

彼氏曰く、特に意味はなく友達が彼女をお姫様抱っこをした話をされてお姫様抱っこをしてみたくなったからやったというのです。

せめて一声をかけて欲しいです。声掛けられてたら断ってたと思いますが

わたしはこの時はまだお姫様抱っこの経験もなく、自身の体重も軽いとは思っていなかったので突発的に人に持ち上げられたのが心底怖かったです。

実際にお姫様抱っこされると体制が不安定で、その時携帯を片手に持っていたため彼氏に掴むことを咄嗟に出来ず身体に変に力が入って気が気じゃないです。

いつ落とされるかも降りれるかもわからないので、気軽に突発的にやる物ではないでしょう。

日常的に筋肉トレーニングをして鍛えてる人ならわかるのですが…

ヒョロガリが突発的にやるなって思いました。

お姫様抱っこをされてから随分経ちますが。何故男性がお姫様抱っこをしようと思うのか、未だに全く理解が出来ません。

私はお姫様抱っこが好きではないからかもしれませんが、されたいとは一切思いませんし相手に身体を任せて安心が出来ません。

身体が浮いていますしね、何がいいんでしょうか。男性もお姫様抱っこをしていて楽しいのでしょうか?

初めてされたときは当時は突発的にお姫様抱っこをされたので恐怖心がありましたが、お姫様抱っこをされたことがなく気持ちは浮つきました。

心躍るように嬉しいわけではないですし、相手の腰が心配で急に降ろされるの怖くて危険な行為なのでやめて欲しいです。

こういうことを考えない、考えつかない女の子らしい考え方の人がお姫様抱っこをされるべきなのでお姫様抱っこをする側の人はそういった見極めも大事でしょう。


あとはお姫様抱っこされてもいい身を任せても平気そうだなという筋肉がある、目で見える安心感があればいいと思います。





ホテルの部屋で突然、彼に軽々と持ち上げられ、そのままベットにダイブ

性別女性
年齢29歳

女性


27歳で永くお付き合いをして同棲もした彼とお別れをして、入れ替わるようにいま一緒に居る旦那とのお付き合いを始めたばかりの頃です。

ある出来事がきっかけで、私は彼のたくましさとピュアさを体験することになります。

彼の車でお出かけをして、美味しい中華料理を食べたあと「2人でゆっくり過ごしたいね」とどちらともなく切り出しました。

可愛らしいホテルがたくさんあるところへ来て、そのうちのひとつへ車を進めたのです。

2人でラブホテルへ行くのはその時が初めてでした。

休日の昼間で外がまだ明るく普段なら働いている時間なので不思議な気分。

なんとなしに会話が減ってきて、そしてフロントまで来ました。

「どの部屋が良い?」そう聞かれて、当時お互い金銭的に余裕があまりなかったので一番安い部屋を選択。

彼が鍵を持って部屋に到着して入室します。

荷物を置いたら彼が突然私を「お姫様抱っこ」して、その状態ですごい勢いで回り始めてその後そのままベッドに飛び込みました。

嬉しさと楽しさと、アクロバティックすぎて恐怖も入り混じった感情です。

当時の私は食の細さから少し痩せてて40キロくらいしかなかったためか、肉体労働をしている彼には私をお姫様抱っこするなんて簡単なだったのかもしれません。

あまりにも簡単に持ち上げられたのでとてもびっくりしました。

「もっとムードある感じでお姫様だっこしてほしかった。」

そう思わないでもないですが、2人で初めてのラブホテルという状態に彼のテンションが上がりに上がりきったのだと思うとなんだか嬉しかったです。

その後一緒に住み始めるようになり、飲める日は2人で晩酌をするようになり痩せ気味だった私は瞬く間に約10キロ幸せ太りをしてしまいます。

またあのアクロバティックなお姫様抱っこをして欲しいと思わないでもないですが、当時ほど軽やかにくるくる回ってくれなさそうと思うとお願いするにも微妙な心境ではあります。


彼にお姫様抱っこしてもらえるような体重をキープしておこうと思うばかりです。





人目をはばからず「お姫様抱っこ」で助けてくれるイケメン彼氏にキュンキュン

性別女性
年齢29歳

女性


今から4年ほど前の話になります。

季節は夏で当時付き合っていた彼氏と、もんじゃ焼きとお好み焼きを食べに月島に行きました。

もんじゃ焼きを食べてお好み焼き屋さんに行く時に、道路の真ん中で履いていたサンダルの紐が壊れて取れてしまったのです。

道幅も広くなく、彼は私の先を歩いています。

私はその場で動かなくなり、紐が切れた方のサンダルを脱いで立ち往生していました。

彼に伝えようにも片足で動きずらく、道の端にずれて立ち止まっていたのです。

すると、彼が私のピンチに気付き、多くの人が行きかう月島のもんじゃストリートで私を「お姫様抱っこ」。

とにかく多くの人に見られて、とてもとても恥ずかしかったです。

それでも、彼はアメリカと日本のハーフのため目立ち、行動や周囲の目は全く気にせず、壊れたサンダルを持ってくれて、とにかく颯爽と私を抱っこしてタクシーに乗せてくれました。

顔から火がでるほど恥ずかしかったのですが、タクシーから降りた後も靴屋さんに行くまでの短距離でもお姫様抱っこをしてくれたのです。

周囲の目がとても痛かったですが、彼がとてもイケメンで誇らしくもなりました。

外国の血が混ざっているからか、周囲の目を気にせずまたとてもレディファーストな人なので、女性のピンチには絶対に助けてくれる人です。

お姫様抱っこされたときは突然の予想だにしない行動で、とってもとっても驚きましたが、おんぶされるよりもお姫様抱っこされた方がお姫様の気分を味わえるので、後になって思えば嬉しかったです。


日本人の男性なら、おんぶする方が多いかもしれません。

お姫様抱っこはする方もされる方も多少慣れていないと咄嗟には動けないと思います。

人が少ない場所ならまだしも、彼の場合はどれだけ周囲に人がいても、関係なくお姫様抱っこはしてくれるでしょう。

「お姫様抱っこ」された私の当時の心境としては、恥ずかしいという思いもありましたが、それ以上に彼に対しての胸のキュンキュンとドキドキが止まりませんでした。

内心は私の彼氏は颯爽と私を助けてお姫様抱っこしてくれる様な素敵な彼氏なんだと周囲に見せつけられるのが快感でもあります。





身長149cmで体重48キロの自分をお姫様抱っこして、ギックリ腰で救急車で運ばれる彼

性別女性
年齢37歳

女性


あれは私が18歳のころ、初めてできた同い年の彼氏が「俺、力強いんだぜ」と言うので夢だったお姫様抱っこをお願いします。

彼は心よく応じてくれました

ところが、彼の予想を上回り意外と私は重かったようで、彼は持ち上げられないどころか18歳という若さだというのにギックリ腰を起こしてしまいます。

彼はその場でうつぶせに倒れこみ救急車を呼びました。

その日の晩、重いと言われギックリ腰まで起こされた私の体重は48kgでした。身長は149cm。「48kgは重いのか…」と18歳の少女にはショックな出来事でした。

それから10年後、東京で8歳年上の男性とお付き合いをします。

彼は配管工の仕事をしており、重さ約120kgの資材を持ち上げて階段を上がることが出来るほどの力持ちでした。

それはそれは、自他共に認める本物の力持ちでしたので、10年前の屈辱を果たすべく再びお姫様抱っこを、彼にお願いしてみたのです。

彼もまたこころよく応じてくれてました。

しかし彼からは「持ち上げられないことは無いけど、思ったより重いね」と言われベッドに投げられました。」当時の私の体重は50kgです。

18歳の初めてのお姫様抱っこの時は、ただただ、彼の腰を心配したことと反省の念にかられました。

救急車を呼ぶ際状況説明をする時「なんて自分は愚かなのだ。お姫様抱っこで彼は腰を痛めたなどと屈辱だ」と思い恥ずかしい気持ちを抑えたのです。

救急車に乗せられていく彼の顔を見れませんでした。

ですが家に帰ったあと体重を計ると、いわゆる健康な体重であると知ったとき「彼は本当に力持ちなのか?」と疑念を抱くようになります。

10年後の東京の彼の「持ち上げられない事もないけど、思ったより重いね」はショックというより、「コイツはなんてデリカシーがないんだ」と思いました。

持ち上げられるならそれでいいじゃないか


「思ったより重い」などという、いらない感想をよこすな。君の想定など関係ない。

この一連の男性による「俺、力持ちだからお姫様抱っこできるぜ」は単に力持ちを自慢したいものなのでしょうが…

持ち上げる前に、覚悟をきめて持ち上げることをお勧めしたいです。

女の子は軽いなどと思って持ち上げると、かえって君が恥をかくよ?と言いたいです

女の子は物ではありません。不要な感想はいりません。持ち上げといて「重い」と言われるとショックなので…

お姫様抱っこは今後一切されたくありません。





体格が貧弱で精神的に余裕のない男性に無理してお姫様抱っこされるとドン引き

性別女性
年齢38歳

女性


年上男性にお姫様抱っこをされた。彼氏は数十歳年上の異性でした。

初めて温泉旅館へと遊びに行った日のこと。同じ部屋に宿泊することになり、宿に到着後に中居さんが席を外した後に急に気分が盛り上がったらしく、お姫様抱っこをしようとしたのです。

正直、彼氏は随分と年齢が上ということもあり、体力的にはあたしを持ち上げる力はないのですが、それでも彼はなんとかしようと試行錯誤。そういうところが、すごく面白かったです。

一方で女性のあたしは冷静ですから、いつもは真面目な彼が盛り上がっていることに戸惑いを隠せません。

えっ?えっ?という風に嫌がっていたという…。どうして、いきなり盛り上がったのだろう?もしかしたら、今夜のことを期待してのことかも。と変に憶測したりしました。

結局は私の方が体力があるので、彼には無理気味で、完全に抱き上げてもらうまでは行かず。

150cm代、42kg程度の体を軽々と持ち上げるような男性は日本人には少なそうです。

本当に相手のことが好きであればお姫様抱っこも嬉しいでしょう。

でも素性の知らない一晩だけ恋に落ちた相手や、恋に恋した盲目的な恋の相手にだけ、お姫様抱っこには恋できるのです。

若年層の恋も肉体的にまだ逞しいために、お姫様抱っこを求める気持ちにもなります。

リアルな男性にお姫様抱っこを求めることができるか?というと、それは無理そうです。

絶対に腰を痛めたり、女性に抱っこして欲しいというメンタルの人が多いでしょう。

リアルでは男性の精神では分不相応であるように女性が見透かしてしまうので、現実では白けてしまいます。無理して抱っこされても嬉しくないものです。

まだ日本人男性に似合わないお姫様抱っこは、外国人男性に憧れます。

例えばイタリア人男性からのお姫様抱っこは一度体験してみたいです。


イタリア人はノリも違うし、筋肉や体の大きさにも断然差があります。無理していない、余裕の男性にこそ女性は憧れるものです。そこに、恋人関係の有無は関係しないのです。





花火大会で、初めてできた彼氏に「お姫様抱っこ」されるも、恥ずかしさが勝る

性別女性
年齢38歳

女性


夏休みに花火大会に行き、ものすごい人だったので前に進むのも一苦労な状態。

こうなることは想像していたので浴衣は着ずにブラウスとロングスカートで行ったのです。

それでも、人の多さと屋台に並ぶ人で道がふさがれてしまい、ブロック塀を乗り越えて向こう側の広場にいくことになってしまいます。

どんどん前の人が乗り越え、自分が塀を乗り越える番になったとき、スカートが塀の角に引っかかってしまったのです。

その時です。

当時の彼から「お姫様抱っこ」をされて、引っかかった塀から降ろしてくれました。

気恥ずかしくもありましたが、次々に人が上ってくるのでそんなことも言っていられず、すぐに歩き出したのを覚えています。

周りにはヒョイっと軽々上って行く人がいたり、塀の高さに諦めて群集に戻る人もいたり、上ったはいいけど下りられない人もいたり様々でした。

花火を見に来てまさかこんな運動が待っているとは予想外でしたが、最後にはきれいで大きな花火が見られてとても良かったです。

はじめて「お姫様抱っこ」された時は、気恥ずかしい気持ちです。

まだ学生でしたし、はじめてお付き合いをした人だったので、どうしてよいか分からず動揺してしまいました。

断ったら悪いなとか、でも恥ずかしいからやめてほしいという葛藤が、自分の中にあったのです。

それでも周りをみると浴衣の人たちの方がもっと不便そうにしていたので、まだ自分は楽なほうだと思い直し、受け入れました。

私はあまりこういう「お姫様だっこ」なるものは好きではありません。あまりされたくないと感じます。

お相手は気を遣ってくれての事なので申し訳ないのですが、嬉しくないですし恥ずかしいです。

日本人だから慣れてないだけかもしれませんが、少し気が引けます。

こういうことが素直に「嬉しい!」「女の子扱いされてる!」と感じる心を持ちたいものです。


性格によってどう感じるかは大きく違うと思いますが、わたしは残念ながらあまり歓迎できない性格。

でも、若い頃の話なので現在はとても良い思い出です。





同級生からの「お姫様抱っこ」でズッキュン


「お姫様抱っこ」で保健室まで運んでくれた同級生と付き合うことに

性別女性
年齢25歳

女性


中学生の頃、体調が悪く倒れてしまった私をクラスメイトの男子がお姫様抱っこで保健室まで連れて行ってくれました。

その時は意識が朦朧としていてあまり記憶はないのですが、友人から詳細を聞きます。

私が椅子から倒れ落ちた時は周りの友人が声をかけてくれたそうですが、私もまともな返事もできずにいて、慌ただしい雰囲気だけ何となく感じ取っていたのです。

その時に、クラスの中でも体格のいい男子生徒である友人が私をそのまま抱き上げて、保健室まで連れて行ってくれたそうです。

彼は文句の一つも言わず、私の体調を気遣ってゆっくり運んでくれたそうでした。

貧血で倒れた私はその話を友人に聞いて物凄く恥ずかしくなりましたし、その男子生徒とは目を合わせられずにいました。

ですが、やはりお礼を言わなくては、と3日後くらいに菓子折りを持ってお礼に行きます。

その数ヶ月後、彼が私に告白をしてくれて、私は了承し、恋人となりました。


当時お姫様抱っこをされた時は体調が悪く、意識が朦朧としていたので、正直された際はあまり記憶がなく、覚えていません。

その後詳細に話を聞いて顔から火が出るほど恥ずかしくなりました。

中学生という思春期の真っ只中でしたし、男女でそのような行為をしただけでクラスから好奇の目に晒されることになったので、数日は恥ずかしすぎて穴があったら入りたいと思っていたのです。

でもその後、彼とは付き合うことになりましたし、中々無い経験をさせてもらったので役得だったかな、とも思います。

その後、彼と付き合っている間に何度か「お姫様抱っこ」をして貰いましたが、やっぱり体格のいい男性の胸板に寄りかかれるのはいいなあと思います。

人と身体を触れ合わせることは元々好きだったのでされたらやっぱり嬉しいですし、またお姫様抱っこされてみたいです。

今でもお姫様抱っこや肉厚な包容感が忘れられず、好きな男性の好みは体格のいい方です。





大学の先輩からの「お姫様抱っこ」でズッキュン


学生時代に毎週開催されていたの飲み会で、憧れの先輩にお姫様抱っこされる

性別女性
年齢32歳

女性


学生の時にふたつ上の先輩に、飲み会の席でお姫様抱っこされました。

先輩は誰にでも愛想が良く友達が多いタイプです。

私の学年でもかっこいいと評判がよく、女の子で先輩を好きな人も多かったです。

サークルでは月に一度は飲み会が開かれていました。

席は適当に決めたり、はじめだけはくじ引きだったりします。

その日はくじ引きで席を決める日で、早めに行った私は先に座って一人でテーブルで待っていました。

少しずつ人が増えてきて、今回はあんまり仲の良い人いないなぁ…先輩ばっかりだ…と思いあまり続かない会話に気まずい思いをしていたのです。

そんななか話題の先輩が登場。突然場の空気が和やかになり、話しにくかった先輩とも打ち解けられました。

そこまではよかったのですが、遅れてきた人に女好きな人がいて、王様ゲームの真似事をはじめてしまったのです。

先輩も私の不安な気持ちを汲んでくれたのか早くやめさせようとしてくれたのですが、その人がどうしてもというのでもう一度だけ王様ゲームをすることになります。

そこでの王様の指示によって私は先輩にお姫様抱っこされました。

まさか大人数でいる飲み会で、しかも気になっていた先輩にお姫様抱っこされるなんて思っていなかったので正直よく覚えていません。

でも人生で初めてのお姫様抱っこだったので、先輩の体温や顔の近さにドキドキしました。

先輩はというと小さい声で、「ごめん、嫌?」と私の様子を伺ってくれたのです。


私が恥ずかしさのあまり首横に振って答えると、「よかった、引かれたかと思った。」と笑ってくれました。

飲み会の席で私たちだけが突然立ち上がりお姫様抱っこされたので、当然まわりは意味がわからず大騒ぎです。

先輩を好きな女の子もたくさんいたので、悲鳴みたいなものも聞こえて、泣いている子もいました。

諸悪の根源について先輩が説明してくれなんとか場はおさまったのですが、先輩も場の空気を壊さないためにお姫様抱っこしながらみんなにドヤ顔をしてみせてくれたりと気を遣ってくれてたのです。

私はというと視線が痛くてすぐに降りたい気持ちが勝っていました。今もまたされたいか?ときかれたら人目がないところでなら!とこたえます。





旦那からの「お姫様抱っこ」でズッキュン


新婚の頃、旦那からの毎晩の「お姫様抱っこ」、今では夢物語みたい

性別女性
年齢49歳

女性


結婚してまだ浅い頃、「御姫様抱っこ」をよくしてもらっていました。

当時は当たり前みたいな感じで、いつも同じく私が就寝時間に床の上で寝っ転がって転寝しているのを見て、主人が「ベットの上で寝なさい」といってベットの上まで運んで布団をかけてくれるのです。

主人は「やれやれ」といつも面倒くさそうにしながらも、中々喜んでもくれているようにも見えました。

そして私の方は、眠くて意識が薄いようでいて実は毎回しっかりと意識はあります。

私は主人に甘えたかったから「御姫様抱っこ」をよく仕組んでいたのです。

床の上で転寝しているふりして、「御姫様抱っこ」がやって来るのを待っていました。

ちょっとした「眠り姫」とでもいうべきでしょうか。


私は末っ子、主人は長男育ちです。

ですから私は甘えん坊で、主人は面倒見がいいという関係図だから夫婦としてもコンナ兄妹みたいな関係になれたのでしょう。

「嬉しいな」って思って私は喜んで「御姫様抱っこ」で夜はベットへ運んでもらう事を楽しんでいました。

ですがいつの間にかこの習慣はなくなり、今では「御姫様抱っこ」なんて夢物語みたいですね。

いつも「寝ぼけている」振りしながらも、主人に甘えられる喜びで一杯。

当時はこんな甘い夫婦関係がいつまでも続くと信じてもいたのです。

でも「御姫様抱っこ」は今振り返れば10回もしてもらったかも定かではありません。

主人は飽きっぽい所があるので、突如やめてしまい、私は恥ずかしいからとかプライドの高さで「御姫様抱っこして」なんて直談判も出来ません。

そのまま二人の間の「御姫様抱っこ」は習慣化せず消えて行ったのでしょう。

今私たち夫婦は結婚して30年は軽く経ちますが、私はプライドでも何でもなく主人に「御姫様抱っこ」はお願いなんてできません。

主人は歳と共に腰を悪くしてしまい、今では腰をなるべき無理させないように過ごしています。

そんな主人の体を思うと、冗談でも「御姫様抱っこ」をお願いなんてできません。

歳と共に男性も腰は弱るのは必然でしょうから、お若い皆さんで希望の方は是非お若いうちに愛しのダーリンと「御姫様抱っこ」日常化の習慣をつけた方イイと思います。





彼女への「お姫様抱っこ」


プロポーズのために予約したクルーズディナーで、妻からお姫様抱っこのオネダリ

性別男性
年齢30歳

男性


私と今の妻が付き合っていた頃の話です。

当時結婚を考えていましたが、2年間の遠距離恋愛をしておりタイミングを見計らっておりました。

そんなある時、私の誕生日に彼女が会いにくるというので、クルーズディナーを予約したのです。

今振り返ると誕生日を祝われるはずの私でしたが、何故かその時は私がプロポーズする気になり、個室でのプロポーズ計画を立てました。

計画と言ってもクルーズに乗りながら個室の中で食事をして、プロポーズするというだけの計画です。

そして当日。晴天の中、クルーズは出発し、食事も開始しました。

すごく良いムードで進み、いよいよという時です。私がプロポーズし、成功。

そして、仕込んでおいた店員さんから花をもらい、彼女にプレゼントしました。

それは喜んでくれ、店員さんから写真を撮ろうと提案されます。

その時に妻から言われたのが、お姫様抱っこをしてほしいということでした。

どうやら以前からの夢だったとのこと。その時は何とかして抱っこしましたが、かなりきつかったのを覚えています。笑

単純に力がなくて、とてもきつかったという思い出がありますが、すごく幸福感に包まれたという思い出です。

エピソード的にもそもそもが幸せな状況だったこともありますが、やはり女性は嬉しいのでしょう。

もう10年近く経ちますが、今でも妻はこの時の状況を鮮明に覚えているようで、その話をよくしてきます。

もう一度、あの時と同じように妻をお姫様抱っこできるシュチュエーションがあればしたいです。


おそらくそのシチュエーションは妻に感謝する場面、例えば結婚記念日などがそのようなシチュエーションになるでしょう。

やはり特別な場面にしかこのお姫様抱っこはしてはいけないと思っており、あまりしすぎても実際にその場面になった時に効果が薄れるような気もします。

特別なシチュエーションだからこそ、その行為が効果的になるのです。

なので、またしたいとは思いますが、できれば予期せぬタイミングで、相手が絶対にわからないタイミングを見計らいたいと思います。





彼女が予約してくれた夜景の見えるホテルで、シャワールームから出てきた彼女にお姫様だっこのおねだり

性別男性
年齢35歳

男性


20代の頃お付き合いしていた旅行代理店で勤めていた彼女がいました。

交際から半年経過した頃、次の長期休暇には私を某ネズミで有名なテーマパークに連れて行ってくれる言うのです。

若かったこともあり、2人とも遊ぶ体力はあったがお金はありません。

そこで夜行バスを利用して遠路はるばる旅することになります。

私は気合を入れてヘアスタイルをガチガチに仕上げていたのですが、バスの背もたれに何時間も頭をつけてしまうとテーマパークに到着した頃には崩れ切ってしまいます。

そこで私は一睡もせず、頭はシートから浮かせたまま耐え忍び、ご満悦の彼女と手を繋ぎながら半日以上テーマパークを練り歩きました。

いくら若いとはいえ、はっきり言って肉体的には限界を迎えてホテルにチェックインします。

しかし、彼女が予約してくれたホテルから眺める夜景は大変美しいものでした。

シャワールームから出てきた彼女と目が合うと、はにかんだ表情で「抱っこしてベッドまで連れてって」と、、、

私は服の上からでもわかるほどの痩せ男で、彼女はやや丸顔でお腹の下の方がぽってりした肉付きの方でした。

正直、持ち上げる力に関してはまるで自信がありません。

彼女なりにかわいいおねだりをしたつもりが、誰も幸せにならない結果になってしまっては目も当てられません。

「じゃあ、首に掴まってね」と言い、スマートに彼女の背中と膝裏に腕を回しました。


以前、自衛隊の方がこんなことを言っていました。「意識不明の人間を運搬するのに比べたら、意識がある人間は掴まってくれるだけ楽なもんだ」

その言葉だけで自分を鼓舞しながら力いっぱい彼女を持ち上げたのですが、問題はその後でした。

彼女からの要望は「ベッドまで連れていって」というものです。

誰がどう見ても私の太ももは震えており、その振動は明らかに彼女に伝わっていましたが、スマートな笑顔でプルプルしながら割れ物を扱っているような速度で彼女を1m先のベッドの上まで運びました。

今思えば彼女の方が体重はあったと思うので、逆にお姫様抱っこしてもらってもよかったと思います。





面識のない女性を「お姫様抱っこ」


満員のコンサート会場で体調を崩した女性を、お姫様抱っこで救助するホッコリする仕事

性別男性
年齢50歳

男性


コンサートの仕事をしている時、全員スタンディングでしたので、お客さんも密集してギューギュー詰めの中、コンサートは始まったのです。

そのコンサートは会場内がものすごく盛り上がるコンサートなので、気持ち悪くなる女性が出てきます。

私は柵の外側にいて気持ち悪くなった方のところに警備員が行って、柵のところまできたら警備員が持ち上げて柵の外に出された女性を私がお姫様だっこして抱え出すのです。

私はそんなにいないと思っていたら、私が覚えている限り1コンサートで12人お姫様だっこした記憶があります。

女性によって軽い人もいれば重い女性もいたのです。

お姫様だっこした女性を救護室まで一緒に連れて行き、まずは水を飲ませます。

会場内に救護室はありましたので、少し休んだら外の空気を吸いに行ってみるといいですよと言ってあげたのです。

それから再度会場内に戻ることもできますので、体調が回復してからコンサートを見ることができますと言って、指定の場所に戻っていきます。

私は背も高くがっしりしていましたので、その役になったのでしょう。

コンサート会場でお姫様だっこするとは、正直思ってなかったです。

大抵はパンツスタイルで来られていたので、どのようなコンサートなのかわかっていたのかと思います。

中にはスカートで来られていた方がいましたので、周りの配慮をしてスカートがめくれないように抱きかかえたのです。

私が警備員から引き継いで女性をお姫様だっこした時に、一人の女性が首に手をまわしてきた時にはドキッとします。

でも、12人もの女性の肌に触れることができました。

このコンサートで仕事をしていなければ女性を抱きかかえることもなかったので、顔には出さなかったけどとてもハッピーな気分です。

運び出してその場で下すと倒れたときに大変なので、座れるところが近くにありましたのでそこまで、お姫様だっこしてあげます。

女性は香水をつけている方も多いですが、このコンサートでは男女が入りみだってましたので、香水の匂いがまぎることで、気持ち悪くなる原因となっていたかもしれないです。

正直な話、頭の中ではお姫様だっこしたままキスをしたいと思っていたのです。実際はそんなことをしたら首になってしまうと思い我慢していました。





あわせて読みたい

・リアルな口コミでオススメ結婚相談所を徹底比較!結婚相談所の真のメリット
・ネット婚活最前線!!オンライン結婚相談所でリーズナブルに合理的に婚活しよう
・リアルな口コミで検証!マッチングアプリの出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・恋に年齢は関係ない!再婚・バツイチ・晩婚の方向けのオススメマッチングアプリ★婚活アプリでもう一度ときめく
・今でも、忘れられない恋人。だから私は、彼氏(彼女)のことが忘れられない
・リアルな口コミで検証!婚活パーティーの出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・私不倫しちゃいました。リアルな体験談で見る浮気の罠とリスク
・【理想のプロポーズ】女性が経験したプロポーズ体験談。一生忘れないプロポーズの思い出
・【理想のプロポーズ】男性が経験したプロポーズ体験談。一生忘れないプロポーズの思い出
・指輪?花束?プロポーズのプレゼントは何がいい?一生忘れないプロポーズの思い出に
・恋人との喧嘩で破局の危機、喧嘩するほど仲がいいってホント?
・オススメデートスポットで決める!最適なデートプラン!
・再婚カップルの本音、再婚で再び訪れるときめき
・徹底検証!好きな人への「告白」のリアル。「告白ってホントに必要ですか?」
・辛くて、せつない「片思い」の、甘ずっばい想い出
・出来ちゃった婚の真実、リアルな体験談でわかる授かり婚(デキ婚)の真相
・なぜあなたは「結婚したいんですか?」生涯独身社会の恐怖と「いつかは結婚したい」症候群
・「フォトウエディング」で、ナシ婚でも憧れの花嫁になれる
・結婚記念日なにするの?結婚記念日の祝い方が夫婦仲を決める
・胸キュン!憧れのお姫様抱っこでトキメイタ時
・「モテる」に潜む驚愕の真実!モテる男とモテる女の特徴を徹底解明!誰もが持つ【モテたい】願望!
・遠距離恋愛ってどうなの?遠距離恋愛のリアルと秘訣!遠距離でも上手くいくカップルとダメになっるカップルの特徴を徹底解明
・彼氏や彼女へのプレゼントの真実!プレゼントは想いを伝えるメッセージ
・【残酷な真実】イケメンだから許される!イケメンだから得をする!イケメン限定で手にできる特権的な地位
・【すべて暴露】「雰囲気イケメン」になる方法!!顔はイケメンじゃないのになぜかカッコよく見える「雰囲気イケメン」の真相に迫る
・【年の差カップル】年上彼氏、年下彼女の実態に迫る。年上の男性は好きですか?
・【失望!幻滅!】なぜか「残念なイケメン」の生態。イケメンなのにどこか残念な人の共通点
・【恋愛と駆け引き】押してダメなら引いてみろ!モテたいなら恋の駆け引き上手になろう
・出会いがない!あなたが婚活を始めたきっかけと、実際に利用したサービス
・あなたはどんな職業の異性と結婚したいですか?モテる職業とその理由を徹底調査
・【モテ期到来】もう一度「モテ期」が来たら、どんなモテ生活を楽しみたいですか?
・結婚ラッシュはいつ来るの?感動に焦りや辛さが入り混じる「結婚ラッシュ」の実態
・「一目惚れ」から始まる恋の予感。一目惚れから彼氏や彼女をつくりたい人は必見
・「女たらし」とモテる男の決定的な違い!「女たらし」に嫉妬し苛立つ男性と、「女たらし」に幻滅する女性
・【納得の理由】なぜあの人は結婚できないの?結婚したいのに「結婚できない女」と「結婚できない男」の特徴
・【愛する2人別れる2人】彼女と別れたいと思った瞬間、彼氏と別れたいと思った瞬間
・【納得】異性からのLINEを「既読スルー(既読無視)」「未読無視(未読スルー)」する心理
・【うなじフェチ必見】女性の「うなじ」はお好きですか?理想のうなじと、魅力的なうなじの見せ方
・カップルの出会いのキッカケ★馴れ初めの嘘とホント!彼氏や彼女、配偶者の馴れ初めは実は…
・ビッチな女性は好きですか?尻軽女の魅力と見分け方★尻軽で男たらしな女性って実際どうなの?!
・聖なる夜のクリスマスデート★皆さんには忘れららないクリスマスイブの思い出はありますか?!
・【意外に悩む】デートの食事はコース料理にすべきか?アラカルトにすべきか?
・脈ありサインを見逃すな!男と女の「脈ありサイン」の特徴と「脈ありサイン」を出すのコツ
・バレンタインデートの思い出!チョコレートは誰に渡す?バレンタインチョコに秘められた真の思い
・【筋肉フェチ女子】筋肉好き女子が語る!筋肉のある男性がモテる理由!筋トレでもモテ男に変身


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

twelve + seventeen =