デート

【意外に悩む】デートの食事はコース料理にすべきか?アラカルトにすべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


異性とのデートで食事をするとき、コース料理にするかアラカルトにするか迷われた経験をお持ちの方は多いでしょう。

あらかじめ決められたメニューと順番で料理が提供される「コース」にするか、二人で相談してメニューを決める「アラカルト」で注文するか

たかが料理の注文方法ですが、コースかアラカルトかで食事の雰囲気が大きく変わることも珍しくありません。

出会って間もないカップルが「アラカルト」にすると注文で手間取ってしまい雰囲気を悪くすることもあります。

「コース」料理では、メニュー選択や注文に気を使わなくていい反面、変に気合を入れて張り切っているような印象を持たれてしまうこもあるでしょう。

またコース料理で苦手な料理が強制的に出てくると、相手に余計なプレッシャーを与えてしまいかねません。

2人でメニューを選ぶことが楽しみの一つだという意見もあります。

意外に迷うことも多いデートの食事でのコースかアラカルトの選択について、考察しましょう。



デートは「アラカルト」がベストだと考える男性


例外もあるものの女性との食事は基本的に「アラカルト」がベスト

性別男性
年齢42歳

男性


30代の頃に付き合っていた彼女とホテルのディナーに行きました。

付き合いだして一年の記念日だったので、奮発してコース料理を頼みます。

内容がホテルのレストランのお任せで、フレンチだったと記憶しています。

コース料理は当然ですが、食前酒から前菜、スープ、メインの肉料理にデザートといった感じで料理事に運ばれてくるわけですが、これがつらかったのです。

それまでにもコース料理は食べたことはありましたが、そのレストランの料理は一つ一つのボリュームがすごくて、メインにたどり着く前にお腹がいっぱいになってしまいます。

彼女も同様で、二人して必死に料理を片付けていく思いで食したのです。

コースだと当然細かな料理の内容も分からず、苦手なものも食べることになります。

せっかくの記念日でしたが、あまり楽しい思い出にはなりません。

あくまでも個人的な感想ですが、やはり自分の好きなものを好きなだけ食べるのが一番です。

彼女にも楽しい思いをさせてあげられず悲しかったです。

異性との食事では、あまり「コース」にすることはありません。

極力自分で選べる「アラカルト」にするようにしています。

もちろんその異性がどういう関係性かにもよるでしょう。

まず自分自身が少食なのです。

年齢を重ねていくにつれて、より食が細くなってきたように感じます。

そこに「コース」料理はつらいものがあります。

好き嫌いはそれほどありません。

それでも苦手で食べたくないものもあるので、やはり「アラカルト」にして気分良く食事は楽しみたいところです。

ただその異性との関係性にもよると書いた通り、例外はあります。


一例としては、相手の女性が若くてこちらに下心などがある場合には、相手を驚かすというか落とすために「コース」を使う場合もあります。

若くて経験の浅い女性に対しては、それほど高級ではないお店であっても「コース」を選ぶことで、特別感を演出できるのです。

あくまでも、若くてあまりものを知らない女性に限ります。

もう一つの例外は、人妻さんにもこの「コース」作戦は使えるでしょう。

生活に追われて、女性を忘れかけている人妻さんや熟女さんは、お姫様気分を味合わせてあげると、意外にコロッといってくれたりします。

なので、多少の使い分けはします。





デートは「コース料理」」がベストだと考える男性


初デートでアラカルトにすると優柔不断で頼りない男だと思われてしまう

性別男性
年齢40歳

男性


初デートやまだ付き合う前の女性とのデートなど、そこでの振る舞い次第で今後の展開が左右されるようなデートでは絶対コースで注文してしまった方が安全です。

婚活サイトでマッチングした女性と初デートをしたときのことですが、ちょっと奮発してイタリアンのお店に行きました。

高級なお店には慣れているキャラ設定でアラカルト注文をしたのですが、相手の好みもわからないし、出てくる料理の量も、味付けもぶっちゃけよくわかりません。

「肉は好き?」「まだお腹空いてるよね?」と女の子に細かく気を遣いながら店員に「これはすぐ来ますか?」「量はどれくらいですか?」と細かく聞きながら注文していたのです。

その結果、優柔不断で気が小さい人という第一印象を持たれてしまったようでした。

その時はたまたま次回水族館に行く話題で意気投合したので、そのまま振られずに済みます。

そのおかげで後日、「初対面の時はちょっと残念な印象だった。」と笑い話になっただけで済みました。

悩んだり気を遣う姿で優柔不断と思われないためにも初回デートはコースをおすすめします。

相手の女性の好みを知っている、その店で前に他の女性とデートしていてが勝手わかっているなどの条件ならアラカルトが良いでしょう。

初デートなど失敗したくないデートならコースという基準で決定するべきです。


初対面でアラカルトだとどうしてもこっちから質問攻めにしたり、二者択一で悩む姿を見せたり、店員に助けてもらってる姿を見せたりマイナス要素が多くなります。

『自分で決められない頼りない男、優柔不断、店員に頼る卑屈な男』のレッテルを貼られたらたまったものではありません。

デートの主目的は会話でお互いのフィーリングや共通点を確かめることなのです。

料理の選択、注文するタイミングなどで失敗するリスクをわざわざ自分で負うのはいい作戦ではありません。

コースで注文してしまえば料理のことは店に任せてしまうことができます。

その上でデート相手の女性の反応に集中する方が絶対いいです。

コース料理にして、量が足りない、美味しいからもっと食べたい料理があるときに追加注文するスタイルのほうが自分の株を上げるチャンスも生まれます。





アラカルトで注文するときの気まずさや間合いを考慮すれば、デートではコースが無難

性別男性
年齢50歳

男性


やはりアラカルトを選択すると、注文するのに時間がとられたり、自分の好みと相手の好みが違うとギクシャクしたり、残ったりして非常に気まずくなったことが過去にあった。

頼んで中々こないことがあった時は、お店が大丈夫的な空気になってしまうだろう。

待たされた分だけおいしければ問題ないが、比較的そういうケースは少ない。

基本的にアラカルトの時は注文漏れだったり、なかなか来ないときもあるので、まとめて頼むことになるだろう。

まとめて頼むのに相手が比較的遠慮がちに頼むと非常に気まずくなるのだ。

こちらが気を利かして頼むと、趣味が合えばいいがそれが外れると非常に険悪な雰囲気となってしまう。

アラカルトで食事に行くときは、かなりの情報を相手に対して調べておくのがベターだ。

それがないと非常に失敗するリスクも高いだろう。


異性との関係性も大事である。

非常に親しい間柄だと気軽になにも考えずにフリーな感覚でいけばいいと思うが、初対面または相手を知らないと事前準備が必要と感じる。

とにかく相手の求めるものを事前にリサーチしておくことが非常に大事になるだろう。

まず相手が何を食べたいかまたは何が好きなのか、そこをあらゆる手段を使い事前にリサーチしておくことが非常に大事になってくるのだろう。

その情報を頼りにコースにするかアラカルトにするかを判断する。

ただ自分の場合は異性と食事するときは、おおむね時間があればコースを選択するようにしている。

コースの方が相手とじっくりと話ができる時間が持て、今までの経験から女性側の受けがわりとコースの方が良い気がするからだ。

前提条件として時間がなかったり、手軽に行ける感覚、雰囲気の時はアラカルトも十分に考えしまう。

アラカルトがいいのは好き嫌いの激しい異性の時は好みに比較的に合わせやすい。

どうしても食べられるものと食べられないものがはっきりしている異性についてはアラカルトを選ぶといいだろう。





デートは「アラカルト」がベストだと考える女性


行きつけのお店で気心知れた仲での会食以外は、コースでなくてアラカルトにするべき

性別女性
年齢54歳

女性


婚活でつきあっていた男性と夕食を料亭でしました。

お店とメニューは私がセッティングします。

高級な料亭は単品で注文するのが慣れておらず、金額が決まっている方が安心なため、コースを予約したのです。

料理の内容はあらかじめ分かっているので、全く心配していなかったのですが、実際はこれはちょっと変と思う味付のメニューが少し混じっていました。

いわゆる一般的でない創作系のしゃれた料理で、相手の男性は苦手だったのか残してしまいます。

全体の金額も品数に対してお得ではあるものの、やはりその場でお互いの好みの料理を注文したり、シェアするべきだったかなと思います。

料理の素材はよかったので、フランクに話し合いながらメニューを選ぶほうが、相手の男性とのコミュニケーションにつながったのではないかと後悔しました。

まだつきあいが浅い男性なので、好き嫌いも分からなく、コースからその料理を除外することもできません。

コース選択するべきではありませんでした。

コースにする方がいいときは、行きつけのお店で信頼性があり、しかもコースを頼んだ実績があり、満足度が高かった場合、そして気心の知れた者同士で利用する場合に限ります。


口コミをじっくり参考にするのもよいですが、最終的には自分の好みに合っていなくては何にもなりません。

コースの内容自体はお店自慢のものが多く、よい料理と思われますが、それと満足度は全く別と考えるべきです。

アラカルトがいい理由は、ひとつひとつの注文を慎重にできることでしょう。

アラカルトだとどうしても最終金額が高くなりますが、失敗は最小限にできます。

行きつけの店なら、いつものお気に入りのメニューをいくつか注文するだけですから、間違いありません。

ただし常にアラカルトがいいわけではなく、アラカルトの素材はコースのものより落ちると考えたほうがよいです。

その割りには値段が高いのです。

お店の努力を応援し、安心価格で自分も冒険したいときには、コースを試してみるのもいいでしょう。





好みでない料理が次々と運ばれてくるコース料理は苦痛以外の何物でもない

性別女性
年齢45歳

女性


相手がコース料理を選択してくれていましたが、私の好みではない料理が多く、せっかくの食事でしたが美味しくいただくことが出来ませんでした。

イタリア料理系のコースでしたが私としては魚介よりも肉の方が好みです。

せめて事前に聞いてくれればと思います。

お店のチョイスは良かったのに料理が残念。

最初はどのような料理が出るのかとても楽しみだったのですが、料理が運ばれてくるにつれ、だんだんと気持ちが落ち込んでいったのを覚えています。

それでもせっかく予約しておいてもらったコース料理ですから、食べないわけには行きません。

料理を食べるのが苦痛で、その時の会話の内容は正直覚えていないほどです。

記憶に残るのは、好みでもないコース料理をたべさせられた、なんとも残念な食事ということだけです。

アラカルトの方が良いというわけではありませんし、コース料理にも魅力があります。

相手にとって心地よい食事となるように、もう少し配慮して欲しかったのです。


やはり、事前に相談する事です。

サプライズで招待したいときは、直前ではなく事前にそれとなく相手の好みや行きたい店を確認しておくことは必須でしょう。

相手が中々決められない性格であればアラカルトでしょうし、好みがはっきりしていればコース料理も良いでしょう。

やはり何よりも相手の事を理解する事です。

自分の好みを押し付けても、嫌いな食べ物を押し付けられたら、相手にとってそれはただの苦行にしかなりません。

かといって、自分が嫌いな物を無理して食べる必要もないでしょうし、コースを選ぶのであれば自分と相手が美味しく頂けるものが良いです。

食の好みが合わない場合はアラカルト一択で良いでしょう。

一緒に選ぶ楽しさもあります。

アラカルトで注意なければならないことは、料金についてです。

自分もちで全額支払うのであれば、それなりの値段がするものを先に決めて、相手に選ばせます。

割り勘であれば、相手の懐事情を考えて高すぎるものを選ばない事。

それくらいの配慮は普通に必要だと思います。





どちらかというとデートは「アラカルト」がベターだと考える女性


お店の手際が悪くてコース料理を長時間待たされる苦い思い出

性別女性
年齢42歳

女性


仕事先のちょっと気になっている先輩と、初めてのレストランにランチに行った時のこと。

その日は平日で、お昼休憩でした。

2人ともコースで頼んだのですが、レストランが混んでいたのか、提供されるのが想定しているよりも遅いのです。

お互い初めてのランチということもあって、緊張していたのに加えて料理の提供が遅いありさま。

食事や会話を楽しむというより、「料理遅いね」「間に合うかな」「このお店を選んでごめんなさい」「コースにしなければよかったね」等の相手を気遣い合う時間が長くなってしまって残念でした。

結局時間切れで、楽しみにしていたデザートは食べれず。

会話も弾まなかったので、再度2人でお出かけすることもなしに終わってしまいます。

こういった時に、お互い気まずいところを「まぁ、そんなこともあるね。せっかくだし、会話を楽しんで気長に過ごそうか」とリードしてくださっていたら、もしくはリードできる力量が私にあったら、違う結果になっていたかなとも思います。

その力量がないのがお互い分かったという面では、もしかしたらよかったのかもしれませんね。

最初に席についた時から、オペレーションが不慣れな感じだったのです。

魅力的なコースだったけれど、お昼休憩という時間制限があること、オペレーションが不慣れということは提供時間がかかるかもしれない、、、と想像するべきでした。

コースではなく、アラカルトを選ぶべきだったかなと後から後悔します。

なのでメニューの内容だけでなく、お店の状況やその後のスケジュール等を基準に決定するとよいでしょう。

とはいえ、特に気になっている異性との初めての食事となると、そんなに冷静に周りを見てられないこともあります。

利用したことがあるお気に入りのお店にするなど、お店選びから慎重にした方が確実かもしれません。

オペレーションもスムーズで、時間的余裕があるときはコースがベストです。

コースの方がアラカルトより選ぶ時間が短くなるので、より相手との時間をゆっくりとれます。

オペレーションが不慣れだったり、時間的余裕がない時は、アラカルトがベストです。

初めてのお店で、勝手が分からない時もアラカルトを選ぶとよいでしょう。





どちらかというとデートは「コース料理」がベターだと考える女性


特別な記念日を異性と過ごす場合は、コース料理がベスト

性別女性
年齢24歳

女性


2020年の夏に旦那と初めての結婚記念日として、ランチで中華コースをホテルにて予約しました。

一人5000円くらいのコースだったのですが、コースに食べれないものが多くてあまり食べれなかったのです。

もちろん予約の際にコース内容を見て食べれるか食べれないか判断をします。

それでも「季節によって変わります」という書き方がされており、単品が高かったので美味しいだろうと思い予約したのです。

その勘違いが失敗でした。

実際コースが運ばれてくると「中華」をイメージした私の料理とまったく思ってもいない料理が出てきたのです。

私的には中華といえば天津飯や麻婆豆腐、小籠包がでてくると思っていました。

コースで運ばれてきたものは中国本場の豚の臭さがある料理です。

単品では天津飯や麻婆豆腐、小籠包はありました。

またアニバーサリー記念で予約していたのでケーキが出てくるのかと思えば、あんまんが出てくる始末。

チョコレートペンで「結婚1周年おめでとうございます」のみですごく残念でした。

結婚記念日や誕生日のお祝い事で彼氏(好きな人含む)や旦那さんと過ごすときはコースにするべきです。

普段とは違って2人でゆっくり時間を楽しめ、特別感もありお互いの思い出になるでしょう。

また女性は二人の時間を大切にしたい人が多いので記念日などは常にコースが良いです。

ただしコースの場合は普段味わえない料理がたくさんある和食かフレンチのほうが見栄えもよいでしょう。

また記念日プランにするとサプライズ演出もあるため、ロマンチックな夜になりそうです。

逆に特別な記念日やお祝い事でないの異性との会食は常にアラカルトがいいでしょう。

好きなものを選んで食べれるのと、時間を気にせず話せることが重要だからです。


居酒屋などの話しやすい場所のほうがいいでしょう。

その他中華などのアジア系の食事は、好きと嫌いがはっきり分かれてしまう可能性があるため常にアラカルトがベストです





お互いをよく知る前の食事は、コースの方が余計な気遣いが減る

性別女性
年齢39歳

女性


付き合いの浅い方との食事ではコースの方が無難だなぁと改めて感じたことがあります。

まずアラカルトにしてしまうとメニューを選ぶ段階で相手の食べたそうなものや、自分の食べたいものとの組み合わせを考えるのに時間がかかるでしょう。

値段も気になるので腹の内を探るようなやりとりになりがちで困ったことがあります。

いざ食べる際は複数の料理を二人でシェアすることになることが多いですが、それらを一つ一つ取り分けたりする必要が生じるでしょう。

気心知れた仲ならまだ気軽にできますが、付き合いたてとか付き合う前のデートだと、「女の方が気を回してやらなきゃいけないかな?」とか「ちょっとおせっかいすぎかな?」とか迷いが生じます。

取り分け方の所作とかすごく見られてるような気がして、とにかく気をつかう部分が多いのです。

気をつかう部分をコース料理では省いてくれる分、彼との話に集中できたり素直に楽しめます。

何より結果的にコースの方が安くつきますしね。

デートの相手が付き合いの浅い方(付き合いたてや付き合う前)ならコース料理の方がいらぬ気遣いをしなくて済むので無難でしょう。

逆に付き合いの長い気心知れた仲なら、好きに自分や相手の好みに合わせてフレキシブルにメニューを組み合わせることのできるアラカルトが望ましいです。

リピートして行くお店だったりすると、二人で行ったら必ずこれとこれとこれを注文するといった、二人の中のオリジナルコースみたいなものが出来上がってたりもします。

そのような時は「こないだはこれ頼んだから今日はこれにしよう」みたいなアレンジやカスタマイズもできるアラカルトが最適です。

回数を経るうちに二人のベストなアラカルトコースが完成するような感じです。

そこに行き着く前のまだお互いのことを知らない出会ったばかりの関係であれば、元々組まれているコースを選んで徐々にお互いの好みなんかを知っていく過程でアラカルトになっていくといいでしょう。





あわせて読みたい

・リアルな口コミでオススメ結婚相談所を徹底比較!結婚相談所の真のメリット
・リアルな口コミで検証!マッチングアプリの出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・恋に年齢は関係ない!再婚・バツイチ・晩婚の方向けのオススメマッチングアプリ★婚活アプリでもう一度ときめく
・今でも、忘れられない恋人。だから私は、彼氏(彼女)のことが忘れられない
・リアルな口コミで検証!婚活パーティーの出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・私不倫しちゃいました。リアルな体験談で見る浮気の罠とリスク
・【理想のプロポーズ】女性が経験したプロポーズ体験談。一生忘れないプロポーズの思い出
・【理想のプロポーズ】男性が経験したプロポーズ体験談。一生忘れないプロポーズの思い出
・指輪?花束?プロポーズのプレゼントは何がいい?一生忘れないプロポーズの思い出に
・恋人との喧嘩で破局の危機、喧嘩するほど仲がいいってホント?
・再婚カップルの本音、再婚で再び訪れるときめき
・徹底検証!好きな人への「告白」のリアル。「告白ってホントに必要ですか?」
・辛くて、せつない「片思い」の、甘ずっばい想い出
・出来ちゃった婚の真実、リアルな体験談でわかる授かり婚(デキ婚)の真相
・なぜあなたは「結婚したいんですか?」生涯独身社会の恐怖と「いつかは結婚したい」症候群
・「フォトウエディング」で、ナシ婚でも憧れの花嫁になれる
・結婚記念日なにするの?結婚記念日の祝い方が夫婦仲を決める
・胸キュン!憧れのお姫様抱っこでトキメイタ時
・「モテる」に潜む驚愕の真実!モテる男とモテる女の特徴を徹底解明!誰もが持つ【モテたい】願望!
・遠距離恋愛ってどうなの?遠距離恋愛のリアルと秘訣!遠距離でも上手くいくカップルとダメになっるカップルの特徴を徹底解明
・彼氏や彼女へのプレゼントの真実!プレゼントは想いを伝えるメッセージ
・【残酷な真実】イケメンだから許される!イケメンだから得をする!イケメン限定で手にできる特権的な地位
・【すべて暴露】「雰囲気イケメン」になる方法!!顔はイケメンじゃないのになぜかカッコよく見える「雰囲気イケメン」の真相に迫る
・【年の差カップル】年上彼氏、年下彼女の実態に迫る。年上の男性は好きですか?
・【失望!幻滅!】なぜか「残念なイケメン」の生態。イケメンなのにどこか残念な人の共通点
・【恋愛と駆け引き】押してダメなら引いてみろ!モテたいなら恋の駆け引き上手になろう
・出会いがない!あなたが婚活を始めたきっかけと、実際に利用したサービス
・あなたはどんな職業の異性と結婚したいですか?モテる職業とその理由を徹底調査
・【モテ期到来】もう一度「モテ期」が来たら、どんなモテ生活を楽しみたいですか?
・結婚ラッシュはいつ来るの?感動に焦りや辛さが入り混じる「結婚ラッシュ」の実態
・「一目惚れ」から始まる恋の予感。一目惚れから彼氏や彼女をつくりたい人は必見
・「女たらし」とモテる男の決定的な違い!「女たらし」に嫉妬し苛立つ男性と、「女たらし」に幻滅する女性
・【納得の理由】なぜあの人は結婚できないの?結婚したいのに「結婚できない女」と「結婚できない男」の特徴
・【愛する2人別れる2人】彼女と別れたいと思った瞬間、彼氏と別れたいと思った瞬間
・【納得】異性からのLINEを「既読スルー(既読無視)」「未読無視(未読スルー)」する心理
・【うなじフェチ必見】女性の「うなじ」はお好きですか?理想のうなじと、魅力的なうなじの見せ方
・カップルの出会いのキッカケ★馴れ初めの嘘とホント!彼氏や彼女、配偶者の馴れ初めは実は…
・ビッチな女性は好きですか?尻軽女の魅力と見分け方★尻軽で男たらしな女性って実際どうなの?!
・聖なる夜のクリスマスデート★皆さんには忘れららないクリスマスイブの思い出はありますか?!
・脈ありサインを見逃すな!男と女の「脈ありサイン」の特徴と「脈ありサイン」を出すのコツ
・バレンタインデートの思い出!チョコレートは誰に渡す?バレンタインチョコに秘められた真の思い


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

eighteen − 16 =