結婚、ブライダル

結婚ラッシュはいつ来るの?感動に焦りや辛さが入り混じる「結婚ラッシュ」の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


同年代の人が一斉に結婚をし始める「結婚ラッシュ」は多くの人が経験するものだ。

男性と女性、田舎かとかでも結婚ラッシュを迎える時期は異なるものの、30代前半までに一通りの結婚ラッシュが終わりを迎えるだろう。

必ずしも結婚を望まない人も増える中でも、同年代の友人が一斉に結婚をし始めた時に感じる焦りや不安は独特のものだ。

『結婚ラッシュ』は、結婚時期が20代に集中している女性に顕著にみられ、男性では結婚ラッシュを実感したことがない人も少なくない。

実際に結婚ラッシュを経験した皆さんに、当時の状況や思いを赤裸々に語ってもらおう。



結婚ラッシュで焦りと不安


結婚ラッシュで焦り、ご祝儀貧乏になる中で見つけた理想の結婚像

性別女性
年齢32歳

女性


26歳~28歳の頃が最も結婚ラッシュでした。

普段会ったりしないような関係でも、SNSで昔の学生時代の友人の結婚報告が相次いで目立ツ状況です。

また高校時代に仲の良かった8人グループからも3人が結婚。

専門時代、仲の良かった8人グループの中からも2人結婚。

20代前半に早くから結婚していた子も多く、当時グループの中で結婚していないのは私を含め2~3人でした。

グループみんなで会ったりしても、結婚した子達は会話の内容が旦那さんの愚痴だったり子供の話など、どんどん話が合わないようになっていきます。

そして結婚式への参列もこの時期に集中した為、よく聞く御祝儀貧乏になりました。

一人暮らしをしていた為、かなり辛かったです。

当時彼氏がいく「グループの中で誰が最後に結婚するだろう?最後にはなりたくないな」なども考えかなり焦ります。

焦った結果、彼氏を作るために合コンや街コンにも月に1~2回ペースで行ったり、マッチングアプリなども利用し必死でした。

結婚ラッシュを経験すると、どうしても焦りが出てきてしまうでしょう。

実際、わたしも当時はかなり焦りましたし、結婚している人から「結婚はタイミングだよ!」「若いから大丈夫!」などと言われても全然心に響きませんでした。

ですが、結婚が周りより遅くなった分、良かったなと思うことも多いです。

まずは沢山の結婚式に参列し体験した分、ドレスだったり装飾や結婚式場の雰囲気、披露宴で取り入れたいことなど、自分の理想の結婚式がどんどん明確になっていきましたし勉強になりました。

また街コンや合コン、マッチングアプリなどを使い色んな男性と会ったりしたので、人を見る目も養われます。


沢山の男性とお話してきた分、結果的に自分と相性のいい今の夫に出会い、結婚することができました。

ちなみに夫とはマッチングアプリでの出会いです。

街コンやマッチングアプリでの体験は今ではネタにもなるので、恋人がいない方は危なくない範囲で色々チャレンジしてみてもいいでしょう。





みんなが結婚してくなか、焦りと不安と妬みで精神的に辛い日々を過ごす

性別女性
年齢33歳

女性


24歳の頃、周りの人が次々と結婚していってしまいすごく焦りました。

いろいろな人の結婚式に出席するたびに自分がどんどんと取り残されていくような感覚になってしまいます。

「みんな幸せな未来が待っているんだろうなあ」「どうやってこんな素敵な人を捕まえたんだろう」と思ってしまい、妬みにも似たような感情が沸き上がってきたのです。

自分も幸せになりたいと思いいろいろと頑張ってみるのですが、どうも結婚したいと思える人がおらず、だんだんとひとりぼっちの世界に入り込むようになってしまいます。

これから先も私はひとりぼっちなんだろうかと思うようになり、将来に対して希望を抱くことができません。

私の結婚はいったいいつできるんだろうと思ったり、誰でもいいから結婚してと思うようになります。

とにかくこのラッシュの波に乗らなければ私は一生一人だと思ってすごく焦っている自分がいて、精神的にいつもいらいらと焦ってばかりいて、余裕がありませんでした。


みんなが結婚してく中で、どんどんと取り残されるような気持ちになるのはとてもわかります。

でもお祝いはお祝いなので、それはそれで素直に祝福してあげるべきでしょう。

自分も絶対に幸せになってやるんだという強い気持ちを持っていれば、やるべきことが見えてきます。

ただただ焦って動いても意味がないので、いろいろと考えて人に助けを求めていろいろな人と出会ったり、自分をもっと磨いたりして、自分の格をあげていけば必ずいい人とで会えるのだと信じて頑張りましょう。

結婚相談所を利用するのも一つの手だと思いますし、自分から婚活パーティーなどに行くのもありです。

いろいろな人と出会って結婚に向けての練習を重ねていくと、だんだんと自分はどんな人と結婚がしたくて、自分の理想の結婚とは何なのかということがわかってきます。

とにかくラッシュの波に乗らなければという焦りは捨てて、自分の夢に向かって進み続けることです





20代半ばの一次結婚ラッシュ。仲間内で最初の結婚が出ると皆でお祭り騒ぎ

性別女性
年齢41歳

女性


1次ラッシュは20代中盤でした。

1番に結婚となると周りはすごく盛り上がりお祭り騒ぎです。

余興の出し物は何にするかとみんなで張り切ります。

そんな中で決まって出る話が次は誰が結婚するのかという話題でした。

そこでワイワイ楽しく順位が決められていきだんだんと少しずつですが焦りに変わっていきます。

しかしまだ20代も半ば、あまり深刻に考えすぎることもなく、自分もそういう歳になったんだなと考えていました。

そして30歳近くになると2次ラッシュが来ます。

そろそろ結婚考えるよねーなんて話出すと、実はプロポーズされたと言い出す友達や、結婚の見込みがないから別れると言い出す子もいて、本格的に「決断の時」というのはこの30歳ちょっと手前だったのでしょう。

恋人のいない友達は合コンに参加するという軽いものから、婚活サイトに本格的登録しだします。

恋人のいる私は友達の結婚式に招かれる回数が増える事を積極的に彼氏にアピールして、相手にプレッシャーをかけていました。


結婚ラッシュを目の当たりにすると恋人がいてもいなくても焦り出すのは当たり前のことです。

自分だけ置いていかれる感じはどうしたって感じてしまいます。

しかしやっぱり焦りは禁物です。

私が若かった時代とは少し変わってきているので、今の若い方は1人の時間・空間をうまく満たすことがとても上手い様な気がします。

その術が今は周りにたくさんあるでしょう。

『結婚ラッシュ』の真っただ中で焦っている方にそう言ってもすぐには受け入れ難いとは思いますが、結婚していった友人達の新婚生活の様子を一歩引いて見てみましょう。

決して幸せばかりがそこにあるわけではありません。

そして自分に当てはめて想像してみましょう、一歩引いて考えることです。

あとはいまいち決断力に欠ける優柔不断な方は、この流れやタイミングに乗ってしまうのも1つの手でしょう。

結婚は勢いも大切です。結婚後の苦労を前提のうえですが。

ラッシュに乗って結婚して離婚した人を知っていますが、離婚の手続きやなんだかんだで髪の毛が真っ白になってしまいました。

彼女曰く、離婚は結婚の何倍も大変だそうです。

離婚なんてめんどくさいことにならない様に、未来を想像できるかを考えてみて下さい。





友人の結婚式に参加するたびに、感動する一方で悲しさと虚しさに襲われる日々

性別女性
年齢35歳

女性


「結婚ラッシュ」は25歳と29歳頃の2回ありました。

どちらかといえば25歳の方が結婚ラッシュが多く沢山結婚式に招待された数が多かったです。

その頃私は彼氏もいなかったので、どうしようとすごく焦った記憶があります。

周りは結婚していくけど相手はいない。

合コンや知り合いの人に紹介してもらうけど、いい人に全然巡り合うことはありません。

1回目の結婚ラッシュが少し落ち着いた頃、何度か食事に行って結局付き合うまでいかなかった人がいて、半ば諦めかけていたくらいに2回目の結婚ラッシュが29歳頃です。

周りからみんな駆け込むように結婚していくよと聞いていたけど、正直あまり気にしていませんでした。

しかしいざ何度も結婚式に招待されるようになるとまた2回目の焦りが来ます。

いよいよ本当に自分は結婚できないのではないかと思い出してきて、友人の結婚式のたびに落ち込んでいました。

結婚式が終わる頃には疲れ果てて、感動する一方で悲しさと虚しさ吹き出します。

女性は特にかもしれませんが、友人の結婚式や親戚、会社の人の結婚式に招待されればされるほど焦りが襲ってくるでしょう。

相手がいないと特に「このままでいいのかとか」「私は、結婚できないのではないか」とか思ってしまう時期が来ます。


そしてその度に焦って相手をみつけないとと思い頑張ってみつけても、結局みつからなかったりして悲しくなったり、半ば諦めたりすることもあるでしょう。

もしくは、たまに開き直って「もういいや」と思ってしまったりもありますが、みんながみんな結婚が全てではないと私は今になって感じるのです。

焦っても見つかるわけではないです。

私は結果結婚はできたから言えるだけかもしれませんが、今思えば「なぜあんなに焦って結婚したかったのだろう」と思います。

焦ってもみつかるわけでもないし、当時彼がいれば焦りなどなかったかもしれませんが、当時は結婚しないと周りの目とか親からの圧力など、周りのことばかり気にしていました。

なので、焦らず人生を楽しむことが大事です。





結婚ラッシュでも焦りナシ


結婚した友人に対して羨ましい気持ちがあってもしっかりお祝い

性別女性
年齢27歳

女性


第一次結婚ラッシュといわれる24~25歳にまさに結婚ラッシュを経験。

インスタグラムを見ていたら毎週のように「プロポーズされました!」「入籍しました!」「結婚式挙げました!」のポストがアップされたり、ストーリーズにアップされて流れてきます。

指輪の写真、婚姻届とカップルの写真、バラの花束など、ほとんど構図が同じで「また同じ人かな?」と思ってしまうくらいでした。

結婚ラッシュはとても幸せな気持ちになる一方で、金銭面ではなかなか負担です。

仲が良い友達が結婚報告をしてくれたら、結婚のお祝いのプレゼントを買ったからです。

また結婚式へもご招待してもらえたのでご祝儀もかさみました。

結婚式が月に2回、3ヶ月連続で続いた時はさすがにお金の余裕がなくなります。

ちょうど結婚ラッシュだなと感じた矢先に、私自身もお付き合いしていた方からプロポーズを受けました。

これが長いお付き合いだと「いつ自分はプロポーズしてもらえるのかな?」と不安になってしまったかもしれません。

結婚ラッシュに関しては、何も焦る必要はないです。

自分やお相手のタイミングがあるので、適切なタイミングを待つべきでしょう。

実際に私の友人で、結婚ラッシュで焦ったのか急に彼氏を作り、すぐに婚約しましたが婚約中に彼の浮気(相手は結婚していたので不倫)が発覚し、婚約破棄になった人がいます。

また結婚してもすぐに離婚してしまった友達もいました。

結婚ラッシュで結婚した人に対しては、羨ましい気持ちもあるかもしれませんが、そこは大人ですからきちんとお祝いしましょう。

仲の良い友人であればあるほど尚更です。今後の友人関係に関わってきます。


結婚ラッシュでのお祝いプレゼントについては、私は基本的に友人にリクエストをしてもらっています。

結婚のお祝いでは、ペアグラスやペアマグカップをもらうことが非常に多いので、自分自身の経験を踏まえて欲しいものは何かを聞くようにしています。

また、今までのお祝いで好評だったものをいくつかピックアップして選んでもらうこともしました。

お金はかかりますが、自分にも返ってきますよ!





田舎と都会で異なる結婚ラッシュで、ご祝儀貧乏も倍増

性別女性
年齢28歳

女性


地元(福岡県の田舎)の友人と、上京後にあった友人とでラッシュが異なる。

地元の場合は22歳ごろに高卒、専門卒、短大卒の子の結婚ラッシュがあった。

仕事を始めて2~4年で落ち着いた頃だからだろう。

地元の友人は結婚や出産して、一旦専業主婦になる人が多いイメージ。

現実すでに子供が2人ほどいて、未だに実家近くに住んでいる人が多い印象だ。

上京後(大学以降)の友人の結婚ラッシュの1回目は25歳。

このパターンは大学の時から付き合っている人と結婚している人が多い。

3年働いたしそろそろ仕事も落ち着いたから、3年目で旦那が異動になったので結婚してついていくからといった理由が多い印象だ。

そのあとは、27歳コロナ禍での結婚ラッシュ。


コロナで家族以外の人とはなかなか会えない時代だったからこそ、いっそ家族になってしまえと言わんばかりに結婚する人が多かった。

こちらは社会人になって付き合い始めた人たちが多い印象。

やはりいずれも付き合って2~3年で結婚パターンが多い。

周りが結婚してても気にしない。

ただ結婚できないと思った人とずるずる付き合わないのが得策だ。

わたしは結婚ラッシュ禍で付き合っていた彼氏とは全く結婚できるイメージがなかったし、結果一年半ほど付き合ったけど後悔しかない!

若いあの時代を無駄な人に消費してたと感じる。

また、結婚ラッシュによって遊ぶ人がいなくなるという人が多くいるが、独身で楽しんでる人たちはそもそもラッシュに乗らないだろう。

気づけば独身で遊べる人たち同士集まって遊んでいるのでそこに心配はないのだ。

むしろその集団で遊ぶときは既婚者がいる方が気を使うし面倒くさいだろう。

ただ結婚ラッシュということは、遅れて結婚式ラッシュ、御祝儀貧乏がやってくるのだけは気をつけてほしい。

友達が多い人は毎回30000円、そして地元の友人だったら追加で飛行機代宿代などなど、結構お金がかかってくる。

また土日が綺麗に結婚式だけで潰れていくので、楽しいのが休まった気がしないのだ。





結婚ラッシュに焦らず、素直に結婚を迎えた人を祝福しよう

性別女性
年齢41歳

女性


私が経験した結婚ラッシュは、25歳くらいかなと感じています。

高校を卒業して働きだした友人はすぐに結婚した子もいました。

しかし卒業してからもその当時の恋人とお付き合いをしていて、大学を卒業してからお互い働きだして、安定してきたタイミングで結婚を決めた人が最も多かった印象。

なので大体25歳くらいに、続いてみんな結婚した印象です。

私自身はその当時は仕事がだんだんわかってきて、正直、働くことやお金を稼ぐことが楽しくなってきていたのです。

そのため恋愛よりもまず仕事に力を入れ、周りが結婚していくことに関してはあんまり焦りなどは感じません。

もう少し自分の時間とか趣味を楽しんだら良いのにと逆に周りの結婚に対する焦りなどに関して、よくわからないし、もったいないなぁと冷めた感覚でみていたのです。

職場でのいろんな方とのお付き合いも楽しかったので、恋愛において彼氏を作らなきゃとかは思いもしませんでした。

結婚ラッシュを向けるにあたって、そこまで構えなくてもあくまでラッシュだしいつかは波は穏やかになるのが見えています。

焦らずに、結婚される方に対しては心から祝福してあげれば良いでしょう。


その方はたまたまその時に結婚したいと思って、たまたまそのタイミングが大勢重なっただけのことです。

幸せなことだからお祝いしてあげれば良いのです。

私の場合は冷めた目でみていましたが、振り返るともう少しこころからおめでとうを言ってあげればよかったかなと思います。

人の幸せは自分の幸せでもあります。

今だったらその幸せをすごいキラキラしていいなと思えるので、素敵なことだと思いますし、構えずにいけばよいでしょう。

ラッシュにのれなくても、自分のペースで自分らしく結婚という形を迎えられたら素敵です。





男性が経験した結婚ラッシュ


「結婚ラッシュ」が来ても焦らず、生涯独身を恐れない姿勢で身構える

性別男性
年齢49歳

男性


私が結婚ラッシュを経験したのは、30~32歳ぐらいの頃です。

男性って女性より結婚を意識する年齢が高い傾向にあります。

女性なら25歳前後で結婚を考えるそうですけど、男性はアラサーぐらいといいますから。

私は結婚願望はないので結婚を意識した事はなかったのですが、友人達は30歳ぐらいになると結婚をしだしました。

交際相手が同世代の場合、相手の女性もアラサーという事になります。

4~5歳年下でも20代半ば以降になりますし、やはり女性なら結婚を意識する年代。

このように友人に結婚願望はそれほどなくとも、交際相手からそろそろ結婚をと求められて結婚していく友人が多かったですね。

この年代になると流石にデキ婚というのはおらず、みんな計画的に結婚をしていました。

慌ただしく結婚式を挙げるのではなく、前準備からしっかりしていましたね。

私はゲームが大好きで女性よりゲーム!と言う感じでした。

友人達もそういう感じだったのですが、それでもドンドン結婚していくのを見て、「みんな結婚したいんだな。」「結婚ラッシュが始まっているな~」と感じていたくらいです。

ただ私は先程言ったように結婚願望はなかったので、羨ましいとか置いて行かれた等の気持ちはなく、結婚出来てよかったねと純粋に祝福出来ました。

「結婚したくて焦っている!」という方は存分に焦って結婚する為の努力をした方がいいでしょう。

ただ私のように結婚願望のない方は周囲で結婚ラッシュが始まっても気にしなくてよいです。

結婚とはゴールではなくスタート。

殆どの人は結婚するまでの人生より、結婚してからの方が長くなるでしょう。

それぐらい長い期間を赤の他人と一緒に過ごす事になるのですから、その相手はじっくりと吟味すべきでしょう。

そういう方が見つかって結婚へ至るならいいですが、結婚したいが為に結婚相手を探すとか自ら不幸になりに行くようなもの。

ですので例え周囲で結婚ラッシュが起こっていても決して焦らず、結婚したいと感じるパートナーを見つけるまで気にしないようにするのをおすすめします。

そんな事を言ってたら、婚期逃して一生独身になってしまうよ?と焦る方もいるでしょう。

ぶっちゃけそれでも良いと考えてください。


結婚しても3人に1人は離婚している世の中です。

結婚したからといって、5年後10年後も平穏な結婚生活を遅れているとは限りません。

離婚しているという人ですら、これだけいるのです。

離婚の面倒さや子供の為を想って離婚してない、不幸ながらも結婚生活を続けている人もいます。

そういった人も含めると、過半数の人は結婚で失敗しているわけです。

ですので周囲で結婚していっても、その半分は地獄を見る事になります。

そう考えると結婚を焦っても仕方ないですし、そういう地獄を見る事になっても「この人相手ならいい!」と思える相手が出てくるまで結婚しない事をおすすめします。





あわせて読みたい

・リアルな口コミでオススメ結婚相談所を徹底比較!結婚相談所の真のメリット
・ネット婚活最前線!!オンライン結婚相談所でリーズナブルに合理的に婚活しよう
・リアルな口コミで検証!マッチングアプリの出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・恋に年齢は関係ない!再婚・バツイチ・晩婚の方向けのオススメマッチングアプリ★婚活アプリでもう一度ときめく
・今でも、忘れられない恋人。だから私は、彼氏(彼女)のことが忘れられない
・リアルな口コミで検証!婚活パーティーの出会いで彼氏(彼女)をつくる方法
・私不倫しちゃいました。リアルな体験談で見る浮気の罠とリスク
・【理想のプロポーズ】女性が経験したプロポーズ体験談。一生忘れないプロポーズの思い出
・【理想のプロポーズ】男性が経験したプロポーズ体験談。一生忘れないプロポーズの思い出
・指輪?花束?プロポーズのプレゼントは何がいい?一生忘れないプロポーズの思い出に
・恋人との喧嘩で破局の危機、喧嘩するほど仲がいいってホント?
・オススメデートスポットで決める!最適なデートプラン!
・再婚カップルの本音、再婚で再び訪れるときめき
・徹底検証!好きな人への「告白」のリアル。「告白ってホントに必要ですか?」
・辛くて、せつない「片思い」の、甘ずっばい想い出
・出来ちゃった婚の真実、リアルな体験談でわかる授かり婚(デキ婚)の真相
・「フォトウエディング」で、ナシ婚でも憧れの花嫁になれる
・胸キュン!憧れのお姫様抱っこでトキメイタ時
・「モテる」に潜む驚愕の真実!モテる男とモテる女の特徴を徹底解明!誰もが持つ【モテたい】願望!
・遠距離恋愛ってどうなの?遠距離恋愛のリアルと秘訣!遠距離でも上手くいくカップルとダメになっるカップルの特徴を徹底解明
・彼氏や彼女へのプレゼントの真実!プレゼントは想いを伝えるメッセージ
・【残酷な真実】イケメンだから許される!イケメンだから得をする!イケメン限定で手にできる特権的な地位
・【すべて暴露】「雰囲気イケメン」になる方法!!顔はイケメンじゃないのになぜかカッコよく見える「雰囲気イケメン」の真相に迫る
・【年の差カップル】年上彼氏、年下彼女の実態に迫る。年上の男性は好きですか?
・【失望!幻滅!】なぜか「残念なイケメン」の生態。イケメンなのにどこか残念な人の共通点
・【恋愛と駆け引き】押してダメなら引いてみろ!モテたいなら恋の駆け引き上手になろう
・出会いがない!あなたが婚活を始めたきっかけと、実際に利用したサービス
・あなたはどんな職業の異性と結婚したいですか?モテる職業とその理由を徹底調査
・【モテ期到来】もう一度「モテ期」が来たら、どんなモテ生活を楽しみたいですか?
・「一目惚れ」から始まる恋の予感。一目惚れから彼氏や彼女をつくりたい人は必見
・「女たらし」とモテる男の決定的な違い!「女たらし」に嫉妬し苛立つ男性と、「女たらし」に幻滅する女性
・【納得の理由】なぜあの人は結婚できないの?結婚したいのに「結婚できない女」と「結婚できない男」の特徴
・【愛する2人別れる2人】彼女と別れたいと思った瞬間、彼氏と別れたいと思った瞬間
・【納得】異性からのLINEを「既読スルー(既読無視)」「未読無視(未読スルー)」する心理
・【うなじフェチ必見】女性の「うなじ」はお好きですか?理想のうなじと、魅力的なうなじの見せ方
・カップルの出会いのキッカケ★馴れ初めの嘘とホント!彼氏や彼女、配偶者の馴れ初めは実は…
・聖なる夜のクリスマスデート★皆さんには忘れららないクリスマスイブの思い出はありますか?!
・【意外に悩む】デートの食事はコース料理にすべきか?アラカルトにすべきか?
・脈ありサインを見逃すな!男と女の「脈ありサイン」の特徴と「脈ありサイン」を出すのコツ
・バレンタインデートの思い出!チョコレートは誰に渡す?バレンタインチョコに秘められた真の思い


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

twenty + 6 =